喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩茶と喜喜茶ベビー

旦那が先日京都の岩茶房さんで買ってきてくれた岩茶「鉄羅漢」と「鳳凰水仙」をいれてみる。

岩茶は私の中では冬に飲みたいお茶。
あつあつのお湯を茶葉にざっと注いだときに立ち上がってくる香りが冬の乾燥した空気に溶け込んでいく。
ひとくち、もうひとくちと流し込んでいくごとに体のすみずみまで広がり、ぽかぽかと暖かくなっていく。

P2161920.gif


私がお茶をいれているとおちびさんは大興奮。
私の顔を目を大きく見開いてじっとみて、手の動きに合わせてきゃっきゃとはしゃいでいる。
お茶が好きなんかなぁ。さすが私の子や。

お茶請けにゴディバのチョコレート。
ちょっといたずらして真ん中にお茶のお守りの豚さんをおいてみた。
これは北京のお茶屋さんにいただいたもので、茶盤においてお茶を入れるたびにお湯をかけると商売がうまくいくというお守り。お湯をかけると鼻やほっぺたの穴からぶくぶくと泡を出す。

P2171961.gif


実はこの豚さん、おちびさんそっくり。
笑けるぐらい、そっくり。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 23:51:05|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あみあみ教室

昨日は先週水餃子を一緒に作ったメンバーであみあみ教室。
赤ちゃんのくつを編みました。

P2151904.gif


お昼すぎから夕方まで、喜喜茶かあちゃんの指導のもとあみあみ。
みんな上手で片足ほぼ完成。
でも私はおちびさんを寝かしつけたり、おっぱいあげたり、おむつ替えしたりでなかなか編めなくて3段しか出来ませんでした。完成したらまたブログにアップします。いつになるやら。とほほ。

お楽しみはお茶時間。今回も手作りのお菓子を持ってきてくれました。
すごく贅沢なひととき。

P2151906.gif
  1. 2008/02/16(土) 23:00:06|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

そりと鹿男

昨日の話。
大雪の次の日。かまくらでおちびさんと写真を撮ったあと(旦那のブログに写真公開!)教室の前の公園でそり遊び。

私、実はマイそりを持っている。
なんせ前働いてたアウトドアメーカーでそり同好会(自称?)を作ってたくらいの大のそり好き。
奈良の南にある和佐又山のスキー場(これがリフトのないいい感じののんびりスキー場)にただただそり滑りに行ったり、滋賀の比良山のスノーシュー(雪の上をさくさく歩けるかんじきみたいなもの)ハイキングにそりをかついで行って途中よさげな斜面でひたすらそりで滑り降りたり。

そりは体を寝かせたほうがスピードが出る。
顔の近くを白い雪が流れていく。
忘れかけてたわくわくする感じが思い起こされて、もうはしゃぎまくり。

P2101819.gif


これはおちびさんも一緒にやっとかなと、ひざの上に乗っけてスピードをゆっくりにしてちょっとだけ滑ってみる。

P2101826.gif


でもあんまり分かってなかったみたい。
もうちょっと大きくなった頃にまた一緒に滑ろうね。

昼からは南果さんの楽市へ。
喜喜茶も何回か出店したことのある楽市。
回を重ねるごとに大きくなってきていて、南果さんのパワーに感心してしまう。

向かっている途中、奈良公園のあたりがいつもより若い人たちでいっぱいやなぁ、「鹿男あおによし」効果で奈良ブームがやってきたんかなぁと思って車で走っていたら、飛火野(とびひの)に何やらこんもりひとだかり。
ん?!とよくよく見てみると、撮影してる!鹿男あをによし!!
見たいよ~と叫んだけど、楽市が終わっちゃう。
帰りに寄ってみようと思ってたら、もう撮影は終わっていた。
残念・・・。
しゃべる鹿、会いたかったな。

「鹿男あをによし」かなり面白く出来上がってて、毎回旦那と「あ~ここ、あれやね!」とか言いながら見るのが楽しみ。
奈良ブーム、ほんまに来るかな。


  1. 2008/02/11(月) 23:20:58|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家族の写真

今朝、写真家の竹内さんの写真展のDMを受け取る。
実は10月のお宮参りの一日を撮っていただいた時の写真を使っていただいてて。

その写真はその日たくさん撮っていただいたなかでも大好きな写真。
こうやって使っていただけるなんて、本当に嬉しい。
もうこれは宝物。

普段ブログを書いていると記録として写真を撮ることがほとんど。
このお宮参りの一日の写真たちは記録というより、家族の記憶。
旦那の父母、私の父母、そして私たち夫婦とおちびさん。
家族のそれぞれの心の中の記憶がここにはある。

竹内さんに撮っていただいたこと、あらためて感謝。
ありがとう。ありがとう。

P2101759.gif


竹内さんの写真展は京都の長岡京にあるアトリエにて2月28日(木)~3月2日(日)に開催。
詳しくは竹内さんのホームページにて→STU:L

(注)喜喜茶のホームページでもリンクさせてもらっているのですが、前のホームページ"FILMnumber18"のままになっています。近々更新する予定ですが上記のアドレスからご覧くださいね。


  1. 2008/02/10(日) 23:13:19|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪!雪!雪!

先週雪が積もって今年はもう雪はないやろうって思ってたら今日はさらに大雪!
10時頃からどんどん、どんどん降り積もって15cmぐらい積もりました。

旦那はまたまたはりきって、今度はかまくら作り。

P2091729.gif


おちびさんサイズ。

P2091730.gif


明日一緒に写真を撮ろうね。
  1. 2008/02/09(土) 20:34:22|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オーガニックな布

奈良の大仏さんの裏に続く道の入り口に、とてもいい感じの服を作る二人のアトリエ兼ショップがあります。
NATIVE WORKS.さん。
もう随分前にブログでも紹介しました。

お二人が服作りに使われている布や素材のセールをされると案内をいただいて、朝からおちびさん連れて行ってきました。
私が愛用しているオーガニックコットンのニットのシャツもとても着心地がよくて、同じような生地でおちびさんのものを作ってあげたくって。

さすがお二人が選ばれた布はどれも素敵で、うんとうんと迷って、ようやく決めました。

P2081718.gif


何を作ろう。どう使おう。
やわらかい肌触りにそのままぐるりとおちびさんをくるんであげたいくらい。


  1. 2008/02/08(金) 23:02:55|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年好!!!

新年好!
今日は旧正月のお正月です。
前にブログでもお伝えしたように、昨日の大晦日は「年越し餃子」をいただく日。

いつもは教室のために作っていましたが、今年は純粋に家族のために。
月便りで「一緒にやってみたいかたいらっしゃるかしら?」とちらっと書いてみたら、ぜひにとおっしゃってくださる方がいらっしゃったので一緒にやることにしました。
おひとりは妊婦さん、もうひとりの方はおちびさんと同じ5カ月の赤ちゃん連れ。
手作りのお菓子や美味しいパンを持ってきていただいので発酵の合間にお茶をしたり、途中でおっぱいをあげたりと、にぎやかで笑いの絶えない楽しい水餃子づくりとなりました。

皮を包むのは最初はむずかしい!でも楽しい!

P2061690.gif


完成!いい感じですよ~。

P2061691.gif


今回挑戦したのは野菜の水餃子。
せっかく一緒に作るのですから、美味しい!と言ってもらえるものを作りたい。
先週試作を重ね、やっと完成したレシピ。
自分では大満足の味ですが、他の方に食べていただくとなるとどきどきするもんです。
試食タイムで「美味しい!」と言ってもらえてよかった、よかった。

これでまたひとつ喜喜茶オリジナルの点心が増えました。
来年のこの季節に登場する予定です。
お楽しみに!

ちなみに残りの分の餡が足りなくなってしまったので、新たに新作も作りました。
ひじき煮入りの焼きまんじゅう。

P2061698.gif


今回はこんなんもありかな?という感じでやってみたんですが、いつかこういう一緒に作りましょうというお料理サロンみたいなのも出来たらいいな。おちびさんつきで。

P2061700.gif



  1. 2008/02/07(木) 09:26:24|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ふきのとう

おちびさん連れて近所の百貨店にお出かけ。
お野菜のコーナーにはもうたらの芽やふきのとうが並んでいて、ふと九州のおばあちゃんがふきのとうの味ご飯(関西でいうかやくご飯)を作ったとメールをもらったのを思い出し、今晩のご飯をそれに決定。

お魚コーナーではなんと!富山の氷見の寒ブリが!!
氷見の寒ブリ、最高にうまいんよね~。特にブリかまが。
かまは無かったけど、切り身を購入。これは間違いなく塩焼きがうまい!
あとはあさりも立派だったのでみそ汁に。
これに菜の花の白和えにひじき五目煮でレシピ完成。

おうちに帰って料理開始。
ひじき五目煮を白和えを先に作っておいて、さあいよいよふきのとうご飯です。

ふきのとうは一緒に炊くのではなく、炊きあがった味ご飯に最後に混ぜます。
味ご飯はおばあちゃんに教わったのは干し貝柱をだしにして彩りにぎんなんやえびをいれて炊くのですが、あっさりと昆布だしにして油揚げとにんじん、えのきを入れて薄口しょうゆとお酒で味を整えて炊きました。
ふきのとうは花の部分を覆う皮を一枚残してあとは剥いてしまって、沸騰した湯でさっとゆでてあくぬき。そしてみじん切りにして固くしぼっておきます。
かなりあくが強いので量は少なめに。2合半の味ご飯に対して6~7個のふきのとうで十分です。
炊きあがったごはんにふきのとうを混ぜたとき、ふうわりとふきのとうの香りがただよってきました。

あさりのみそ汁を作って、ぶりに塩をして水気を拭き取って焼いたら完成です。

まずはふきのとうご飯をひと口。香りと一緒に苦みが口の中に広がりました。
あぁ、春だ。春の味だ。
そして身のしまったぶりをぱくり。ん~、うまい!

幸せ幸せ。やっぱり美味しいもん食べている時は幸せ。

おちびさん、今日のおっぱいは春の味ですよ~。

P2051680.gif









  1. 2008/02/06(水) 00:27:27|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

立春

春が立つ。
外はまだまだ寒いのに。
それでも時々差してくる太陽の光に春の明るさにつながるものを感じる。

立春大吉。
仏教の言葉だけれど、毎年この言葉を墨で和紙に書いて壁に貼るのが好き。

そして中国の点心、春餅を食べる。
本当は春いちばんのもやしだけど、買い忘れたので白菜にしよう。
にんじんと一緒に千切りにして黒酢でさっと炒める。
春餅でくるりと巻いて、かぶりつく。

おちびさんが美味しそうだなという顔で見ている。
もうすぐ、丸5カ月。離乳食が始まる頃。
おちびさんはきっとすぐに食べる。食べるの大好きな父ちゃんと母ちゃんの子だもの。

P2041667.gif

  1. 2008/02/04(月) 22:56:01|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

節分

朝目覚めたら外は雪が積もっていた。
予想してなかったので、びっくり。

おちびさんと一緒に写真を撮ったら、旦那は喜び雪だるまづくり、店主はこたつで丸くなる、ではなくてがんばれ~と応援。

P2031624.gif


P2031630.gif


P2031631.gif


節分なので巻き寿司(私は巻きおにぎり)をまるかぶりして、いわしを食べる。
小さく豆まきをして、年の数プラス1の豆を食べる。
紙で出来た鬼さんのお面を見せても、おちびさんは動じない。多分なにか分かってない。

今日は大きな転機が訪れた。
興奮しているのがおちびさんに伝わるのか、寝る前のぐずぐずがいつもより激しかった。

  1. 2008/02/03(日) 23:44:19|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

きのう何食べた?

最近あらためて気づいたことがあります。
本や映画の中に出てくる食べ物や飲み物を想像することが大好きということ。

それがとっても美味しそうだった時、何度も読み返して、声に出してみたりして、空想します。
その時間の幸せなこと。

毎週木曜日は旦那が「週刊モーニング」を買って帰ってくるんですが、その中に月いち連載の「きのう何食べた?」というマンガがあります。
弁護士の主人公は節約好きの料理好き。スーパーの特売品をうまく使ってバランスのいい料理を考えるあたりが妙に現実味があっておもしろい。
ちゃんとしたレシピが載っているわけでもないのに、読み終わったときすごく作りたくなるんです。

空想大好き。それを再現してみるのも大好き。

ちなみにきのう食べたもの。ちょっと「きのう何食べた?」風に書いてみよう。

菜の花とフレッシュトマトのパスタ。
オリーブオイルににんにくの香りをつけてたまねぎのみじん切りを炒め、福島の友人のお手製トマトソースと九州から届いた完熟トマトを湯むきしてサイコロ状に切ったものを加え、塩をふってトマトの甘みを引き出したら同じく九州からの菜の花をあらかじめ少量の水で蒸しゆでておいたのを混ぜて、アルデンテのパスタとからめる。最後にこしょうとオリーブオイルをまわしかけて。
天然酵母のオリーブ入りパンと蒸したおいもさんと一緒にいただきます。

P2011575.gif


夜は水餃子の試作に使ったしいたけとたまねぎとにんじんのみじん切りの重ね煮が残っていたので、それを使って麻婆豆腐。
にんにくとしょうがのみじん切りをこげないようにごま油で炒め、れんこんのみじん切りを炒めてねばりけが出て来たら重ね煮のみじん切りを加え、醤油、紹興酒、甘酒、みりん、ごまペースト、みそ、豆板醤で味付け。豆腐とねぎを加えて、水溶きくずでとろみをつけて完成。
それに同じく前日はポトフにしたしいたけ、じゃがいも、かぶ、日ノ菜、にんじん、れんこんの重ね煮にみそを加えて具だくさんのみそ汁にして。

あとは甘いほうれん草を少量の水でさっと蒸し煮にしてごまペーストときなこ、醤油、すりごま、はちみつで和えたものと常備菜のひじき入り五目煮と一緒に。

さてさて、作ってみたくなりましたか?






  1. 2008/02/02(土) 23:29:57|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水餃子

ここ2、3日、ニュースでは中国製の冷凍餃子のことばかり。
食の安全の問題は年々深刻になっています。
少し気をつけて、少し手間をかければ安心した食事は出来ると思うのですが、このめまぐるしく流れて行く世の中はいったいどういう方向に向かって走っているのでしょうか。
子育てをしてると時間が過ぎるのはあっという間だけど、出来るだけ丁寧に暮らしていきたいと心から思います。

さて餃子と言えば、来週の2月7日は旧正月。
中国の多くの地域では大晦日に水餃子を食べます。
「年越しそば」ならぬ「年越し餃子」。
毎年2月の喜喜茶のおけいこでは喜喜茶特製の水餃子をお出しするのですが、今年は産休中のため家族のために作ります。

いつもは豚肉をたたいてミンチを作るところから始めますが、今回はお肉を使わない旬の冬野菜の水餃子。肉を使わずどこまでジューシーなものが出来るか、挑戦です。

おとつい、昨日と昼から試作作り。
いろんなパターンを考えて、あれを使ってみようか、これではどうかと思いつくままレシピを考えます。

段取りを頭の中にいれて、おっぱいをあげたら、いざ開始!
次のおっぱいまでの1時間半が勝負の時間です。
ちょっとぐずついたらばあちゃんにお願いしてあやしてもらって、またおっぱいの時間がやってきたら中断して。
毎日の家族のご飯づくりもそうだけど、限られた時間でいかに段取りよく料理するかが結構楽しい。

試作を重ねて完成!野菜水餃子!納得の美味しさ。
P1311500.gif


1日目にいまいちやったレシピも蒸し餃子に変えるだけで味が際立ったり、具の味付けを変えて焼きまんじゅうにしたり。
P1311497.gif


餃子にはプーアール茶がよく合う。特にいろんな種類を食べ比べる時は口の中をさっぱりさせて次の味を確かめるのに必要。
P1311508.gif


一緒においもさんを蒸す。ほっくりして甘いおいもさんは蒸しただけで立派なデザート。
P1311510.gif


美味しいうえに体にいいときたら、どんどん食べれてしまう。
P1311511.gif


中身野菜だけやし、味もマイルドやから離乳食の進んだ小さい子も一緒に食べれそう。
こんなランチの食べれる店、あったらいいな。出来たらいいな。





  1. 2008/02/01(金) 10:49:21|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。