喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10月の喜喜茶の季節のお茶教室

10月の季節のお茶を楽しむクラスは「清香と濃香 飲みくらべ」。
台湾の文山包種茶を二種類。
今年の春のものと二年ものの熟茶を飲んでいただきます。

熟茶とは焙煎をしっかりとかけたもの。文山包種茶といえば発酵も焙煎も軽いのが特徴ですが、台湾の地元ではこういう焙煎のしっかりとしたものもお好みで作られたりしています。
二年の時を経て、いい感じにまろやかになってきた熟茶。
秋の一日にぴったりのお茶です。

一緒にいただく点心は「れんこんときのこのジャージャン麺」。
ジャージャン麺はいつも夏の暑い季節に食べていただいているのですが、今回は秋の味覚を使ってちょっと肌寒い季節にふさわしいジャージャン麺をご用意します。
おいしくなってきたれんこんに、きのこ、秋なす。お肉は使わずお野菜だけのヘルシーなお味噌。
麺は自家製手打ち麺です。

そしてデザートは「なしと白きくらげの糖水」。
この季節になると中国でよく見かけるデザート。乾燥しがちな季節に身体を潤してくれる薬膳です。

今月も単発で参加していただきやすいように土曜日と平日にそれぞれ一日ずつ設定しています。
この日以外にも3名さま以上であれば別に設定することも可能です。
お友達をお誘い合わせいただいて、お茶を楽しむ時間を過ごされてはいかがでしょう。
日程や時間などはメールもしくは電話にてご相談お受けしています。
(ベビースペースもございます。お子さまのいらっしゃるお母さんもお気軽にお問い合わせください。)

☆☆10月の季節のお茶を楽しむクラス☆☆

日:10月18日(土)と10月28日(火)
時:10時半より(約1時間半)
料金:お一人さま 2,500円
場所:奈良の学園前の自宅での教室です。詳しい場所はお申し込みいただいた時にお知らせします。

今月は福岡での出張茶館の準備などのため、茶館(カフェ)のほうはお休みさせていただきます。




スポンサーサイト
  1. 2008/09/30(火) 11:34:03|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

嬉しい再会

今日は朝からわくわく。
だって喜喜茶の教室の最初の生徒さんが東京から遊びに来てくださるのですから!

2004年に出張茶館として喜喜茶を始めた頃は教室をするなんてまだまだ先のことと思っていたけれど、一年後に母の友人に教えることになり、そうやって教室を始めたことをブログに載せたのをどこから見つけていただいたのか、問い合わせをいただいたのが縁の始まり。
一度もお会いしたことがないし、知り合いではない人に初めて教えるということで当日まで緊張、緊張だったのですが、一緒にお茶を飲むうちにレッスンが終わるころにはすっかり和んで。

旦那さんのお仕事の関係で2年ごとに転勤があるので奈良におられるのは短期間。
その間も教室だけではなくイベントなどにも遊びに来てくださったり、一緒に大和茶の茶畑で青茶作りをしたり。
奈良を離れられる時は本当に寂しい思いをしたのですが、それからも月便りをずっと送らせてもらっていて、いつかまた奈良に遊びに来られる日を心待ちにしていました。

久しぶりにお会いしたのに全然そんな気がしなくて、変わらない姿になんだか涙が出そうなくらい嬉しくて。
よくぞ、よくぞ、また来てくださいました。
離れても、時が経っても、こうやってまた尋ねてきてくださる。繋がっていてくださる。
こんな嬉しいことはありません。
こうやってずっとずっとお付き合いさせていただけるなんて、なんてありがたい。
心から感謝です。

一緒に旅をされているお母さま、妹さんと一歳五ヵ月の甥っ子ちゃんも一緒にごはん。
食べて、お茶飲んで。おしゃべりして、笑って。楽しい楽しい時間。

これからもこうやってずっとずっとおつきあいくださいね。
ありがとう。


  1. 2008/09/29(月) 23:56:54|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

季節のお茶の会 そして 茶館

昨日は季節のお茶を楽しむクラス。
クラスといってもお稽古というよりは一緒にお茶を楽しむ会と言ったほうがふさわしいなぁ。
季節に合わせたお茶と点心とデザートを楽しむ会。
そうだ。次からそう呼ぼう。

7月に再開してからこの単発の会にはほぼ毎回お子さん連れのお母さんが参加。
昨日は4ヵ月の赤ちゃん連れのお母さんと1歳5ヵ月の娘ちゃん連れのお母さん、そして7ヵ月の妊婦さんの3人。
うちのおちびさんは最近同じぐらいの年の子たちと遊ぶことが楽しいので嬉しそう。
途中おっぱいあげたり、抱っこしたり。お母さんはなかなかお茶に集中できないこともあるけれど、この季節の会はお茶の入れ方や作法を教えることが目的ではないので、その時に一緒になったひとたちが楽しくお茶時間を過ごしてもらえたらそれが一番。

午後からは茶館。
前回はお客さまが来られなかったので今回もあんまりかなぁと思っていたけれど、嬉しいことに予約をいただいて飛び上がりそうに嬉しかった。
今までは出張で自分が出向いていくのでお客さんが少なくても旅人気分だったけど、自分のスペースを構えるというのはまた違う。
「待つ」というのは期待を含む。
お店をやるというのはこの気持ちをつねに持っていることなんだろうか。

午前の会に参加いただいた妊婦さんも午後に迎えに来られた旦那さんとゆっくりお茶してくださったり、先週の土曜日にao takeさんのお茶会で一緒になった方が来てくださったのが本当に本当に嬉しかった。

本当に本当にありがとうございました。

いろいろあせったりもするけれど、大切にしたいことはひとつ。
たくさんの方に来ていただくことではない。有名店になることでもない。
貴重なお金と時間を使って来ていただいた方ひとりひとりにゆったりとした気分になって満足して帰っていただきたい。
メニューの内容や値段を決めるのは頭を悩ませるけれど、それを忘れないようにしたい。

また次回の茶館もどうぞよろしくお願いします。

最後に。
いつも写真を撮ろうと思いながら忘れてしまうので、素敵な写真を撮っていただいたみなさんのブログをご紹介させてください。

南果さんブログ

ネコムラさんブログ

☆☆お知らせ☆☆
南果さんでは27日(土)に『九月の市~南果のロール祭とミニマーケット』が行われます。
ネコムラトウキテンさんはじめ、おいしい方が大集合。
喜喜茶も初級のお稽古の日ですが、終わり次第行く予定です。

南果さんのサイトはこちら


  1. 2008/09/25(木) 22:53:14|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋好日

20080923110623
今日は秋分の日。結婚記念日。とても気持ちのいい空の下、公園の大きな木にみんなに風船着けてもらって、白い布のバージンロードひいて、ウクレレの調べにあわせて家から父と歩いていった。あれは6年前のこと。
今日はこれから岐阜の百草さんへ。ちょっとした日帰りの旅。おちびさんはチャイルドシートですやすや。ipodにお気に入りの曲詰めて。
よき一日になりますように。
  1. 2008/09/23(火) 11:06:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月の夜

今日は十五夜。中秋の名月。

お月見のご飯はいつも俵型の白いおむすびに里芋、蓮根、高野豆腐、しいたけ、こんにゃくのお煮しめ。
それに今晩は手羽中の海老ペースト焼きにお野菜の南蛮漬け、枝豆。

そして甘いもんは今年は月見だんごの代わりに月餅。蓮の実を炊いて作った餡の中には塩卵の黄身と栗の甘露煮の二種類。
おちびさん用に小さな小さな月餅も用意。

小さな小さな月、召し上がれ。
  1. 2008/09/15(月) 06:38:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

お稽古と茶館

今日は季節のお稽古の日。
昨日おちびさん珍しく早く寝てくれたと思ったら、1時頃に起きて激しく泣き出して。おっぱいあげても、抱きしめても、歌を歌っても、夜中の散歩に連れ出してもダメ。私たちが疲れ果てていつの間にか寝てしまって、おちびさんもようやく諦めたみたい。朝目が覚めたら折り重なるように寝てました。

眠い目をこすり、雑菜(チャプチェ)と春餅を焼いて、さぁお稽古。
今日は産休から再開後初めてお子さまなしの季節のお稽古。でも生徒さんのお一人はおちびさんより2カ月早い娘ちゃんがいるお母さん。今日は旦那さんに見てもらっての参加。癒しの時間になったかしら?

午後の茶館はお客さまもなく、明日がじいじの誕生日やしケーキでも買いに行くか~と買ってきて家族でお茶時間。
まだまだ最初やし、こんなもんよね~なんて話してたらとことことやってきたのはねこたん。
「最初のお客さまや~」と笑いあうのもまた楽し。
そんな感じなので24日も多分ゆるりとやってます。お子さま連れでもお一人でも。本でも持ってのんびりどうぞ。

茶館メニュー

○○今月のお茶○○
・黄金桂
・東方美人
・ムーンロック(大和紅茶)
一壺(工夫式) 各700円
一杯(蓋椀) 各600円
☆乾果付き、追加のお湯代込み☆

お子さま用大和のほうじ番茶
一杯 200円

○○点心○○
・チャーシューまんじゅう
・月餅(蓮の実餡。塩卵もしくは栗入り)
・凍頂烏龍茶梅
各300円

P9135422.gif

今月の点心「雑菜餅」
  1. 2008/09/13(土) 23:09:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

月は何でも知っている

今日は朝から明日のお稽古と茶館の準備の追い込み。
昨晩浸けておいた蓮の実圧力鍋で炊いている間にチャーシューまんじゅうをの餡を合わせる。
おちびさんは最近お母ちゃんべったりなんで、何とかあやしながらやるけれど、それでもあかんかったらおんぶ。一番安心するのかそのままうとうと。

まんじゅうの生地をまとめて寝かしている間におちびさんのお昼ご飯と自分のご飯をさっと準備。お味噌汁に冷や麦をいれたもの。ちょうどいい加減に覚めたころにおちびさんが目を覚ます。
おとついあたりから「いやいや」を覚えて食べたくないもんは口に持っていっただけでいやいやと首をふる。でも冷や麦は好きみたい。ちゅるちゅると上手に食べる。ご飯の後は大好きないちぢく。
しばらく遊んでいる間にまんじゅうを蒸す。今回も産休前最後のお稽古に作ったのと同じ、メガサイズ。これからの定番サイズ。

jp1f105.gif

月餅は二種類。蓮の実餡の中にうずらの黄身と栗と。どちらも中から黄色いお月さまが現れるように。

じいじが帰ってきたのでおちびさんを見てもらう。じいじの弾くウクレレの音に身体をゆらゆらと揺らすおちびさん。曲は中国の古い歌「月は何でも知っている」。大好きな映画「ラブソング」でテレサテンが歌っている曲。

さて、月と言えば明後日は十五夜。それにちなんで今月のお稽古は黄金桂に雑菜(チャプチェ)の餅巻きと月餅。
午後からの茶館では月餅の他にチャーシューまんじゅうもあります。(限定20こ)
月餅は優しい味で今までの月餅のイメージががらりと変わるはず。
一日早い月をお茶と一緒に楽しみにいらっしゃいませんか?
1~4時まで。お待ちしています。

jp2f105.gif
  1. 2008/09/12(金) 22:28:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お誕生日

おちびさんの初めての誕生日。

早起きしてミアズブレッドさんのサンドとかぼちゃのスープ、ヨーグルトに日向夏のマーマレード、コーヒーといった朝ごはんを食べて、さあみんなでヨガへ!

爽やかな気持ちのいい朝。身体をゆっくり動かしていると少しずつ目覚めていく。
仰向けになった時に視界に入ったのは青い空に綺麗ないわし雲。
一歳の誕生日の空。
P9075156.gif

帰ってからお祝いの準備。鯛の尾頭付きに旦那の母が持ってきてくれたささげのお赤飯。枝豆の白和えにお煮しめ、野菜の南蛮漬け。自家製たこ焼き!(私が小さいころなりたかったたこ焼きやさん。美味しいし楽しいもんね!)
喜喜茶の定番だった蓮の実餡まんじゅう。桃の形をしたこのまんじゅうは本来長寿を願って誕生日にいただくもの。
P9075203.gif

P9075225.gif

さあ準備が出来たらまずはおちびさんに一升餅をせたらわせて(大和弁。背負わせてという意味)ハイハイ。でもやっぱり重かったみたいで二三歩進んでよろけてごっちん。その姿が可愛くてみんな笑ってしまうけど、おちびさんは本気泣き。お餅を踏ませてる時もわんわん。

P9075204.gif

P9075206.gif

ご飯のあとはいよいよケーキ。誕生日にはやっぱりケーキを焼きたくて、おちびさんもたくさん食べれるように卵とバターは使わずに豆腐クリームで大好きないちぢくや果物いっぱいのっけたケーキ。
一本のろうそく立てて、七色の鉄琴でハッピーバースデーの曲を奏でて登場。贈り物はおちびさんの星座の守護石のジャスパーのペンダント。しばらくはお守りとして、そして大きくなったらペンダントとして着けられるように。

P9075330.gif

おちびさん、お父ちゃんとお母ちゃんのとこに来てくれて一年無事に育ってくれてありがとう。
これからもいっぱいいっぱい笑って暮らそうね。


P9075242.gif

  1. 2008/09/07(日) 23:46:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

0歳最後の日

今日はおちびさん0歳最後の日。

昨日の夜おちびさんがやっと寝てくれたあと、めずらしく寝付けなくて妊娠日記を読み返してみた。
おしるしがあった日から旦那が書いていてくれた日記。とても細かく記録してくれていて、まるで昨日のことのようによみがえる。

なかなか陣痛が強くならなくて、うながすためにイオンの中をふーふー言いながら歩いたこと。
そのあとモスバーガーでサウザンアイランドバーガーを食べたこと。
赤ちゃんの頭が反対になっていることが分かってよつんばいの姿勢で過ごしたこと。
夜の間ずっと助産師さんが陣痛がくるたびに私の尾骨を押さえてくれたこと。
全部、全部一年前の今日のこと。

今日はそんなことを思いながら助産所に挨拶に。無事一年元気に育ってくれたおちびさんを見てもらいたくて。
出産した和室に窓から差し込む明るい光。
そういえば初めて出産の申し込みお願いに来た時、この光の中で生もうと決めたんだった。

おちびさんの身長と体重をはかってもらう。写真も一緒に撮って。

その後北九州から出てきてくれた旦那の両親を迎えに行き、そのまま若草山山頂へ。ここから奈良の町を眺めるのがすごく好き。
おちびさんと鹿さんのご対面も実現。

帰りがけ、猛烈に雨が降り始めた。
天気雨。明るいのに降っている。こんな時は虹が出やすい。
おちびさんが生まれた日も虹が出た。
虹が出てほしい出てほしいと何度も願っていたら、本当に虹が出た。
それも大きなきれいな虹。

そんな0歳最後の一日。

明日は朝早起きして平城宮跡の青空ヨガへみんなで行こう。
先生は同じ助産所で出産された先輩。
7時半から。第一太極殿の近くです。

P9065119.gif

P9065144.gif





  1. 2008/09/06(土) 23:58:29|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一年前のこと

一年前の昨日の夜、テレビを見ていてなんかお腹が重いなぁと思っていたらおしるしがやってきた。
「きたよ!」と伝えた時のだんなの顔。今でも目に浮かぶ。

待ちに待ったものがやってきた期待と不安。
おしるしからすぐに出産にいたるわけではないことを母親学級や本で教えてもらっていたので、とにかく次の日の検診を待つことにしたけど、お腹が痛くなってくるのとどきどきするのとであまり眠れなかった。

そして一年前の今日が出産予定日。
ところが検診ではまだ子宮口が開いていないと言われ、すっかり入院する気でいろいろ車に詰め込んできたのに一旦帰ることに。

10分置きぐらいにお腹が痛むようになってきて、助産所に電話したのがちょうどこれぐらいの時間のこと。
いよいよかと産む気まんまんで向かったけれど、ここから丸3日かかろうとは。

あれから一年。
長い長い時間をかけて生まれてきたおちびさんは、あんなに小さかったのに今はすっかり大きくなって。

もう少しで一歳。
この一年を振り返るとよく生まれてきてくれたなぁ、よく育ってくれたなぁと心から思う。
それが誕生日を祝うということ。
この歳になったら歳をとるということがあまり嬉しいことではなくなってきたけれど、でも本当はありがたいことなんだと気付かされる。

さあ、もうあと少し。0歳のおちびさんをしっかり目に体に覚えておこう。

P8104884.gif

  1. 2008/09/03(水) 22:39:51|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しゅんしゅん やかん

今日は移動雑貨屋 basket m's zakka martさんが喜喜茶にやってこられました。
お願いしていた銅のおやかんをたずさえて。

はじめてbasketさんの存在を知ったのは、池崎継仁さんの個展。そのお店に置いてある古道具がbasketさんが選ばれたものたちでした。

その後喜喜茶がNHKに取材していただいた時のカメラマンさんと一緒だったということを、たまたまbasketさんの取材に遭遇した生徒さんからお聞きしたり、AIDAさんの市でお見かけしたり。

大好きなお茶を飲みながら、ようやくゆっくりとお話することができました。

「出張」というスタイルでお店をすることは大変だけれど、楽しい。
そんなことをお話していると、やはり喜喜茶も無理のない形で「出張茶館」も続けていきたいなと改めて思いました。

自宅に戻っておちびさんを寝かしつけた深夜、さっそくやかんをしゅんしゅん。
とっておきのダージリンをいただきました。

いつかbasketさんと「古い道具とお茶」展、やりたいと思っています。
楽しみです。

P9015101.gif




  1. 2008/09/01(月) 23:55:53|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。