喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フラガール♪

20060924005040

再び福岡に来ています。
福岡ソフトバンクホークスの野球観戦チケットが当たったのです。
福岡出身の喜喜茶の旦那にとってはホークスは長い間離れている故郷を思い起こさせてくれるものなんだそうです。もともと野球大好きの私。今までひいきの球団は無かったのですが結婚してから今は一緒に応援しています。

実は昨日23日は結婚記念日。福岡ドームに併設するシーホークホテルの割引券もついていたので、ホークスタウンでのんびりと過ごすのもいいなぁと思い泊まることにしました。
ホークスタウンにはモールがあってシネコンが入っています。ご飯を食べたあとこの日初日の「フラガール」を早速見てきました。

舞台は福島県いわき市。時は昭和40年。炭鉱の町が舞台ですが、時代は石炭から石油に変わろうとしていた頃。町が生き残るために「ハワイアンセンター」を作ろうとしていて炭鉱の若い女の子がフラダンサーを目指すという話です。(これは実話で実際に今もこのハワイアンセンターは存在しています。)

とにかくいい映画です。あんまり説明するよりとにかく見に行ってほしいです。ハンカチが涙でぼとぼとになりますよ。

終わってからホテルに戻る道は幸せ気分いっぱいでした。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/24(日) 00:50:40|
  2. Hawai'i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Hawaiiの風が吹いて

日曜からHawaiiの風が吹いています。

昨日カウアイ島に住む知り合いがハラウ(フラの教室)のクムフラと仲間達を連れて、大阪にやってきました。

クムフラのプナさんがもう10年以上もつきあいのあるアイヌ民族の村を訪ねに北海道に行ったその帰り。

プナさんがおっしゃるにはアイヌの人もハワイの人も「Ocean people」。海を渡ってやってきた人たちです。
音楽や踊りなどいろいろ共通した文化を持つアイヌ人とハワイ人。
アイヌの村でどんな交流が繰り広げられたのかしら?見てみたかったな。

私は実は北海道に行ったことがなくて、いつも南の沖縄ばかりに足が向いてしまうのですが、沖縄の文化もハワイに似ているとずっと感じてきました。

音楽と踊りが地域に根付いていて、みんなが集まるとどこからともなく音楽が始まってみなが踊り出して。

日曜のハワイアンパーティでみんなで踊った曲「カ・ノホナ・ピリカイ」もケアリイ・レイシェルがビギンの「涙そうそう」を聞いて編曲した曲。どちらの曲を聞いても、ハワイの人も日本の人もすっと入っていけるなんて、すごいことです。

そういえば、タヒチに新婚旅行に行った時にも電気も水道もない島に滞在していた時、宿のご夫婦が誰かが旅立つ時に演奏してくれる曲「Mauruuru」(タヒチ語でありがとう)。この歌詞にはいろんな国の「ありがとう」が入っていて、もちろん日本語も出てきました。

本当に何もない島なのでウクレレを持っていってた私たちはこっそり練習して、旅立つ時に「上を向いて歩こう」を演奏しました。アメリカでは「スキヤキソング」として有名だけど、タヒチでは、少なくともこの島では、初めて聞く曲だったみたいです。
宿のご夫婦もすぐに好きになったみたいで、最後に歌を教えて帰ってきました。

今もあの島で「上を向いて歩こう」が歌われているのかしら?

またいつかあの島にも行ってみたい。
そして近々カウアイにも。

カウアイの私の知り合いが綴っている日記です。


http://www.pacificresorts.com/webkawaraban/kauainikki/060720/


P7234027.jpg

2年前のカウアイでのモキハナフェスティバルのポスター

追伸
朝日新聞の夕刊で昨日より「ハワイの風」が始まっています。
楽しみです。



  1. 2006/07/26(水) 09:08:03|
  2. Hawai'i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

sprout!

映画の日なので、大阪スカイビルのガーデンシネマにサーフィン映画「Sprout!」を見に行ってきました。

KICX3103.jpg

KICX3104.jpg


どんな映画かとひとことで言うと、「サーフィン世界旅まわり」。ロングボーダーを中心にサーフィンをかついでスリランカ、南アフリカ、インド、オーストラリア、カリフォルニア‥と最高の波を求めて旅をするサーファー達。今もバイブルとなっている「エンドレスサマー」の現代版って感じ。
1年程前に「Step into Liquid」という、これもサーフィンのドキュメンタリー映画を見たのですが、それと比べてとてもアーティスティックな映画でした。パイプラインのような最新のカメラを使って撮られた美しい映像だけじゃなくて、あえて8ミリで撮ってみたり、映像を4分割してみたり、固定カメラで朝日から日没まで海の様子を撮ったり、白黒を混ぜてみたり‥。監督が写真家ということを聞いて納得。

それにしても、ロングボードが素敵だった~!私も去年ハワイのカウアイ島でロングボードデビューをしたのですが、1メーターくらいのメローな波が沖からひたすら崩れることなく起きていて、その波に50メーターくらいすうっと乗れた時の気持ちよかったこと!夢中になって何度も何度も乗っていました。水はきれいだし、目の前には緑濃い、神秘的な山がそびえていて‥。今思い出しても、まるで天国のような美しさでした。
映画を見て、またあの波に乗りたくなっちゃったな。

一緒に映画を見たフラダンサーの洋ちゃんに教えてもらって、ハワイアンカフェの「Mauloa」でお茶をしました。ここ、とってもいい感じのお店なんです。お父さん、お母さん、娘さんのご家族で経営されてます。ハワイアンフレーバーコーヒーも、Mauloaバーガー(ジューシーなハンバーグとフレッシュなアボガドが最高!)もおいしかった~。

「Sprout!」は残念ながら今週で終わってしまうのですが、スカイビルに映画を見に行かれるかたは、「Mauloa」ぜひ寄ってみてくださいね!
KICX3107.jpg




  1. 2005/09/01(木) 21:27:56|
  2. Hawai'i
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。