喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山のなかで中国茶

昨日何年かぶりに山登りに行ってきました。
そんなにハードな山でもなかったのに、日頃の運動不足がたたって体が重くて重くて登りは完全にばててしまいました。
それでも登ったあと木々に囲まれて飲むお茶は最高においしかった!
久しぶりに山の楽しさを満喫。また行きたい。しばらくまた夢中になりそうです。

低い山はちょうど紅葉が真っ盛り。
PB255461.jpg


紅葉の終わった枯れた木々も美しい。
PB255469.jpg


途中の沢で水を汲んで。山の水を沸かして飲むお茶の味は最高です。
PB255474.jpg


持っていったのは春に台湾で作ってきた「東方美人」。山の中で飲むとさらにその香りがふくよかになるようです。
PB255519.jpg


ひたすら登りが続いた時、あまりの苦しさに「なんで私は今こんなことをしてるんやろう。」とくじけそうになりました。それでも何とか登りきり、また来た道を降りて帰ってきたあとには「また登りたい。」と思っている自分がいました。
初めて山に登ったときも同じような気持ちがしたことを覚えています。

この気持ちはなんなんだろう。

その理由が知りたくなって帰り道、一緒に行った後輩に「山登りのなにが好きなん。」と聞くと「なんでしょうね。」としばらく考えたあと「何も考えないで出来るからじゃないですか。」と。

なるほど。
何も考えないで山に登る時間は日々頭を使い続ける時間にたまってくる余分なものをクリアにする、そんな力があるのかもしれません。

そこにお茶があれば、もう最高!

あぁ、また山登りたいなぁ。

それまでに体鍛えようっと。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/26(日) 12:02:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

産まれた日

今日は産まれた日でした。
33年前の夜の10時51分に私の人生は始まりました。

昔は誕生日は単純にみんなにおめでとうと言ってもらえることが嬉しくて、どんなプレゼントをもらえるかしらとかそんなことが楽しくて。

でも私自身は母親に感謝する日なんですね。

私はまだ母親になるという経験はしてませんが、母にとったらきっとものすごく特別な日だったろうと思います。自分の体の中で10ヵ月も育ってきた子が産まれた日。

そんなことを今感じているけど、今日声に出して母に感謝の言葉を何も言わなかったなと気がつきました。
明日改めて伝えよう「ありがとう。」と。

DSCN1707.jpg

DSCN1710.jpg

またten ton cakesさんにケーキをお願いしました。ありがとう!
  1. 2006/11/23(木) 23:45:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

謝謝

この1週間、いろんな方に励ましのメールやお電話、お手紙などいただきました。
本当にありがとうございます。

喜喜茶も私もまだまだ子供です。これからも悩むこともあると思いますがひとつひとつ超えながら進んでいきたいなと思っています。
これからも喜喜茶をどうぞよろしくお願いしますね。

さて昨日、今日と中国茶教室でした。
やはりお茶を飲む時間は心が落ち着きます。私自身が癒されてます。
お茶にも感謝、感謝、ですね。

今月の床。
PB145423.jpg

大好きな岸田真理子さんの初期の作品と菊の花。
岸田さんの個展が明日から12月26日(火)まで大阪堀江にある「オソブランコ」さんで開催されます。
大阪に出られる時はぜひお立ち寄り下さい。
http://www.osoblanco.jp/
  1. 2006/11/22(水) 19:54:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反省とこれから

今日も外はとてもいい天気なのに、私はまたまた風邪ぎみになってしまいあったかい格好をして家にこもっています。
久しぶりに家にじっとしているので今までの写真とかを整理。おととしの3月に初めて京都の手作り市に出店した写真をみて、はっと気がつきました。

「この前の南果さんの手作り市で作った店より魅力的や‥。」

先日だんなのブログでもあったように南果さんの後、反省会をしました。帰って店の写真を見たら「なんやこのぱっとせん店は‥。」とがっくりきてしまったからです。
もし南果さんの手作り市でおととしの京都のような店を作っていたら、もっとお客さまにも楽しんでもらえたかも‥そう思いました。

いい意味で慣れてきた、悪い意味で知恵をしぼらずに簡単に済ませるようになってたんだなぁと改めて思いました。

初心忘れるべからず。ほんとにそうやと思います。最初に店を作った時の精一杯さを思い出しながら、次の店作りまた頑張らなくてはいけません。

あと今の悩みは1年経った「月便り」のこれからのこと。

最初はとりあえずイベント出店の予告などをパソコンをお持ちでないお客さまにも知っていただけるようにと思って始めた「月便り」。途中から「喜喜茶の会」の会報誌として切手代だけをいただいて会員の皆様に送る、もしくは教室の生徒さんにお渡しするという形をとってきました。それだけでなく近くに住む方には差し上げるということもしてきました。

最初は喜喜茶を知ってもらうためだと思って必死に書いてきました。ところが先日その情報がよそで使われていることを知り、なんだか悲しくなってしまったのです。
でもそのことを相談したら「考え方が狭い」と言われてしまい、そのことでしばらく落ち込んでしまいました。

考えれば考えるほど苦しくなってしまい、今月の月便りは特別号ということで逃げてしまいました。

自分が納得するためには郵便代だけでなく会費を設定するという方法もあるのかもしれません。そうなったら「喜喜茶の会員」の人はお金を払ってまで‥と思われるかもしれません。
でもそのためにさらに内容を充実されるという意欲がわいてくるかもしれません。

今のままではきっと自分が苦しくなってしまってパンクしてしまいそうです。

あと半月後にはまた発行の日がやってきます。それまでに答えは出せるのでしょうか‥。




  1. 2006/11/16(木) 13:02:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

バースデーケーキ

今日のお稽古はちょっとスペシャル。
生徒さんに誕生日の方がいると聞いていたので前もってten ton cakesさんにバースデーケーキを頼んでました。

可愛い木箱に入って送られてきたチーズケーキ。(とても可愛かったのに写真を撮るのを忘れてしまいました。)箱にはちゃんと「Happy Birthday」の札が!

スペシャルデザート。会わせたのはやっぱり金宣茶。
PB145427.jpg


まるごとホールで焼き上がりの状態で届きます。(注 カットはうちでやったものです。)
PB145428.jpg


チーズケーキ好きの大切な人の大切な日にこんなプレゼントはいかが?
ten ton cakesさん↓
http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton

お稽古前のひとこま。ぽかぽか陽気にねこ先生。
PB145419.jpg

  1. 2006/11/14(火) 23:53:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

たかばたけ楽市

昨日は奈良の町家カフェ「南果」さんの「第6回たかばたけ楽市」に出店してきました。

とにかく寒かったです。寒いのは分かっていたのでしっかり下に山用の暑い下着なんかを着込んでいたのですが、それでも寒かったです。
さらに今回はテントなしだったのですが、セッティングしていたら細かい雨が降り始めてさすがにあせりました。

そういえば喜喜茶の最初の出店も3月のとても寒い中でした。あの時はほかほか湯気に人が集まって来てくれたのですが、ほかほか湯気が出るどころか蒸籠がなかなか温まらず、蒸し時間がいつもの倍ぐらいかかってしまい、たくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいました。

そしてまだ温まっていないまんじゅうをお渡ししてしまうという失敗をしてしまいました。あの時まんじゅうを食べていただいたお客さま、本当に申し訳ありませんでした。

いつも茶館のほうを担当しているとトイレに行く暇もないくらいお客さまにお茶を入れ続けるのですが、昨日はなぜかお茶を飲まれる方が少なくておかげで初めて他の店を見る時間が出来ました。

なかでもとても印象に残ったのは川村公志くんという26歳の写真家の男の子。ワンボックスの車に写真を貼っての出店。2004年の5月から1年2ヵ月かけて日本全都道府県を回って写真を撮り、個展もしながら旅を続けたそう。その時の写真で写真集を作って再会のため2度目の旅の途中で奈良に来ていました。

最初は空などの自然の美しいポストカードを見て「きれいやな。」と思っていたのですが、写真集を見たとたんその写真の中の人の表情にやられてしまいました。

なんだろう。
生きている人のその一瞬をこんなにも優しく切り取れるものなんだと思いました。
こんな風に私も人を撮りたい、そう心から思いました。

もっと話がしたいな、と思ったのですがちょうどお客さまが来られたので店に戻って代わりに旦那に見に行った方がいいよ!と交代。
「写真集買いたいねん。」と言うと「え~。」と言っていた旦那も長い間話をしてて帰って来る頃にはしっかりその手に写真集を持ってました。

そして最後にわたしたちの写真も撮ってもらいました。

うちに帰って写真集を開けるとマジックで川村くんの言葉。

「笑顔が笑顔を生む 06.11.12 835(部目)」


これからも彼は旅を続けるのでしょうね。もしどこかで彼の車を見かけたら声をかけてあげて下さい。
htpp://www.kawamuratakashi.com

屋台のメニュー。
PB125408.jpg

お客さまが途中で拾われた落ち葉。秋の色。
PB125392.jpg

  1. 2006/11/13(月) 19:32:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あさっては‥

あさっては奈良の高畑にある町家カフェ「南果」さんの「第6回たかばたけ楽市」の出店です。

回を重ねるごとにどんどん人気になっているようなので、今回もたくさんお客さまが来られるのじゃないかしら?ドキドキです。

喜喜茶はいつものように屋台と茶館での出店です。

屋台
チャーシューまんじゅう
カスタードまんじゅう
プーアール茶栗のプリン
喜喜茶旦那特製のおいもの?档fザート

茶館
菊普茶(プーアール茶+菊花)
白毫銀針+金蓮花
鳳凰単叢
☆屋台の点心もお召し上がりいただけます

明日はちょっとお天気がくずれるようなのですが、日曜日には回復するということなのでほっとしています。でも冷え込むようなのでみなさん暖かくしていらしてくださいね!

詳細は南果さんのホームページへ↓
http://nanka.net
  1. 2006/11/10(金) 18:19:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教室変更のお知らせ

以前日記でもご案内していた喜喜茶の中国茶教室の11月スタートの新クラスの日程ですが、都合により明日の8日(水)から22日(水)に変更になりました。
時間は同じ11時からです。

もし8日はダメだったけど、22日なら‥という方がいらっしゃいましたら、ご連絡下さいね。
→mail@ichi-go-ichi-e.com


  1. 2006/11/07(火) 11:38:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末あれこれ

この週末は何かと忙しくしてました。(旦那は3日以来調子悪くなりずっと寝ていたんですが‥。)

3日(金)文化の日 晴れ
三輪の市へ。春の三輪の市は喜喜茶も出店していましたが、今回はアポロさんの直後だったのでお休み。そのかわり友達の手織り小物の店「ブローチ」が出店していたのでお客さんとして遊びに行ってきました。

奈良の桜井にある大神神社のさらに奥の「平等寺」の境内に手作りのお店が並びます。
PB035302.jpg


ここが「ブローチ」。
PB035304.jpg


糸の色がかわいい。
PB035305.jpg


偶然会ったten ton cakesさんも誘って「ブローチ」の裏でお茶飲み会。
PB035310.jpg


織りの体験も出来るのです。(織っているのは「ブローチ」の看板娘あっこちゃん。)
PB035321.jpg


帰り道、二上山に沈んでいく夕日。
PB035324.jpg


東の空にはお月さま。この日は十三夜の栗名月。
PB035326.jpg


「ブローチ」の新作。秋のブレスは皮と織りのコンビでかわいい。
PB045336.jpg


4日(土) この日も晴れ
11月最初のお稽古の日。月代わりの季節の料理とデザートを初めて出す日は緊張します。
朝早くに起きて自分でコーヒー豆をひいてゆっくりいれて(普段はコーヒーは旦那のお仕事。)しんと静まりかえった中で飲んでると時間が止まったように思えることも。でも空はどんどん明るくなって太陽が現れます。時が動いていることをあらためて感じるそんな瞬間。
PB045337.jpg


この日のお稽古は初級クラスの「黄茶」。11月のお料理は「葱餅」。
PB045343.jpg


お稽古の後、夕方から「くるみの木」の一条店で行われた「HAAS」のライヴへ。
「朝食に合う音楽を」というテーマで作られたアルバムの発売記念ライヴなので、ゆったりとしたギターの音が心地いい。コラボでレシピを考えられた鎌倉のジャム屋さんのいがらしろみさんのカブのスープがおいしかった!

5日(日) またまた晴れ。
喜喜茶の教室の取材。
初めてのことなのでこの日も朝早くに起きてそわそわと準備。昨日買った「HAAS」のアルバムを聞きながらいがらしろみさんのジャムをパンにつけて。
PB055345.jpg


取材はUR都市機構が発行しているフリーペーパー「Si*Di*Fa」さん。来年の新春号の「中国茶特集」で読者モデルの方が体験しました!という感じで載せていただけるそうです。

始めは2時間ぐらいの予定が結局6時間に及ぶ超ロング取材になりました。
PB055347.jpg


配布は来年の1月中旬だそうです。どきどきするなぁ。

☆☆追加☆☆
遅くなりましたが本日「月便り」を喜喜茶の会の会員さまに発送しました。今回の「月便り」はちょっといつもと違う内容です。
  1. 2006/11/06(月) 19:11:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着物教室 & 中国茶教室 のお知らせ

今日は「喜喜茶の店主の着物教室」でした。

中国茶を好きになってから、日本のお茶のことも知りたいと思うようになり始めた茶道。
もともと布好きだった私は着物の美しさにも目覚め、去年念願の「着付けの師範」のお免状をいただきました。

着物は難しいと思われがちですが、ちょっとこつが分かればすぐに着れるようになります。
もっと気軽に着物に親しむきっかけを!そんな思いで始まった着物教室です。

いつもの中国茶教室の部屋が着物教室に早変わり。
PB015283.jpg


着物を来たらみんなでお抹茶をいただきます。ん?これはねこたん。
PB015294.jpg


「喜喜茶の着物教室」はお抹茶付きで1回2時間¥1500です。
来年のお正月は着物で過ごしてみませんか?

☆☆お知らせ☆☆
8日(水)に中国茶教室の新クラスがスタートします!ただいま2名の方が参加希望されています。
時間は11時から約2時間半。
初級クラスとして6種類の中国茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)のうち1種類からまず始めます。
季節の簡単なお料理とデザート、おみやげのお茶付きで¥2,500です。
参加ご希望の方は6日(月)までにご連絡くださいね。
→mail@ichi-go-ichi-e.com

また現在土曜クラスも新たにスタート予定しています。こちらも合わせてご希望の方はご連絡下さい。

☆☆☆アポロさんの「食の饗宴」で中国茶教室の参加希望されていたお客様へ。(連絡先をお伺いしていませんでした‥。)ご連絡をお待ちしています!もしこちらの日程でご都合が悪いようでしたら、おっしゃってくださいね。




  1. 2006/11/01(水) 19:41:44|
  2. 着物や布や
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:5

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。