喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

蓮茶会を終えて

喜喜茶のお茶会、第二弾の7月28日(金)29日(土)の蓮茶会。
お天気にも恵まれ、無事終了しました。

ほんの少しその模様をお伝えしたいと思います。

入り口で蓮の花がお出迎え。2日目の朝には見事に開いてくれました。
P7294255.jpg


入り口にも蓮のうちわを置いて。
P7294299.jpg


蓮の花を見ながら点心をいただいてもらいました。
P7294275.jpg


蓮づくしの点心。
P7294293.jpg


夏にふさわしい冷たい中国茶も2種用意しました。
P7294282.jpg


デザートも蓮の粉と実を使って。
P7294320.jpg



お茶の席の床の間にはお気に入りの蓮の手ぬぐいを飾って。
辻和美さんのしずくが蓮の葉にたまる水滴のよう。
P7294306.jpg


お茶をいれるのも辻さんのガラスの器を使います。
20060731140345.jpg


台湾の蓮の花のお茶。蓮の葉の上でふたたびゆっくりと花開きました。
P7284225.jpg


蓮の実のお菓子とともに。あまいやわらかなお茶でした。
P7294340.jpg


今回「蓮」の花の美しさや、食としての多様性を知ってもらいたいと思って企画したお茶会。いろんな方に参加いただき、本当にありがとうございました。

いつも天理から来てくださる喜喜茶の常連さん。久しぶりに元気なお顔が見られて良かった!
夏に台湾行きを予定されている娘さんとお母様といつもはご主人とふたりで、今回はおひとりで来ていただいたご近所のお客様。今度ぜひ教室にいらしてください。
いつもいつも参加していただいているsunnyさんとお友達。また写真見せてくださいね!
福島でぶどう農家を始めようとしている若いご夫婦。また奈良に来てください。
日本の茶道をご指導いただいているお茶の先生。お着物での参加ありがとうございました!
かわいらしい小学生の娘さんといつもいらしてくれるお母さんとお友達のかたがた。ぜひまたいらしてくださいね!
幼なじみの友達の妹さん。トルコのお茶の話面白かった!
京都から来てくれた中国茶仲間の友達。武夷山の写真素敵だったよ!
蓮好きで繋がったTシャツ作家の眞水さんと益子の陶芸作家さんと大阪の布好きのお友達。蓮で繋がった縁に感謝しています。
毎回来てくれるFUさんはじめ生徒さんおふたり。近くにいらっしゃる限り、どうぞ喜喜茶をよろしくお願いしますね。

そしてスタッフの皆様、お疲れさまでした。
とくに2日目にお手伝いいただいたMさん。本当に本当にありがとうございました。

大好きな蓮に囲まれて、蓮の美しさを知ってもらえて、私にとってもとても幸せな時間でした。


P7294277.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/07/31(月) 14:39:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Hawaiiの風が吹いて

日曜からHawaiiの風が吹いています。

昨日カウアイ島に住む知り合いがハラウ(フラの教室)のクムフラと仲間達を連れて、大阪にやってきました。

クムフラのプナさんがもう10年以上もつきあいのあるアイヌ民族の村を訪ねに北海道に行ったその帰り。

プナさんがおっしゃるにはアイヌの人もハワイの人も「Ocean people」。海を渡ってやってきた人たちです。
音楽や踊りなどいろいろ共通した文化を持つアイヌ人とハワイ人。
アイヌの村でどんな交流が繰り広げられたのかしら?見てみたかったな。

私は実は北海道に行ったことがなくて、いつも南の沖縄ばかりに足が向いてしまうのですが、沖縄の文化もハワイに似ているとずっと感じてきました。

音楽と踊りが地域に根付いていて、みんなが集まるとどこからともなく音楽が始まってみなが踊り出して。

日曜のハワイアンパーティでみんなで踊った曲「カ・ノホナ・ピリカイ」もケアリイ・レイシェルがビギンの「涙そうそう」を聞いて編曲した曲。どちらの曲を聞いても、ハワイの人も日本の人もすっと入っていけるなんて、すごいことです。

そういえば、タヒチに新婚旅行に行った時にも電気も水道もない島に滞在していた時、宿のご夫婦が誰かが旅立つ時に演奏してくれる曲「Mauruuru」(タヒチ語でありがとう)。この歌詞にはいろんな国の「ありがとう」が入っていて、もちろん日本語も出てきました。

本当に何もない島なのでウクレレを持っていってた私たちはこっそり練習して、旅立つ時に「上を向いて歩こう」を演奏しました。アメリカでは「スキヤキソング」として有名だけど、タヒチでは、少なくともこの島では、初めて聞く曲だったみたいです。
宿のご夫婦もすぐに好きになったみたいで、最後に歌を教えて帰ってきました。

今もあの島で「上を向いて歩こう」が歌われているのかしら?

またいつかあの島にも行ってみたい。
そして近々カウアイにも。

カウアイの私の知り合いが綴っている日記です。


http://www.pacificresorts.com/webkawaraban/kauainikki/060720/


P7234027.jpg

2年前のカウアイでのモキハナフェスティバルのポスター

追伸
朝日新聞の夕刊で昨日より「ハワイの風」が始まっています。
楽しみです。



  1. 2006/07/26(水) 09:08:03|
  2. Hawai'i
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蓮茶会にむけて‥

今週末の28日(金)と29日(土)は蓮茶会。
教室の庭の蓮たちも花を咲かせ始めています。

P7234020.jpg



☆☆お知らせ☆☆

8月より喜喜茶の中国茶教室の土曜日クラスが始まります。

第1回目は12日(日)11時~13時。

一応六種類の中国茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)を毎月ひとつずつやっていく予定ですが、まずは体験で参加していただくことも可能です。

料金は点心とデザート付きで2,500円です。

興味のある方はメールでお問い合わせくださいね!

メールアドレス mail@ichi-go-ichi-e.com
  1. 2006/07/25(火) 16:01:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あめつちのうた と ハワイアン

土曜、日曜と音楽の2日間でした。

土曜は而今禾さんの「あめつちのうた」。

喜喜茶はチャーシューまんじゅうと中華おこわを持って参加してきました。

演奏者は「えま&慧奏」さん。

えまさんはうたを歌って、月弓(竹と和紙で出来たオリジナルの二胡)を弾いて、カリンバを奏でて、時々波のオトなどをさらさらとたてて。

慧奏さんはピアノを弾いて、太鼓をたたいて、大きな笛をふいて、他にもいろいろな楽器を奏でられて。

私たちはお台所で準備をしながら聞いていたのですが、アフリカにいるようだったり、中国にいるようだったり、沖縄にいるようだったり、キューバにいるようだったり、まるで世界をふわふわと飛んでいるようでした。

この日は関町のお祭りの日。時々而今禾さんの前の道を山車が通るのですが、その山車が帰る時のゴロゴロというオト、一緒に歩く人達の足音や声がえまさんと慧奏さんが奏でるオトたちに混ざりあって、夏の素敵なオトの祭りでした。

演奏のあと、えまさんと慧奏さんの演奏を撮り続けている写真家の方とお話をしていたら、中国茶がお好きということを聞いたので、さっそくその場で持っていた携帯中国茶セットでお茶をいれることにしました。

いつも可能な限りお茶セットは持っていて、いれれるようにしてます。
やっぱり言葉でいろいろ説明するより、飲んでもらいたい。

こうやって行く先々でお茶をおいれして、そのお茶を一緒にいただく時間が大好きです。

今度携帯中国茶セットを持って、いろんなところを旅してみようかしら。

旅茶館、喜喜茶。いいかもしれない。

そして日曜はハワイアン。
ちょっと意外かもしれませんが、喜喜茶夫婦はハワイが大好きです。

私が最初にハワイに行ったのは、8年ぐらい前かしら?
何かの本で見たカウアイ島の写真にすごく惹かれて、カウアイ島に行ったのが最初のハワイでした。

女の子の友達とふたり旅。小さな小さな空港でレンタカーを借りて。
車を走らせながら見えてくる島の風景は本当に宝石箱のようにキラキラしてて。

忘れられないのがナ・パリ.コーストのトレッキング。海に面した断崖の岩道を歩いていて目の前に現れるあの山のすがたは心震えるほどでした。

結婚して2年目の夏休みもカウアイに。その時はフラを習っていたので、カウアイに住んでいる知り合いにと一緒にフラのレッスンに行きました。
体育館で踊ったフラ。日本から来た私たちのために曲を最後まで早足で完成させてくれて、最後に一曲まるまる一緒に踊って。
なんだか分からないけど、感動して涙がとまらなくて。

ハワイはそんな特別な場所。
フラはいろいろあって今はお休み中だけど、でももっとハワイの音楽やフラの良さを知ってもらいたいな思って今回企画したのがハワイアンパーティ。

私が数年前に知り合ったバンド「Makani」とフラダンサー「Rainbows」。
ハワイの音楽がお好きという喜喜茶のお客さま。
そして今は地元のハワイアンバンドで結構活躍してる喜喜茶父さん。

そんなメンバーで昼過ぎから、ハワイアン料理を作って、音楽聞いて、おしゃべりして、フラ踊って、ごはん食べて。そんなゆるりとしたオールドハワイアンスタイルのパーティ「Kanikapila」。

楽しくてあっという間に過ぎたけど、ひさしぶりにフラを踊って、あぁやっぱりフラっていいと思いました。
今回フラを教えてくれた「Rainbows」のYokoちゃんのフラは、2年前に初めて見た時に涙がぼろぼろと出てきて。
「あ~、この涙、カウアイで流した涙と同じや。」って。
ひさしぶりに一緒に踊らしてもらったら、なんか楽しくて仕方なかったな。

なんとか奈良でこういうスタイルでフラを続けていきたいので、フラサークル実現したいと思っています。

ようこそ「Kanikapila」へ!
P7234056.jpg


この日を待っていてくれてたかのように、ティアレが花を咲かせてくれました。
P7234025.jpg


ハイビスカスとウクレレがお出迎え。
P7234059.jpg


喜喜茶の生徒さんがハワイアンパーティをイメージして作ってくれたブーケ。
P7234041.jpg


いつもとは違うハワイなあつらい。
P7234053.jpg


ハワイ料理のメニュー。
P7234052.jpg

P7234048.jpg


ハワイアンの演奏もゆるりゆるりと。中国茶の冷茶も用意しました。
P7234037.jpg


みんなで作ったハワイアン料理。
P7234092.jpg

ハワイと言えば、ロコモコ丼!お肉をたたいてハンバーグを作って、焼いた肉汁を使ってグレービーソースを作りました。
P7234099.jpg


みんなでフラを。曲はケアリ・レイシェルの「カ・ノホナ・ピリカイ」。
P7234127.jpg



  1. 2006/07/24(月) 23:09:48|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月草さんのおけいこと宇陀の市

先週12日(水)はくるみの木さんの秋篠の森 ざっか「月草」さんでのおけいこでした。

出来たばかりの「硝子の小屋」を使わせてもらって。
緑あふれる森をうつす硝子のなかに座って、お茶をいただきました。
P7123858.jpg


P7123860.jpg


今月は蓮を使ったお茶。
白茶の代表「白毫銀針」に蓮の花の香りをつけたお茶を楽しみました。

点心は蓮づくしで。
蓮の葉包み中華おこわと蓮の実あんまんじゅう。

3月から始まった「月草」さんでの教室。来月はいよいよ最後の月です。
暑い季節にふさわしく氷出しのお茶を楽しみます。

16日(日)は奈良の宇陀市の龍穴神社で行われた「宇陀太鼓まつり」の市に出店してきました。

室生寺の少し南に龍穴神社はあります。龍神伝説が残る雨乞いの神社だそうです。
不安だった天気も龍神さんはまだお休みのようで、雨は降らず。でも激しい風が木々の間から吹き下ろしてきて、テントを飛ばさんばかりの勢いでした。
P7163949.jpg

神社の入り口。樹齢何十年もありそうな杉の木の向こうに龍神さんがひそんでいるのでしょうか。
P7163942.jpg

神社の向かいの駐車場に設置された「宇陀の市」。今年が初めての試みだそうです。
ほとんどのお店が地元の人でした。
P7163944.jpg

喜喜茶のお店。用意したのは中国茶の冷茶3種とチャーシューまんじゅうとマンゴープリン。
P7163959.jpg

用意したポップはすぐに風に飛ばされてしまうので張ることができなくて、机に平置き。
お客様には分かりにくかっただろうなぁ。
P7163940.jpg

本番前の太鼓の練習。森にこだまして太鼓の音がずんずんと体に響く感じはしびれる程かっこ良かった!遠いしなぁと思ってあまりイベントの告知をしてなかったのですが、こんなに太鼓が格好いいのならもっと宣伝すれば良かった‥と思いました。
P7163952.jpg

昼の12時に室生寺から獅子舞と太鼓の楽団が神社まで練り歩いてきて、いよいよ太鼓まつりスタートです。
P7163971.jpg

獅子舞楽団は市のほうにもやってきました。喜喜茶の店の前で獅子がおどけてみせてくれました。
P7163974.jpg


1時頃からそれぞれの太鼓のチームの演奏があり、最後には全チームでの合同演奏。
迫力ある太鼓の音が盛り上がってくると、龍神さんが目を覚ましたのかばらばらと大きな雨が振り出し、終わる頃にはざざ降りとなりました。

まだまだ知られていない「宇陀太鼓まつり」。
もっともっとたくさんの人に知っていただきたい。

来年はぜひ和太鼓の心響く音に触れに、奈良への旅はいかがですか?
  1. 2006/07/18(火) 12:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満月の日

今日は満月。
今も窓の外に目をやるとうす雲の向こうにまあるい月が見えます。

満月と言えば喜喜茶の「月便り」。毎月満月の頃に喜喜茶の会の会員さまにお届けしているのですが、今月はちょっと遅れています。

日曜に行った大和茶で中国茶づくりのことを書こうと思ってまだ手をつけていなかったのですが、さっきようやく原稿が仕上がりました。
なので発送は明日。早いところであさっての到着となります。

会員のみなさま、もうちょっと待っていてくださいね。

さて、明日は月草さんのおけいこ。
「蓮」をテーマにいろいろと楽しんでみたいと思っています。

明日の出番を待っている蓮。
P7113819.jpg


実はこのつぼみのなかにちょっとしたしかけをしています。
P7113827.jpg


蓮の花びらの線って本当に美しい。
P7113834.jpg


おけいこで生徒さんにいただいた「ココナッツプリン」。とても美味しかった~
P7113845.jpg


こちらもいただきました。チョコのロールケーキ♪
P7113847.jpg


今日もいい一日でした。
ありがとうございました。


  1. 2006/07/11(火) 22:00:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

大和茶で中国茶をつくる

今日は毎年行っている大和茶での中国茶づくりの日。
大和茶は奈良市の東から県の中南部あたり一体で作られるお茶。ひと昔前は宇治茶の下請けがメインだったのですが、最近はブランドとして知られるようにもなってきています。

もともと「ものづくり」が好きなこともあって、中国茶を地元の奈良のお茶でも作りたいと思っていて出会ったのが竹内さん。無農薬にこだわって大和茶を作られていて、お茶をとても愛されている素敵なご夫婦です。

今年で5回目になる中国茶づくり。半発酵の青茶(いわゆる烏龍茶)を作ります。
去年から台湾に研修に行っているので、今年はその成果を出したいところです。

朝の8時に近鉄奈良駅に集合して大和茶の茶農家の竹内さんの茶畑へ。
昨日の夜に雨がしとしとと降っていたので「お茶摘み出来るかな~?」って心配だったんだけど、なんとか上がってくれて茶摘みのときは晴れ間も見えるほどでした。

茶畑の上から下を見下ろす。心洗われる風景。
P7093744.jpg


この季節は一番茶を摘み終えて台狩りをしたあとの新芽が出てくるころです。
P7093731.jpg


お昼は定番そうめん。暑い季節に働いたあとはこれがいちばん!
P7093763.jpg


最後に試飲用に乾燥させたお茶。まだ水分が残っている状態。でもすでにいい香り。
P7093791.jpg


毎回出来たお茶を試飲してみる瞬間がどきどき。おいしいお茶になってるかな‥って。
P7093795.jpg


今年のお茶はこれまでで一番香り良く、甘い、おいしいお茶になりました。
水分がまだ多いかなと思ったけれど、個人的にはじっくりと乾燥させたお茶が好みでした。

時間がなくて残りの茶葉は最後の乾燥を急いで仕上げてしまったけど、ゆっくり摘んで、ゆっくり発酵させて、ゆっくり揉捻したお茶は、乾燥もやっぱりゆっくりやったほうがいいのかもしれません。またひとつ勉強。

家に帰ってまた飲んでみたのですが、最初飲んだとき「あれ?なんか違うかな?」と思ったら原因はやっぱり水でした。水道水で入れてたのですが途中で茶農家さんの家で汲んできた湧き水に変えてみたら、こんなにも水で違うのかと驚くぐらいおいしくよみがえって。
やっぱりお水って大切なんやなぁと実感。
特にお茶が育ったお水とお茶をいれるお水が同じ成分なので、そこにマリアージュが産まれるんだろうな。

最後に現れた月の出。あぁ、もうすぐ満月。
P7093807.jpg


茶摘みに参加していただいたみなさま、暑い中お疲れさまでした!
そして竹内さん、今年もありがとうございました!!
  1. 2006/07/09(日) 23:10:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

しずく

梅雨らしい毎日が続いています。

喜喜茶の教室に先日購入した辻和美さんの「しずく」をかけてみました。

やっぱり緑がいい。庭を写す小さな世界。
P7053690.jpg


しずくの中に小さな泡。ぷくり。
P7053692.jpg


昨日のおけいこでは、夏におすすめの氷出しのお茶をいれました。
P7053648.jpg


これも氷のしずくを集めて作るお茶。
一滴一滴できるのをゆっくりと待つ、とても贅沢なお茶。

この日の点心は北京餃子と杏仁豆腐。
杏仁豆腐はガラスにいれて涼しげに。
P7053651.jpg


生徒さんに佐賀出身の方がいらっしゃって、嬉野の釜炒り茶の新茶をいただきました。

P7053667.jpg

P7053669.jpg


嬉野のお茶は口に含んだ時にほどよい渋みが広がって、飲んだ後にはとてもさわやかな味が口の中に広がります。

いつか行きたい嬉野です。
  1. 2006/07/06(木) 20:16:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろんな出会い

土曜日から今日までいろんな出会いがありました。
それをちょっと写真日記風にご報告。
喜喜茶だんなとかぶるところもあるけれど‥。

1日 土曜日 くもり ときどき 雨

朝一番に「ざっか 月草」さん金沢の辻和美さんの個展に。こんなにたくさんの辻さんの作品を一度に見たのははじめて!!DMをいただいてからず~っと気になっていた写真の作品に見たとたん心うばわれてしまい、うんとうんとうんと悩んだあげく決めました。

どの作品かは‥またおけいこの時に見てやってください。

びっくりしたのは秋篠の森に突然!ガラス張りの茶室がうまれていたこと!!これにはほんとにびっくり!!

P7013585.jpg


一度家に戻ってお茶(日本の茶道)のおけいこに行ってから、急いで月草さんに戻ってこちらの茶室で行われた辻和美さんのお母様によるお茶会に参加してきました。(お茶ざんまい!)

「しずく」をテーマにとてもモダンなあつらいで行われたお茶会。
私もとても勉強になりました。

やっぱり日本の茶道の良いところは季節感。
喜喜茶でも中国茶の良さ、日本の茶道の良さ、それぞれのいいところを取り入れていきたいな。

7月の月草さんでの喜喜茶のおけいこはこのガラスの茶室を使わせていただけることに!素敵なあつらいを考えなくっちゃ。

P7013618.jpg

しずくの中に小さな椅子。

2日 日曜日 雨 のち くもり

南果さんの「うまいもん市」に。
今までイベントでご一緒させてもらったお店がたくさん出ているので、お客さんとして行ってきました。
南果さんの2階は5つのお店でぎっしり!まさにお菓子&パンパラダイスでした!
それぞれのお店でお話をして、何を買おうかなぁと悩んで。考えてみたらすごい贅沢!
いっぱいいっぱい買っちゃいました。

P7033632.jpg

少し食べちゃったけど、この日の収穫。

そのあとまた月草さんに行って、京都のオオヤコーヒーさんのコーヒーを飲んで。
月草さんの前に突然現れた屋台。あぁ、なんて素敵!
喜喜茶もイベントの時、こういう屋台が欲しい~。

P7023628.jpg

作ろうかな、屋台。夏休みの宿題です。

4日 火曜日 晴れ

久々に大阪へ。
中国の映画「ジャスミンの花開く」を見てきました。
主演はシャンプーのコマーシャルでもおなじみのチャン・ツィイー。1930年代から80年代にわたる上海の街で祖母、母、娘、三代にわたる女性の生き様を演じています。
祖母の時代の美しいチャイナドレスの生地や、小道具として出てくるお茶のグラスとか、昔の上海の美しいものたちが素敵でした。

P7043638.jpg



映画のあとは老松通りの現代クラフトギャラリーに喜喜茶の生徒さんの版画の個展を見に。

あたたかみのある版画に額縁はだんなさま作です。本当にかわいい。
P7043645.jpg


やかんがとっても気に入ったので、やかんシリーズを買いました。
P7043643.jpg


個展は今週土曜まで開かれています。ぜひぜひ行ってみてくださいね!
  1. 2006/07/04(火) 22:17:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。