喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「殯の森」

奈良の映画監督「河瀬直美」さんが今、新しい映画に取り組まれています。

題は「殯(もがり)の森」。

舞台は喜喜茶が毎年烏龍茶づくりをしている大和茶の産地、奈良市田原町です。

7月中に始まった撮影はいよいよクライマックスを迎え、昨日私は葬儀のシーンの着付けのお手伝いに行ってきました。

今年1月に奈良倶楽部で「12人の愉快な仲間達」に参加した時に知り合った田原町にお住まいの方に紹介していただき、葬儀シーンに参列する男性の方の袴を着付けさせていただいたのですが、もともと河瀬さんの作品が大好きで、ショートフィルムもすべて観ている私にとって、こうやって作品に参加できるなんてとても光栄なこと。

袴を着付けるのは初めてなのでどきどきしながらだったのですが、一枚ずつ着物を身につけられるごとに日本男児らしいりりしさを増して格好よくなっていかれるみなさんをみて、改めて着物という日本の伝統文化の素晴らしさを感じていました。

自分が身につけた技術がこうやって生きたこと、河瀬さんの作品のお手伝いが出来たこと、大好きな奈良に関われたこと、すべてが感激の連続でした。

映画は今月末ごろに撮影を終了し、編集をして年末ごろに完成する予定だそうです。

多くの方にぜひ観てほしい映画でもあるし、ぜひ参加もしてほしいと思っています。

参加というのは「ひとコマもがり」という制度で、一口2000円で映画のフィルムのひとコマを買って映画のサポーターになるというものです。
サポーターになった特典として実際に撮影された映画のフィルムをひとこまいただくことができ、映画のパンフレットに名前が掲載されることになります。

うちも私と旦那とふたコマ分サポートしています。

奈良にお住まいのかたもそうでないかたも、映画のひとコマ買ってみませんか?
P8214453.jpg


☆☆☆詳しくは河瀬さんの公式ホームページでご覧ください☆☆
http://www.kawasenaomi.com/
河瀬さんの今までの映画作品はビデオやDVDなどになっています。西吉野の山や、奈良町の情景がありのままに描かれています。
ぜひぜひご覧になって、また奈良をまわってみませんか?


着付けを行ったのは「十輪寺」。この階段を上ったところに境内があります。
P8204442.jpg


田原町は標高があるため奈良市の中心部よりずいぶんとすずしいです。木々の木陰に入るとすーっと熱が下がるのを感じます。
P8204438.jpg


境内への坂を登って振り返ると田んぼと茶畑の緑が目に入ります。大好きな光景。
P8204439.jpg


葬儀の撮影が行われたのはこの先の田んぼの中。暑い中出演者の人もスタッフの人も精一杯頑張ってらっしゃいました。P8204443.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/08/21(月) 09:53:40|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国茶教室のご案内

暑いですが台風の影響か風が通り抜けて気持ちのいい時間が過ぎていきます。

最近岩茶にはまっていて、汗をかきながら熱いのをいただいているのですが、冷房などで体温調節に疲れた体を整えてくれる気がします。


教室についてのお問い合わせをいただいたので改めてご案内します。

基本的に行っているのは「初級コース」で発酵によって「緑」「白」「黄」「青」「紅」「黒」と分類される中国茶をひと月に一種類ずつ学ぶコースです。まずは種類ごとの特徴をつかんでもらって、お気に入りの中国茶を見つけていただけたらなぁと思っています。

「初級コース」が終わると季節ごとのアレンジを一緒に楽しみながらお茶を深めていく「応用コース」になります。もちろんこちらから受けていただくことも可能です。

基本の料金は1回(約2時間)2~3種の中国茶と季節の点心とデザートとお茶のおみやげがついて¥2500です。

随時募集しております。お一人の方も多く、お一人の方同士日程の合う方でクラスを作り、新しくお茶仲間となっていただいてるケースも多くありますので、どうぞお気軽にお問い合わせくださいね!

ちなみに8月から新たに始まったクラスは2クラス。12日の土曜日と24日の木曜日です。

12日から始まった土曜クラスは今月は終わってしまいましたが、来月からの参加もOKですしとりあえず体験ということで単発で受けられることも出来ます。時間は11時~13時です。
ちなみに12日は緑茶をやって「梅家烏龍井茶」と「青螺黛」を飲みました。点心は夏の定番「ジャージャン麺」と「簡単マンゴープリン」。

24日(木)も11時から新しいクラスが始まり、12日と同じ緑茶をいただく予定です。

土曜クラスの次回は9月9日(土)11時からです。白茶を行う予定です。

詳しい問い合わせはこちらのアドレスまでご連絡くださいね!

mail@ichi-go-ichi-e.com

☆☆ホームページにも教室の様子を紹介しています☆☆

http://ichi-go-ichi-e.comP6303563.jpg


P6303565.jpg

  1. 2006/08/17(木) 14:50:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハンバーガー!!!

暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?

喜喜茶はただいま夏のお休み中。
イベントもお稽古もないのは久しぶりなので、たまった書類の整理なんかをやっています。

土曜日に滋賀のハンバーガーショップ「AUNTY-MEE BOURGER」へ行ってきました。
南果さんのブログで見て以来、ずっと恋いこがれていたハンバーガー屋さん。

「ここはアメリカ?!」いいえ。日本の滋賀県大津です。
P8124416.jpg


初めてのお客様にはハンバーガーの作り方の説明付きです。
P8124417.jpg


あっという間に出来上がります。
P8124418.jpg


トッピングもいろいろあるのですが、最初に食べるなら基本のバーガーをということで一番シンプルなのをいただきました。
このバンズがふわふわですごくおいしい!のです。
P8124419.jpg


この日はおけいこが終わってから寄り道をしながら行ったので、到着したのは6時過ぎ。
営業は10時までなのですが、私たちが注文したすぐ後でバンズが売り切れで修了してしまいました。
P8124423.jpg


ぺろっと食べれてあともうひとつ!といきたいところだったのですが、次の楽しみに。
今度はいろいろトッピングを楽しみたいです。


「AUNTY-MEE BURGER」
滋賀県大津市見世1-11-21
phone 080-3761-8480
www.cable-net.ne.jp/user/uncle-mee/

OPEN Mon-Sat 10am~10pm
Sun 10am~8pm
Closed Wed

☆☆売り切れる前に早めに行くことをおすすめします!☆☆


  1. 2006/08/14(月) 13:37:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

中国茶のおけいこと布ぞうりワークショップ

喜喜茶の中国茶教室のひとつのクラスが昨日、初級コースを終了されました。
半年間よく頑張られたと思います。おめでとうございます!

これで初級コースの卒業を迎えられたのは3クラス目。こちらのクラスも引き続き応用コースに進みたいとおっしゃってくださって、本当に嬉しい限りです。

これからもどうぞよろしくお願いしますね。

ライチを生徒さんにお借りした辻和美さんの建水にいれて。ライチティーを作りました。
P8094391.jpg


夏ややっぱりジャージャン麺!この日は午後からもワークショップがあるため、ちょっとボリューム多めの冬瓜スープ付きです。
P8094395.jpg


デザートは夏の定番マンゴープリン。今回は簡単バージョンです。
P8094408.jpg


午後からは布ぞうりのワークショップを行いました。
古い浴衣などをもちよって、布を裂いて編みこんでいきます。

どんな色を持ってくるかで全然雰囲気の違うぞうりが出来るので、楽しいです。

完成!半日で一足仕上げました。みなそれぞれで素敵!
P8094396.jpg


履いたらこんな感じ。かわいいでしょ。
P8094403.jpg


今回最年少(10歳)で生徒としてお母さんと教室とワークショップに参加してくれたRyuちゃん。よく出来たね!
P8094403.jpg


喜喜茶の教室やイベントにはお子様と一緒に参加してくださる方がたくさんいらっしゃって、本当に嬉しいです。
中国茶はお道具がおままごとみたいなので、小さいお子様にも人気です。

この夏休み、親子で中国茶はいかがですか?
  1. 2006/08/10(木) 15:04:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

月草さんでのおけいこが終わって

半年間、奈良の雑貨カフェ「くるみの木」さんの秋篠の森にあるざっか「月草」さんでおこなってきた喜喜茶の出張中国茶教室。

昨日はその最終回でした。

今まで参加いただきました方々、本当にありがとうございました。

最後の回も「硝子の小屋」を使わせていただき、緑に囲まれた空間で楽しいお茶時間を生徒さんと一緒に過ごすことが出来て、すごく幸せでした。
くるみの木のオーナーさんはもちろん、企画を考えていただいたいた企画スタッフさん、不慣れな私を毎回気持ち良くサポートしていただいたざっか「月草」のスタッフさん、みなさまに心から感謝しております。

思えば「夏の終わりの中国茶会」をさせていただいたのは一年前。
喜喜茶にとって初めての大きなイベントで、おもてなしのプロの方々に多くのことを教えていただきました。楽しかっただけでなく、反省することもいろいろあり、あの3日間の経験は今の喜喜茶に確実に生きています。
そしてたくさんの人に出会いました。ここから始まった縁が今も続いていること、本当に嬉しいし、これからも大切にしたいと思います。

毎回「月草」さんから車で帰る道は充実感に満ちて幸せいっぱいなのですが、昨日はそれにちょっぴり寂しい気持ちが混ざっていました。

また会える日まで‥。

P8074377.jpg



☆☆喜喜茶の中国茶教室のお知らせ☆☆
常時開講している教室です。
場所は奈良の学園前駅の一軒家。緑の見える落ち着いた和室です。
お気軽にお問い合わせくださいね。

P7294300.jpg

  1. 2006/08/08(火) 09:18:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。