喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

祝!グランプリ!!

今朝テレビのニュースで河瀬直美さんの「殯(もがり)の森」がカンヌ映画祭でグランプリ(審査員特別賞)を受賞されたということを知りました。

おめでとうございます!!とても嬉しいです!!!

私自身奈良で育ったということもあって、奈良を舞台に作品を取り続けられている河瀬さんにとても共感し、10年前のカンヌ映画祭で「萠の朱雀」でカメラドール賞をを受賞された時からずっと応援しています。

8mmで撮影されたのミニフィルムもすべて見ています。
少しでも多くの方に知っていただきたいと前作の「娑羅双樹」は河瀬さんをお招きしてのお話会をさせていただいたりもしました。

そして「殯の森」。
喜喜茶が毎年中国茶(半発酵茶いわゆる烏龍茶)づくりをしている大和茶の産地が舞台になっています。そして私も出演される男性の方の袴の着付けをお手伝いさせていただきました。
それだけ思い入れのある映画でした。

だから今回の受賞は本当に自分のことのように嬉しいのです。
本当に本当におめでとうございます。

実は私が出産を予定している助産院は河瀬さんも出産をされたところです。
先日河瀬さんの出産体験をもとに「命」をテーマにされた映画「垂乳女」を見させていただく機会がありました。

私は河瀬さんの映像、特にドキュメンタリーの映像がとても、とても好きで、懐かしい気持ちで胸がきゅんとなって泣けてくるのですが、「垂乳女」も映像が始まる前からもう胸がいっぱいになってしまって、あふれる涙をとめることが出来ず、そのまま最後まで泣きっぱなしでした。

それは自分が同じ助産院で出産するからという理由ではなく、河瀬さんの命に対するあたたかいまなざしを通して、自分の母のこと、自分の命のこと、そして生まれくる命のことにあらためて思いをはせ、感動で心がいっぱいになったから。

今自分のお腹の中に新しい命が育っているこの時にこの作品が見れたことをとても幸運だと思います。
でもたとえそうでなくても、自分が母のお腹から産まれてきたという事実がある限りこの感動は変わらないと思います。

自分が今ここにいることへの感謝とそれをうけついでいくことへの責任と。

この作品もたくさんの方に見ていただきたいと思うのですが、興行権との関係でまだ自主上映でしか見ることは出来ません。もしどこかで出会えたらぜひ足を運んでいただきたいと思います。

「殯の森」。来月末からの公開が待ち遠しいです。

追伸
喜喜茶ベビーは順調に育っています。助産院での安産をめざし、食事も栄養を考えて作り、毎日1時間歩いています。







スポンサーサイト
  1. 2007/05/28(月) 08:56:41|
  2. 妊娠と出産
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

月便り お待たせしました!

お待たせしました!5月の月便り、本日発送いたしました!
喜喜茶の会の会員さま、本当にお待たせしました。

前号で「体調が良ければゴールデンウィークにだんなの里の九州に帰省して、茶産地を訪れて特集にします。」とお伝えしていたのですが、結局帰省はしませんでした。
体調はよかったのですが、あまり無理はしないほうがいいかな‥と考えて。

ゴールデンウィークはちょうど日本の茶摘みの最盛期なのでその頃にぜひ訪れたいと思っていたのですが、またいつか。

連休明けに特集の内容をあらためて考え直して取り組みはじめたのですが、なかなか完成しなくてようやく新月の日に発行することが出来ました。

遅くなってしまって心配されたかたもたくさんいらっしゃったと思います。ごめんなさいね。

さて、月の周期は短く今年は13月の閏年でちょうど来月が満月が2回ある月です。
月便りは満月の頃に発行させていただいてますが、来月は遅いほうの満月(30日)を予定しています。

1月半ほどお待ちいただくことになりますが、7月の満月も終わりのほうなので早いほうの満月(1日)にしてしまうとまるまる2ヵ月も空いてしまうので‥。

ではではお手元に届くまでしばらくお待ちくださいね!
P5188053.jpg


☆☆月便りとは‥☆☆
「喜喜茶の会」の会員さまに満月の頃に月いちでお送りしているお便りです。
入会金は1年が1,800円、半年が900円です。(送料込み)

特集号の月にはおまけが付きます。
今までのおまけは1月が北京のお茶のおすそわけ、3月が奈良茶粥の作り方ミニブック、5月が中国緑茶を使った料理レシピです。

月便りは喜喜茶の教室でもお買い求めいただけます。
おまけ付きの特集号は一部150円、お知らせ号は50円です。(特集号のおまけは喜喜茶の会の会員さまにお送りしているものと異なる場合があります。)

入会などのお問い合わせはmail@ichi-go-ichi-e.comまで。


  1. 2007/05/18(金) 19:53:53|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出張茶館と取材と

今日は個人的な出張茶館に行ってきました。
先々月に関西圏で放送されたNHKの「ぐるっと関西」を見ていただいた方から出張の依頼をいただいたのです。

個人といっても個人宅ではなくて、「奈良カトリック教会」の集会の日に普段は日本茶を飲んで休憩するところをちょっと趣向を変えて中国茶をいれていただきたいというご依頼でした。

人数はこれまでの出張最多の23名!1時間という限られた時間の中でどういう風にお茶を飲んでいただこうか‥と頭を悩ませました。

喜喜茶はどんな場所でも「茶館」にしてしまうのがうりです。たとえ人数が多くても講義のような形にはしたくない。この空間をこの時間だけ「茶館」にしてしまうには‥と考え、やはりいくつかの席を作ってそれぞれの席でお茶を飲んでもらうようにしました。

中国茶を本格的にいただくのは初めてという方もたくさんいらっしゃったので最初に中国茶についてちょっとお話。学校みたいです。
P5118001.jpg


各テーブルでまずは私がいれていきます。いれかたのコツをお伝えしてその後はみなさんにいれて体験していただきました。
P5118008.jpg


あっという間の1時間。みなさんわいわいと楽しみながらお茶時間を過ごしていただいたようで、部屋の中には絶えず笑いがあふれていました。

お茶を飲む時間に笑顔がある。喜喜茶にとってこれほど嬉しいことはありません。
今回も素敵な時間を私自身も過ごさせていただいて、本当に感謝です。

出産前の出張茶館はこれが最後になりそうです。出産後来年の春頃に復帰をめざしています。少しの間お休みをいただきますが、どうぞよろしくお願いいたしますね。
さてこの出張の様子、今回は日本経済新聞社の方に取材していただきました。
来週か再来週の火曜日の夕刊に掲載していただく予定です。
とても楽しみです。
  1. 2007/05/11(金) 20:27:20|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。