喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

こんな朝

今朝6時頃目が覚めて、もうずいぶん明るくなった朝の光が入る部屋の天井をぼんやり見上げていた。
聞こえてくる音は遠くでないているいる犬の声と、鳥のさえずり。

ふと、「香港の友人たちに妊娠のこと伝えないとなぁ。」とまだ報告をしていなかったことを思い出した。

香港人の友人たち。
喜喜茶を始める前の仕事で一緒にものづくりをしたパートナーたち。
言葉や文化の違いを超えて、ただいいものを作るんだという思いを支えにともに必死に頑張ってきた仲間たち。
仕事を辞めてからも香港に通い、ずっと、ずっと友達でいたいと願った仲間たち。

妊娠のこと、報告したら喜ぶだろうな。
最近行ってなかったから、私が香港のこと忘れたと思ってるんじゃないかな。

頭の中にいきなり香港の朝の音が流れてきた。
いつも朝早く目覚めた時に聞く香港の音が好きだった。

動き始めたバスの音。
カチカチとせっかちに鳴っている横断歩道の信号の音。
香港島と九龍島の間に流れる海を渡っていく船の汽笛の音。

音とともにいろんな香港が目に浮かんでくる。
私がこうやっている間にもあの変わらない朝は来てるんだろう。

無性に香港に行きたくなった。
と同時に「次はいつ行けるんだろう。」という不安が心によぎった。

今回の妊娠は突然だった。
香港だけでなく喜喜茶として今年やりたいこと、行きたいところはすでに計画していたのでそれががらがらと崩れていくのが分かった。
一番最初の気持ちとして妊娠した喜びではなかったことに私は自分でショックを受けていた。こんな私に母親がつとまるんだろうかと情けなくなった。

あれから3ヵ月。
母になるんだという喜びは、お腹の子の成長とともに大きくなってきている。
それでもこんな朝、不安はこうやって時々私を襲う。
それでいいんだなと思う。
あと5ヵ月かけてゆっくり母親になる準備をしていけばいい。
母であることと喜喜茶の店主であることは、決して相反するものではないのだ。

香港は待っていてくれる。
友人たちはきっと喜喜茶ベイビーと香港に行くことを楽しみに待ってくれる。
いつか必ずそんな彼らの笑顔を見にいくのだ。





スポンサーサイト
  1. 2007/03/31(土) 07:53:19|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

戌の日

昨日は喜喜茶ベビー5ヵ月を迎えて最初の戌の日でしたので、「腹帯」を巻く儀式を行いました。

腹帯は喜喜茶旦那の母が用意してくれた福岡の宇美八幡宮さんの腹帯をしめました。「しめる」と言っても昔からある晒ではなく、ベルトタイプの簡単装着のです。

腹帯は妊婦さんの母に締めてもらうと何かで読んだので、母にお願いしました。
P3296808.jpg


そのあと帯解寺でいただいた御共物(お干菓子)をいただきました。
P3296864.jpg


ところで私は骨盤を矯正するベルトをちょっと前から締めています。妊娠前から下腹がぽっこりと出ていてよく妊婦さんに間違われた(!)のですが、どうやら骨盤がゆるんで子宮や膀胱などの内臓などが下に下がってしまっているようなのです。
これは妊婦さんに限らずあまりいい状態ではありません。むくみや腰痛の原因になりますし、血液の流れを悪くして血栓症などのトラブルを引き起こす原因にもなります。
人として健康であるためにも骨盤を正しい状態に保つことは大切なのです。

妊娠をきっかけに自分の体や生活習慣を見直すことが増えました。
また少しずつ紹介していきたいと思います。

  1. 2007/03/30(金) 15:47:31|
  2. 妊娠と出産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サクラサク

今日はぽかぽか陽気でした。
喜喜茶の中国茶教室の日だったのですが、さすがにもう暖房はいらなかったです。

昨日奈良でも桜の開花宣言がありました。
喜喜茶の教室の向かいには桜の公園があります。去年は新聞にも紹介されたのですが、本当にきれいなのです。それを教室から眺められるなんて本当に贅沢だと思います。

去年、この桜を見ながらお茶を飲んでいただこうと「桜茶会」を開催しました。
今年はあまり広くお声かけをせずにこじんまりと行おうと決め、昨年の「月草」さんでの出張教室も含めて喜喜茶の教室に参加していただいたことのある生徒さんを対象に案内を送っています。

さて桜の状態はどうかというと‥まだまだ内に秘めているという感じです。
今日、明日、あさっての暖かさで一気に開花に向かってくれたら嬉しいのですが‥。

まあ、もし桜が咲いていなくても「花よりだんご」。
お菓子に喜喜茶特製「杏仁豆腐」を用意しています。杏仁の種から作る本格的な味です。
ちょっと春らしいアレンジで楽しんでいただこうと思っています。

P3296803.jpg

  1. 2007/03/28(水) 20:50:05|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねこ仲間

今日は喜喜茶の中国茶教室&着付け教室でした。

実は嬉しいサプライズがありました!
生徒さんとして来ていただいている「ネコムラトウキテン」さんに喜喜茶2周年のお祝いの「喜喜茶ねこ」をいただいたのです!!

「ネコムラトウキテン」と初めてお会いしたのは奈良の高畑の町家カフェ「南果」さん主催の「たかばたけ楽市」に喜喜茶が出店していた時。「ネコムラトウキテン」さんもすぐ近くで出店されていてその時出されていた「イチローねこ」にイチローファンの私はひとめぼれしたのでした。(「イチローねこ」は以前ブログにも登場してます。探してみて下さいね!)

「イチローねこ」はいつも教室の横においている机の上にいるのですが、一人だった彼にもようやく仲間が出来ました!嬉しいです!!

「ネコムラトウキテン」さん、ありがとう!

ちゃんと「喜喜茶」って入ってるんです。そして蓋椀も持ってるんです!
P3226783.jpg


☆☆ネコムラトウキテンさんのホームページはこちら↓↓↓☆☆
http://www.eonet.ne.jp/~nekomura

4月には大阪のギャラリーのイベントにも出店されます!

  1. 2007/03/22(木) 19:28:47|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新しい変化

今日は春分の日でした。
結婚してからちょうど4年と半年。

実はお腹の中の小さな命がこの日、5ヵ月の安定期を迎えました。
私たち夫婦にとって初めての子です。
妊娠して初めて女性の体のこと、いろいろ考えるようになったのも事実です。
日々の生活をより丁寧に過ごしていこう、そんな気持ちで毎日を過ごしています。

喜喜茶のお仕事も今まで通り続けさせていただいています。
さすがにイベントなどの出店は減りましたが、中国茶教室や着付け教室は自分のペースで続けていくことが出来るのでぎりぎりまで続けて、また出産後も早めの復帰をしたいなと思っています。

喜喜茶を応援してくださっているみなさまと一緒に私もお腹の子もともに成長できたらなと思っています。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

奈良の帯解寺の安産守り、一刀彫の犬が仲間に増えました。
P3226776.jpg

  1. 2007/03/21(水) 23:55:33|
  2. 妊娠と出産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

取材に来ていただきました!

喜喜茶3周年目の最初のお仕事はNHK奈良放送局の取材でした。

喜喜茶の教室でのお稽古体験を撮影していただいたあと、一般のご家庭に出張茶館に行く様子も撮影していただきました。

出張茶館に出かける前。Kangooでの出張も初です。
P3166752.jpg

今回は荷物はたったのこんだけ。楽ちんです。
P3166753.jpg


出張先は車で30分程のところ。幼稚園ぐらいのお子様がいらっしゃるお母様方のお茶の時間に出張に行くという設定でした。

撮影が終わって帰り道、私はとても幸せな気分になっている自分を感じていました。

今回の出張茶館は2年前に喜喜茶を始めたその思いを再認識させてくれました。

育ち盛りの子供達は元気いっぱいです。そんな小さな子供達を連れてゆっくりお茶を外でするのはなかなか難しい。そんな時出張茶館なら家にいながら楽しむことが出来ます。

そしてコーヒーでも紅茶でもない、中国茶というのがポイント。
中国茶はひとつのお茶の味や香りの移り変わりをゆっくり楽しみながら過ごすことが出来ます。
花のような香りを胸一杯に吸い込んで、そのアロマに心癒されます。
お茶の作られた土地や環境のことを知りながら飲むと、そこにいながらまるで中国や台湾に旅に出たような気持ちになります。

お茶を飲む時間を大切にハッピーに過ごしていただきたい。
中国茶の楽しみをもっと知ってもらいたい。
お茶を通して中国や台湾のことに興味を持ってもらいたい。

そのきっかけ作りのために私は店を構えて来ていただくのを待つのではなく、自分の足で伝えてまわろう、そんな思いで喜喜茶を始めたのが2年前に昨日だったように思います。

3年目の初仕事が気づかせてくれたのです。
NHKさん、ありがとうございました。

今回の取材の様子は関西圏のみですが、総合テレビで来週22日の木曜日、午前11時5分からの「ぐるっと関西お昼前」で放送予定です。(再放送が28日の水曜日夕方6時頃からのNHK奈良限定での「奈良ナビ」でもあります。)
何だか恥ずかしいですが、関西圏の方よければ見てみてくださいね。

帰り道生駒山の上空の雲の水蒸気に夕日があたり虹が出来ていました。幻想的。
Image037.jpg

  1. 2007/03/16(金) 21:06:32|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2周年

今日で喜喜茶2周年。

夜、久しぶりにおととしに台湾で作ってきた「東方美人」を出してきていただきました。

南国の花の香りに心がほっと休まります。

「お茶がもたらしてくれる幸せな時間。」

喜喜茶が伝えていきたいこと。これからも‥

P3156748.jpg

  1. 2007/03/15(木) 20:56:55|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日で‥

明日で喜喜茶は2周年を迎えます。
2年前の3月15日に京都の手作り市に出店したのが、はじまりでした。

あれからもう2年なんて。早いなぁ。

去年も1周年を祝っていただいた生徒さんから、今年もお花をいただきました。

ありがとうございます。

これからも幸せなお茶時間を提供できるようがんばりたいと思います。

喜喜茶3年目。
どうぞよろしくお願いいたします。

DSCN1749.jpg



  1. 2007/03/14(水) 19:33:18|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「北京の旅展」の日程が決まりました!

2月に予定していて延期させていただいていた南果さんでの「北京の旅展」の日程が決まりました!

日   2007年4月21日(土)と22日(日)
時間  11時~5時
場所  奈良市高畑のカフェ「南果」さんの2階

喜喜茶が選んできた雑貨の中からお気に入りのものを探していただいたり、細工茶を飲んでいただきながら北京の写真を眺めてもらったり、ゆっくりと過ごしていただけたらと思っています。

お待ちしております!

北京の街角
PC215821.jpg

  1. 2007/03/13(火) 20:59:38|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茶粥

喜喜茶の中国茶教室では毎月その季節にちなんだ点心を考えているのですが、今月は東大寺のお水取りにちなんで奈良の伝統料理「茶粥」です。

奈良には日本で一番最初に中国から茶が伝わったのではないかという説もあり、「奈良で育った私がここで中国茶に関わる仕事をしているのも何かの縁かも。」と思い、奈良のお茶や伝統料理のことを調べたりしているのですが、先月お水取りの本行(3月1日~14日)で練行衆(行を行う11人の僧侶)のための夜食としての茶粥を40年以上も作られている方から直接茶粥の作り方をご指導いただく機会を得ました。

今では奈良の街中の食べ物屋さんのメニューで見かけるぐらいになってしまった茶粥ですが、本来はそうやってお寺や一般のご家庭で主食として普通に食べられていたもの。
それぞれの家庭でそれぞれの味というものがあったはずです。

喜喜茶も教えていただいた東大寺の味を基本に、そして家庭でも作りやすいようにと日々試作を重ねてようやく喜喜茶オリジナルの「茶粥」が完成しました。

茶粥に出来立てのいかなごも添えて。
P3096674.jpg


デザートは上海のあったか甘酒スイーツ。
P3106737.jpg


実は喜喜茶の会の会員さまにお送りしている今月の「月便り」は「お水取り」特集。おまけとして喜喜茶オリジナルの「茶粥」の作り方のミニブックをお付けしました。

ぜひみなさまのオリジナル茶粥を作っていただけたらと思っています。

3月。喜喜茶の教室は春の光にあふれています。
P3096665.jpg

  1. 2007/03/10(土) 21:05:00|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

最後のお稽古

今日は喜喜茶の中国茶教室でした。
いつもと同じお稽古だけど、ちょっと違う。それは長い間来ていただいた生徒さんとのお別れを意味していました。

一昨年の秋に母の友人からスタートした教室に去年、年が明けて最初の生徒さんとなってくださったのが今日のクラスの方でした。
知り合いでも喜喜茶のお客さまでもなく、たまたまホームページを見ていただいてお問い合わせくださったのでお会いするのも初めて。緊張してどきどき。満足していただけるかなぁと不安になりながらお稽古の一日目を迎えたことを昨日のように思い出します。

あれから一年。最初の不安はどこへやら。お茶の時間をともにしただけですぐに打ち解け続けて来ていただけることになり、しばらくは4人で続けていたのも、転勤やご出産などでひとり、またひとりと抜けていく中で残られたお二人は半年の初級クラスも終了され、そのあとの応用のサロンにもずっと来ていただいていました。
でもこの春、旦那さまのお仕事のためお二人も関東のほうに転勤となるため、今日が最後のお稽古となったのでした。

お二人は交遊も広く、お友達と一緒に参加していただいたりしたので今日もメンバーは4人。お二人とはお別れでもお友達の方たちは来月からも来ていただけるので、最後のお見送りの時もなんとなくまだ来月も会えるような気になったり。これがお二人だけだったら、せつなさで胸がいっぱいになってしったかもしれません。

一緒に中国茶作りをしたり、夏休みにお子さんも一緒に布草履つくりをしたり‥。
楽しかった思い出いっぱい。
お一人の方に今までのお稽古を写真つきでまとめた一冊のノートを見せていただきました。

ちょっと感動でした。

私にとっても最初の生徒さん。そのどきどきしてた頃の自分を思い出すようで懐かしくて、嬉しくて。こうやって来ていただいた方の心に喜喜茶での時間が思い出になっていってほしい‥心からそう思いました。

毎月お顔を見れなくなるは寂しいですが、つながりは消えません。関東でのご活躍も応援しています。

最後にお二人から贈り物をいただきました。
P3096688.jpg


まるで前からここにあったかのようにしっくりとなじんだ四角い器。
P3096691.jpg


いつも手伝ってもらっている母にもいただきました。お花をいれても美しいカップ。
P3096698.jpg


夕方日が傾き、庭の木々が器に美しい陰を落としてくれました。
P3096711.jpg


今日の日を惜しむように。お稽古で使った桃の花を浮かべて。
P3096724.jpg


本当にありがとうございました。また会う日までお元気で‥。


  1. 2007/03/09(金) 20:22:52|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

春の味 続き

先日のブログでいかなごのことをお伝えしたのですが、今年は温暖化の影響か成長も予想外に早いようです。

今日買ってきたいかなごは日曜に買ってきたものよりさらに大きくなっていてびっくり!
これではもう釜揚げはできません。

しかもお値段が上がっていて日曜には1kg980円だったのが300円アップの1,280円になっていました。なんでも収穫量が少ないからとか。魚やさんもこのままだと今月いっぱいまでもたないだろうとおっしゃっていました。

ということで母ははりきって3kg購入し、一気に「くぎ煮」を炊き上げることにしました。

今回のいかなご。もうかなり大きい。7~8cmあります。
P3086647.jpg


煮詰めた状態。くぎ煮というのはいかなごの一本一本が釘のように固くまっすぐになることから名付けられています。
P3086650.jpg


いかなごの料理は釜揚げもかき揚げもくぎ煮も新鮮なその日のうちにしてしまわなければなりません。
でも奈良にくぎ煮が入荷されてくるのはどこも1~2時。くぎ煮は1kgずつしか出来ないので3kgだと3回繰り返すことになります。
1回にかかる時間は約1時間半。その間コンロから離れることは出来ません。

この日私は途中で帰ってしまったのですが、最後のが出来上がったのは夜の7時頃でした。大変な作業です。市販のくぎ煮が結構なお値段するのも分かります。

今年あともう1回ぐらいくぎ煮が出来るでしょうか?
いかなごさん、お願いね。
  1. 2007/03/08(木) 23:55:46|
  2. 食について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

春の味

春の味、もういただきましたか?

春の味と言えば、手軽にいただけるのは菜の花や春キャベツ。
うちではこの2つはヘビーローテーション。3日に1回ぐらいの割合で食べてます。

昨日は実家でごはんだったのですが、2月28日に解禁になった「いかなご」の初ものをいただきました。

いかなごは主に瀬戸内でとれるだしじゃこぐらいの小さな魚。実家では「解禁」をスタートに春の間に何度か買いに走ります。それが普通だと思っていたのですが、案外関西でも食べるご家庭は少ないとか。

こんなおいしいものを知らないなんて!

それではうちでのいかなごメニューをご紹介。(あまりの興奮ぶりに写真を撮るのを忘れてしまいましたが、もしもう一度食べることがあればUPします。)

まずいかなごの出始めの頃は必ず「釜揚げ」にします。塩をいれたお湯でさっとゆがいて、たっぷりの大根おろしでいただきます。ポン酢をかけて食べるのが一般的ですが、私はすだち酢のみであっさりといただくのが好きです。

いかなごは1kg単位でしか売ってないのですが、すべてを釜揚げにすると飽きてしまうため半分は三つ葉と一緒にかき揚げします。
昨日はこのいかなごのかき揚げと一緒にたらの芽と新ゴボウの天ぷらもいただきました。

ただ昨日買ってきて驚いたのは出始めというのにあまりの成長ぶり!やはり温暖化の影響でしょうか。でも十分釜揚げもかき揚げもおいしくいただきました。

そして一週間ぐらいしていかなごが成長してくると「くぎ煮」を作ります。スーパーで完成したものも売られてますがとっても高い!生を買ってきて自分で作った方がずっとおいしくて安全です。

来週あたり「くぎ煮」が食べられるかなぁ。楽しみです。



  1. 2007/03/05(月) 22:08:41|
  2. 食について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありがとう ラシーン

今日はラシーン最後の日でした。
5年前のこの日は喜喜茶の店主と旦那が結納をした日。
そんな記念すべき日にこれまで一緒に走って来た仲間と分かれ、新しい仲間へとバトンタッチすることになるなんて。

最後の日はドライブをしようと朝からお弁当を作って若草山に行ってきました。
P3036555.jpg


ラシーンといえばドラちゃん。会社を退職するときに同僚の皆からいただいたドラちゃんも連れて。一緒にドライブするのは3年前の四国旅以来。
P3036557.jpg


若草山に行ったのは鹿ちゃんと一緒に写真を撮りたかったから。
P3036565.jpg


鹿ちゃんとラシーンと。ドラちゃんはサンルーフから。
P3036575.jpg


やっぱり若草山は気持ちいい!
P3036591.jpg


彩りあまり良くないけどお弁当。お外でいただくおむすび最高!
P3036594.jpg


若草山の帰り道。今お水取りが行われている東大寺の大仏殿がきれいに見えます。
P3036623.jpg


離れがたい気持ちを抱えながら、新しい仲間を迎えに行きました。
この子がこれからの私たちの仲間です。
P3036627.jpg


ラシーンへ。
今までありがとう。
結婚式は風船で着飾って、家から父に手をとられて式に向かう私を見ていてくれたこと。
その後食事に向かう私たち夫婦を乗っけて走ってくれたこと。
パーティでは友達にスピッツの「青い車」を唱ってもらったこと。

一緒にいろんなとこへも行きました。
九州も行きました。四国にはドラちゃんも一緒に行きました。
夜中に淡路島で故障してJAFに来てもらったことも。
思えばいろいろとトラブルもあった手のかかる子でした。

私が喜喜茶を始めてからは大切な足となってよく働いてくれました。あふれかえるほどの荷物。重かったでしょう。

まだまだ乗ってあげたかったけど、まだまだ一緒に過ごしたかったけれど。
ごめんね。
今までお疲れさま。そしてありがとう。

ずっとずっと忘れないからね。

P3036573.jpg

  1. 2007/03/03(土) 22:07:03|
  2. うちの仲間
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桃の節句

明日は桃の節句です。

うちでは毎年「吉野雛」を飾っています。
奈良は一刀彫が有名ですが、私はこの土人形の素朴な感じが好きなのです。

飛鳥時代風の衣装がかわいい。
P3026486.jpg


さて先日喜喜茶のなじみのお客様から「友人に産まれた赤ちゃんの初節句のお祝いに行くのに、何かお茶を持っていきたいのですが‥。」とご相談いただきました。

そして今回ご用意させていただいたのは「細工茶セット」。
グラスにころんといれてお湯を注ぐだけなので簡単ですし、何より華やか!お茶の中から花が出てくる様子は春待ち遠しいこの季節にも、女の子の節句にもぴったりです。

3種類の名前はそれぞれ書き記したのですが、どんな細工かは入れてみてからのお楽しみです。喜んでいただけたら嬉しいなぁ。
P3026494.jpg


お茶は光を通さないことが何より大切。アルミの袋においれします。
P3026496.jpg


桃の節句のアレンジでラッピング。桃の枝を一輪添えて。
P3026514.jpg


実はご依頼いただいたお客様の娘さんも初節句。
同じお茶を喜喜茶からプレゼントさせていただきました。おめでとうございます!

☆☆お祝いやプレゼントなど、お茶をアレンジさせていただきます。ご相談くださいね。☆☆
  1. 2007/03/02(金) 23:05:18|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

気持ちのいい朝

今日は朝ごはんに久しぶりにスコーンを焼きました。

旦那がいれてくれるコーヒーと味がどんどんしみておいしくなったラタトゥユと一緒に。

明るい日射しの中、幸せな朝の時間。

P3016474.jpg

P3016481.jpg


今日からいよいよ東大寺二月堂の修二会(お水取り)が始まります。
お水取りが終わったら、奈良に本格的な春がやってきます。
  1. 2007/03/01(木) 11:35:39|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。