喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日向夏

最近気に入っているのが日向夏。
宮崎に住んでいる友達が送ってきてくれたかわいらしいみかんです。

実は日向夏は私の大好きな高知の小夏と兄弟。
食べ方は全く同じでりんごの皮を剥くように黄色い部分を剥いて,白い部分も一緒に削ぎ切りのようにして食べます。
この白い部分が美味しいのです!

さて今日3月の月便りを発送しました。満月までまだ早いのですが,今回は早く読んでいただきたくて…。

喜喜茶の会の皆さま,楽しみにお待ちくださいね!

満月みたいな日向夏
20070228192631

スポンサーサイト
  1. 2007/02/28(水) 19:26:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着物生活をする

今日もぽかぽかのいいお天気。窓を開けていてもちょうどいいくらいです。

最近は音楽もかけず周りの音だけで過ごしているのですが、春が近づくと聞こえてくる鳥の声にも陽気が感じられて、わくわくします。

昨日は喜喜茶の着付け教室の日でした。
実は今年に入ってちゃんと着物を着るのは初めて。久しぶりの感触に気持ちがしゃんと引き締まるようでした。

いつも着付けの練習が終わった後は、そのまま着物を着たままでみんなでお抹茶を点てていただくのですが、この時間が私はまた大好き。
着物で中国茶も合わないことはないのですが、やっぱりお抹茶のほうがしっくりくるのです。

明日で2月も終わりですが、3月の中頃から普段の服として着物を着る日を増やしていきたいなと考えています。洋服と同じような感覚で気軽にささっと。

さて、満月まであと5日。今日はこれから月便りを書き上げます。
3月は特別号です。お楽しみに!

P2266459.jpg

昨日の床の間は椿の花。お水取りのお花の良弁椿にちなんで。
奈良ではお水取りの本行があさってから始まります。
  1. 2007/02/27(火) 11:22:47|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

梅便り その二

梅便り その二。

うちの近所には「追分梅林」という梅林があります。
その梅林のすぐ近くの小学校に通っていた私は、梅林と言えばその奥にある子供の森まで走る冬のマラソンのコース。梅林にさしかかる頃は一番苦しいところ。ひとつの通過点としての記憶ぐらいしかありませんでした。

そんな昔から花の季節はたくさんの人でにぎわっていた‥のかどうかは分かりませんが、ここ最近は私が小さかった頃より随分有名になったような気がします。

今年はいつもの年より早い開花。本来ならまだつぼみの頃でしょうが、昨日訪れたらすでに8分咲きくらいになっていました。

実は今回の梅林訪問にはもうひとつの目的が。
おととしの12月頃だったかしら?関空行きのリムジンバスに乗って空港に向かう途中の高速道路からほんの一瞬梅林が見えるのですが、その時に梅林のすみっこに「ダチョウ」らしきものの姿が見えたのです。
「ん???」と思ってもう一度見ようとしたのですが3秒くらいの出来事。あっという間に過ぎてしまいました。
今見たのは何だったのか?と気になって、近所に住む梅林好きの知り合いに帰ってからその話をしたところ、「まさか~。」と言っていたのですが、早速確かめに行ったところ本当に「ダチョウ」がいたそうなのです。

「やっぱり、あれはダチョウやったんや。」

その後自分でも確認しに行こう行こうと思いながら去年はその機会がなく、昨日ようやくその日が訪れたのでした。

そして、やっぱりいました。
梅林の下の方に囲いがあって、ダチョウが4匹。

看板も何もなくいきなり梅林の中にダチョウ。
梅林を訪れている人たちは、知ってて来たのでしょうか?

それにしても、なぜ梅林にダチョウ?
今度はその疑問が頭の中をうずまいて離れません。

「やっぱりダチョウのたまごとちゃうか?」そう旦那に言ってた私ですが、実家に寄ってその話をして「なんでやと思う?」と聞いたら母は「ダチョウのたまごやろ。」。

う~ん、さすが血は争えん。

ダチョウの話が長くなりましたが、梅はまだ来週ぐらいまで見頃が続きそうです。
梅が見たい方も、ダチョウが見たい方もぜひぜひ奈良の「追分梅林」へどうぞ。

白い梅とうす桃色の梅が中心。
P2256448.jpg

ほぼ満開。初夏には梅狩りも出来ます。
P2256447.jpg

これがダチョウ!!
P2256451.jpg

まつげが長くて可愛い顔してます。
P2256455.jpg


梅の花を見ながらお茶を飲もうと思って中国茶野点セットを持っていってたのですが、さあ飲もうという時になってやかんを忘れたことに気づいて‥。
お湯が沸かせず、結局自販機のコーヒーとなってしまいました。
とほほ。
  1. 2007/02/25(日) 23:54:35|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅便り その一

梅便り その一。

先々週に母が滋賀県の長浜で行われている盆梅展で買って帰ってきた梅。
今日、花を咲かせました。

名前は「酔心梅」。
まるで酔ってしまうような美しさ、ということなのですが、その花びらは白の中にほんのり桃色が浮かび上がっていて、まるで梅自身が酔ってしまって顔をぽっと赤らめたかのよう。

これが満開になったらどんなに華やかなことでしょう。これから数週間が楽しみです。
P2246437.jpg


明日は梅便り その二。
神戸からやってくる友達と一緒に近所の梅林に行こうと思っています。
梅を見ながら、野点の中国茶。
明日も寒いようなので体を温めてくれる紅茶を用意して‥。

  1. 2007/02/24(土) 21:41:52|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

恭賀新春!

新年好!!旧暦明けましておめでとうございます!
といってももうすぐ1週間が経とうとしていますが‥。

中国のお正月は長いです。元旦の新月の日から満月になる元肖の日までおよそ二週間、正月ムードが続きます。
私は残念ながらこの時期に中国を訪れたことはないのですが、花火があがったり、爆竹がなり響いたり、都市ではにぎやかに過ごすようですね。

ニュース番組などでもいくつかの都市の様子が紹介されていました。
あと日本の横浜の中華街や神戸の南京町。そしてとても美しかったのが長崎のランタンフェスティバル。色とりどりのランタンが並んでいる景色はとてもきれいでした!いつか行ってみたいなぁ。

喜喜茶の教室も今月はお正月仕様です。真っ赤なランタンをかけます。
P2106388.jpg

  1. 2007/02/23(金) 19:38:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もういくつ寝ると‥

今年の旧正月はあさって18日の日曜日です。
明日は大晦日。中国では水餃子を食べる風習があります。

なので今月の喜喜茶のお稽古も水餃子。
そのままでも美味しいですし、黒酢をかけてさっぱりとした味でいただくのも好きです。

明日はうちの夜ご飯も水餃子をいただきます!

P2106402.jpg




  1. 2007/02/16(金) 13:34:40|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョコレート!

昨日はバレンタインでしたね!
今年はten tonさんにチョコレートチーズケーキをお願いしていました。

いつもの木箱に今回はちょっとシックな色合いのタグ。
Image0291.jpg


フランス産の上質なクリームチーズとスイスのカルマー社のチョコレートを使用しているそうです。う~ん、いい色してます。
P2146409.jpg


カカオのしっかりとした味とチーズのなめらかさが溶け合って、とても大人な味のチョコレートケーキ。濃厚なチョコレートが大好きな旦那は感激して食べてました。

この大人なケーキに合わせたいお茶は「鳳凰単叢」。しっかりとした味ながらも華やかな香りの青茶がぴったりだと思います。

☆☆チョコレートチーズケーキは2月末ごろまでの期間限定販売です。食べてみたい!と思われた方、早めに注文を!☆☆
↓↓ten ton cakesのホームペーージ↓↓
http://www.eonet.ne.jp/~ten-ton
  1. 2007/02/15(木) 18:32:00|
  2. 食について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

梅が咲きました!

20070207160625

喜喜茶の教室の庭の梅が花咲きました。
去年よりずっと早い開花です。

この様子だと教室前の公園の桜も早いかもしれませんね。
  1. 2007/02/07(水) 16:06:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

春が待ち遠しい

久しぶりのブログ更新です。

その間にまた満月がやってきて、暦の上でも春になりました。

いつもなら一番冷え込む季節なのに暖かい日が続いていて、部屋の中のブーゲンビリアも春が待ちきれないかのように鮮やかな紅色になっています。

節分の日に近所の神社でいただく福笹も新しいのに代わり、部屋の中に新鮮な緑色が増えるだけでわくわくする気分になります。

そうそう、満月と言えば喜喜茶の「月便り」。遅くなりましたが2月のお知らせ号を書き上げました。喜喜茶の会の会員様には明日発送させていただきます。
もう少しお待ちくださいね。

→ごめんなさい。「月便り」ちょっと訂正があります。もう少しお待ちくださいね。
  1. 2007/02/05(月) 18:12:58|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。