喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山の上マーケット ありがとうございました

静かな静かな朝の時間です。

昨日の山の上マーケットにはたくさんの人が来場され、大盛況となりました。
会場は4年前に閉校になってしまった童仙房の小学校。
数日前に下見に行った時は寂しげな様子だったのですが、昨日はたくさんの人で学校も息をふきかえしたようで、校庭の遊具もこどもたちに囲まれて嬉しそうに見えました。

囍茶の出張茶館にもたくさんの方にお越しいただきました。
ありがとうございました。

主催の童仙房の陶芸家の清水善行さんの奥さまから「童仙房で作られた在来種のお茶を清水さんの器を使っていれてくれませんか?」とお話をいただいたのは二ヶ月前のこと。
とても嬉しいお申し出でした。

お茶そのものをおいしいと思ってもらいたいし、いれ方もわぁっと楽しい気分になるようなものにしたい。
せっかくの空間なのでゆっくりと過ごしてもらいたい。
そんなことを考えながらあらかじめ分けていただいた煎茶とほうじ茶を使って、ああでもない、こうでもない、といろんな試作を重ねてきました。

そして完成したのが「煎茶の氷出し」と「ほうじ茶の氷ぜんざい」。

氷出しは急須を使わずに見た目にも涼しく茶碗とれんげを使って、お客さまの目の前でおひとりずついれさせていただきました。
お茶の話をしたり、器の話をしたりしながら一杯目をおいれしたらあとはご自分で。
氷のとけていくのを待ちながらお話に花を咲かせたり、校庭でおこなわれているゲームを眺めて笑ったりされている姿は本当にいい雰囲気でした。

氷ぜんざいは7種の豆とおいもさんと白玉だんご。
ほうじ茶のかきごおりをかけてしっかりと混ぜて食べていただきます。
ぜんざいはあっという間に売り切れ、たくさんの方に美味しい美味しいと声をかけていただき、本当に嬉しかったです。
沖縄の氷ぜんざいと台湾の八宝氷をアレンジした囍茶オリジナル氷ぜんざい。
またどこかで作りたいと思います。

今回はだんなが仕事で一緒に来れなかったので、私がお茶担当、ばあばに氷ぜんざいを担当してもらいました。
私が生まれたときから使っているかき氷機は超レトロでがりがりするだけで重労働!おちびさんがお昼ねしてからは、子守りで来てもらっていたじいじが手伝ってがりがりしてくれました。
相変わらずの家族経営ぶりなのですが、今回は童仙房の住民のおかあさんおふたりに器の洗いものなどを手伝っていただいて本当にありがたかったです。
ありがとうございました。

今回もお店はどちらなのですかとよく聞かれました。
自宅を改装したお茶ルームでのときどき茶館も今は教室を中心にしているのでちょっとお休み。
おちびさんがもう少し大きくなって余裕が出来きたら、また再開したいと思っています。

それまでは出会いの茶館。
またどこかでみなさんにお会いできますよう。

P8299462.jpg


☆囍茶の出張について☆
今回のように依頼をいただけたら出張いたします。
「この茶葉を使ってお茶をいれてください」とか、
「この器を使ってお茶をいれてください」とか、
「作品展に合わせてお茶をいれてください」とか、
「この食べ物やお菓子に合わせてお茶をいれてください」とか、
「この集まりにお茶をいれてください」とか。

お客さまのご希望をお伺いし、イメージに合わせたお茶空間をつくらせていただきます。
点心やスイーツなどもご相談ください。





スポンサーサイト
  1. 2009/08/30(日) 10:29:02|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

山の上マーケット

いよいよ明日は「山の上マーケット」です。
囍茶は童仙房の在来種のお茶を使ってお茶とスイーツの出張茶館を開きます。
小学校の校庭の木陰の下にならべた学校机と椅子で、のんびりとお茶とスイーツを楽しんでくださいね!

お茶
 茶   童仙房在来種 煎茶2009 氷仕立て
 器   清水善行
 氷   童仙房の水
 乾菓  京都巨椋の蓮の実なっとう

スイーツ
 童仙房在来種ほうじ茶の氷ぜんざい(7種の豆や芋やだんご)

オープンは12時から。
みなさまのお越しをお待ちしています!

P8259414.jpg



  1. 2009/08/28(金) 20:39:14|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高知の味

今日の晩ご飯は高知の味。

日曜市で買った新ものの栗を使った栗ごはん。
同じく日曜市で買った大好きな破竹は、ほうじ茶を届けてもらっている茶農家さんからおすそわけのモロッコインゲンと一緒にかつおぶしたっぷりの出汁で炊いて。
そしてカツオのたたき!高知産のカツオではないけれど高知の地元のお店でいただいたように塩味にして、土曜日のオーガニックマーケットで買った無農薬のぶしゅ柑をたっぷりとしぼっていただきました。

ぶしゅ柑ってあまり聞かないですよね。黄色くて大きい仏さんの手のような形をした「仏手柑」とはぜんぜん別物。
高知ではこのぶしゅ柑、農家の庭先によく植えられるらしくてお店のおじさんの話では「ぶしゅっ!」と咲く(?!)ところから名前がついたそうなのですが。
すだちに似た小さい緑色のみかん。でもすだちより香りはおだやかで、高知の地元の人はカツオのたたきだけでなく、焼きさんまなどいろんなところですだちの代わりにこれを使うそうです。
お魚などの本来の香りを生かしてくれる引き立て役として最適なんだって。
無農薬なので皮も使えます。すりおろしてお豆腐にのっけてもきれい。

このぶしゅ柑のお店のおじさん、実は8年前に日曜市で無農薬の小夏を買わせていただいたおじさんなのです。その次の年もやはりおじさんのところで小夏を買って。
でもそれ以来ずっとお会いしていなかったので、今回ぜひ会いたいと思っていたら土曜日のオーガニックマーケットで出店されていて嬉しい再会を果たしました。
日曜市でもまたお会いしたのですが、時間がなくてあまりゆっくりお話できず。
でもまた会いに行きま~す。

P8269427.jpg
ぶしゅ柑

P8269439.jpg
おじさんがおまけでくれた夏みかん。

今回初めて行った土曜のオーガニックマーケット、面白かったです。
また改めてレポートします!








  1. 2009/08/27(木) 23:55:32|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜の植物園とお茶

高知から帰ってから、奈良は肌寒いくらいの朝晩の冷え込み。夜には虫の鳴き声も聞こえ、すでに秋が近づいているような気配です。

先週末は高知への夏の旅に合わせ、牧野植物園で「夜の植物園」のエコカフェに出店してきました。
たくさんの方にお茶を飲んでいただいたこと、とても嬉しく思っています。
あらためてお礼申し上げます。ありがとうございました。

出店をした場所の目の前は木造の回廊で丸く切り取られた青い空といきいきとした植物たち。小さな池には夜の植物園のための色とりどりの灯籠が並んでいました。
ひとり出店の準備をしながら聞こえてくるのは夜のライブの高野寛さんの声とギターの音。
おちびさんは板の間が気持ちいいのかをはだしであっちへうろうろ、こっちへうろうろ。
これから来ていただくお客さまのことを想像しながら水だしのお茶のぐあいを確認したり、だんなと一緒にはしゃぐおちびさんに手を振ったり。
こんなゆったりとした気持ちで準備をするのは初めてでした。
それはなんだか涙の出るような幸せな時間でした。

それまで今回の出店には「本当によかったかな・・・」と迷う気持ちがありました。
道のりの長さ、準備の大変さ、おちびさんへの負担。
まわりからは「大丈夫?」と心配される声。
それでもやると決めたのは自分の直感を信じぬいたからでした。
きっと何かが、ある・・・と。

大好きな高知という場所で、憧れの牧野植物園で、愛しいお茶をいれる。
そのことだけでもう嬉しくてたまらないのですが、私が大切にしている「お茶をおいしく飲んでいただく」という仕事を支えてくれる家族がそばにいるということ。
そのありがたさにあらためて感謝の想いでした。

そんな家族のためにもお茶をおいしくいれて、飲んでいただいた方に幸せな気持ちになってもらわなくては。
そんなことを考えながら準備をしていました。

P8229391.jpg


そしていよいよ開店。
「お客さまは来られるかしら?」最初のそんな心配はどこへやら。
つぎつぎとお茶を求めにお客さまが来てくださいました。
水だしのお茶を瓶にすでに移してあるのでそれを注ぐだけなのですが、それでも「おいしく入りますように・・・。」と想いをこめておいれしました。
お茶をいれるのに何よりも大事だと思っていることです。
カップを戻しにきていただいたお客さま(カップについては後で書きます)に初めて「おいしかったです。」と言っていただいた時の嬉しさは忘れられません。

他にもおいしかったからと同じお茶をおかわりしに来てくださったり。
全部飲んでみたいと3種類順番に飲んでいただいたり。
おうちでもいれたいとお茶の葉を買っていただいたり。
「また来てください」と声をかけていただいたり。

このお茶を通じて初めての人と気持ちを通わせられるライブ感はこういう形の出張茶館でしか味わえない醍醐味。
茶を通じて喜びがつながっていく・・・それが「囍茶」なのです。

今回は地元のお茶もいれたくて選ばせてもらった国友農園さんのりぐり茶。
こちらは氷出しでじっくりいれた極上の一杯をエスプレッソのように少し飲んでいただくちょっと贅沢な楽しみ方。
ありがたいことに社長の国友さんがお忙しいなか駆けつけていただき、いろいろとお茶の話も聞かせていただきました。
高知の自然の茶園、いつかぜひ訪れたいと思います。

出店されていた他のお店の方も本当にいい方ばかりで、これまでと違う形で高知とつながりが出来たことも嬉しいことでした。高知、やっぱりいいなぁ!

そして牧野植物園のスタッフの方々には本当にお世話になりました。
私が出店させていただいたエコカフェは「夜の植物園」という企画の一部。
ほとんどカフェのほうにいたので全容をお伝えできないのが残念なのですが、最後の方だんなにお店をお願いしておちびさんを連れて植物園を散歩しました。ちょうど夜の植物園ツアーをされていてスタッフの方が懐中電灯を持って植物の説明をされていました。
牧野富太郎さんが集めてこられたさまざまな植物の夜の様子を楽しそうに説明される様子がとても印象的でした。
この植物園を支えておられるみなさんの植物園への愛情があるから、こんな素敵な企画ができるのだと思います。
参加させていただいたこと、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

囍茶の出店は一日だけでしたが「夜の植物園」は今週末の28日(金)と29日(土)も行われます。ぜひぜひおすすめします。
これを書いている私もあの夜の空間にまた行きたくて行きたくてうずうずしています。


最後にカップのこと。
毎年この「夜の植物園」のエコカフェは「マイカップ」「マイはし」「マイバッグ」。
それでもお持ちでない方のほうが多くてと担当の方から聞いていました。
お祭りなどで大量のゴミを見かけるたびに疑問をいだいていたので、囍茶の出張ではいつも使い捨てのものは使わずすべて器を運んで行きます。それに紙コップではお茶がおいしく感じられるはずがありません。
そこで今回使ったのは「リユースカップ」。
3年前に奈良のくるみの木さんの初夏の蚤の市に出店したときも利用したリユース食器ネットワークでカップをお借りしました。
嬉しかったのは奈良でもリユースカップを取り扱う団体が昨年出来たこと。NPO法人 奈良ストップ温暖化の会 (NASO)です。
リユース食器ネットワークはイベントなどでの飲食のゴミを減らそうという目的のために作られました。団体によって条件はいろいろですがほとんど無料もしくは格安で食器をお借りすることができます。ただ返ってこなかった分に関しては負担しなければいけません。
実際お茶をお渡しするときにリユースカップの説明をして返却のお願いをしたのですが、2こは戻ってきませんでした。
そのリスクを考えたら紙コップやプラスチックコップのほうが安いし、荷物も小さくてすむし、返ってから洗浄する手間もかかりません。
便利さを追いかけると使い捨てになるのでしょうが、それでも環境に負担をかけないことを囍茶は選んでいきたいと思います。

P8229378.jpg




  1. 2009/08/25(火) 20:58:51|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

囍茶ベビー&ママの会 「食べることは育つこと。だいどころ飛鳥さんとおにぎりづくり」

囍茶のベビー&ママの会のお知らせです。

2009年9月12日(土)11時より 囍茶お茶ルームにて
「食べることは育つこと。だいどころ飛鳥さんとおにぎりづくり」

おにぎりのケータリングをされている「だいどころ飛鳥」さんと一緒におにぎりづくりをします。
飛鳥さんのおにぎりはいろんな味でおいしくって栄養満点でそしてあったかい。
食べることの大切さ、作ることの楽しさをみんなで分かちあえたら・・・。
私の娘ももうすぐ2歳。「食べさせること」について日々悩む毎日です。
でもまずは「食べること」から。
最近食育という言葉をよく聞きますが、今のように食事のスタイルの選択肢があまりなかった時代は「おうちごはん」はごくごくあたりまえのことだったと思うのです。
おにぎりはそんな昔からのおうちの味。あったかい味。
おにぎりを通して子育て中のお母さんたちと「食べること」についていろいろお話できたらいいなと思っています。

参加は一緒ににぎにぎしたいお子さんも、まだまだ抱っこの赤ちゃんのおられるお母さんも、そしてこれから出産を迎えられるお母さんも大歓迎です。

おにぎりのあとは囍茶のお茶とおやつもあります。
お茶は日常であり、時には非日常でもあるもの。
今回は日常のお茶とおやつの楽しみをお届けしたいと思います。

参加費 2000円
予約はこちらまで↓
mail@ichi-go-ichi-e.com

囍茶ではこれからも「ベビー&ママの会」として小さなお子さんと子育て中のお母さんのための楽しい企画を考えていきます。
お楽しみに!


P8209369.jpg
昨日飛鳥さんが当日に使われるおにぎりの紙芝居を持ってきてくださいました。
うちのおちびさんは表紙をひとめ見ただけでもうとりこ!
「来月の楽しみにね~。」と言い聞かせたのですが、飛鳥さんが帰られるまでずっと紙芝居が入ったかばんを指さして「これこれ!」と言ってました。

☆追記☆
定員に達しましたので締め切らせていただきました。
ありがとうございました



  1. 2009/08/21(金) 08:25:42|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

出店のお知らせ

久しぶりの出張茶館のお知らせです。

2009年8月22日(土)
高知県立牧野植物園 「夜の植物園」 エコカフェ 出店

IMG.jpg

詳しくは牧野植物園ホームページへ↓
牧野植物園

いよいよ今週末となりました。
高知は大好きなところ。
夏の旅にと予定していたら、ひょんなことから出張茶館することに。
夏の夜の植物園でお茶。
東方美人、ジャスミンローズ、無農薬台湾烏龍茶、それぞれをじっくり時間をかけて水出しで。
それと地元高知、仁淀川の自然栽培の茶園「国友茶園」の在来種のりぐり山茶を氷出しで。
夏の定番点心、台湾パイナップルケーキ「鳳梨酥(ふぁんりんすー)」を販売します。

2009年8月29日(土)
京都山城の童仙房にて開かれる「山の上マーケット」に出店します。

IMG_0001.jpg

くわしくはこちら↓
童仙房工房

今回は囍茶のお茶ではなく童仙房の茶農家さんが在来種で作られているお茶を地元の陶芸家清水善行さんの器でいれさせていただきます。
煎茶は茶碗とれんげを使って氷出しで、ほうじ茶はいろんなお豆いっぱいの台湾かき氷「八宝氷(はっぽうぴん)」仕立てにします。

みなさま夏の終わりのひとときをゆっくり過ごしにいらしてくださいね。
  1. 2009/08/20(木) 23:28:32|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月のお茶教室

8月のお茶教室は初級の今日と昨日の2日間だけ。
まだ残暑が残る今月と来月は「白茶・黄茶」です。

白茶 有機白牡丹、白龍珠
黄茶 君山銀針

8月の点心は夏の定番ジャージャン麺。肉を使わずお野菜だけのヘルシーなジャージャン麺です。
そしてデザートは香港スイーツの「楊枝甘露」。マンゴーとみかんの甘いスイーツです。

RIMG0104.jpg

9月はまた違う白茶と黄茶、そして点心とデザートを初秋のしつらえで楽しみます。

教室へのお問い合わせはこちらまで↓
mail@ichi-go-ichi-e.com
  1. 2009/08/19(水) 23:17:23|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏休み


RIMG0092.jpg

P8099277.jpg

RIMG01022.jpg

P8099279.jpg

RIMG0108.jpg

RIMG0138.jpg

RIMG0157.jpg

RIMG0169.jpg

P8109348.jpg

RIMG0175.jpg

夏休みもあとすこし。
月便り夏休み編もお楽しみに。
  1. 2009/08/14(金) 23:49:44|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

空中大和茶カフェ

奈良の夏の風物詩、燈花会がはじまりました。
ことし楽しみにしていたのは「空中大和茶カフェ」。
奈良の大和茶の茶農家さんたちご自身でいれられるお茶をいただくことができます。

この企画をされたのが茶農家のひとつ井ノ倉茶園の井ノ倉光博さん。
品茶で毎年賞を取られるその技術もすばらしいのですが、ご自身のブログや商品のパンフレットから伝わってくるお茶への思いが好きで、ずっとお会いしたいと願っていたのがやっと実現しました。

昨日はその井ノ倉さんがお茶をいれられる日。
井ノ倉さんのお茶は前に買って自分でいれたことはあって、その時もおいしいと感じましたがやはりご自身にいれていただいくとなると格別。
とても丁寧にいれられる姿が井ノ倉さんのお人柄を表していました。
お茶の味というのはとても正直です。
お茶を育てた人、作った人、そして入れた人の思いがその入ったお茶に現れると私は思っています。

中国や台湾、アジアの国々での食習慣としてのお茶に魅かれ、お茶とそのまわりの食文化を伝えたいと囍茶をはじめて4年がたちます。
お茶が中国から最初に伝わったとも考えられる奈良に住んでいることに縁を感じ、大和茶や茶粥など奈良のお茶と食文化についても私なりに伝えようとしてきました。

こうして茶農家の人ががんばっておられる姿を見ると、私にもできることを続けていきたいとあらためて心に強く思うのです。

普段は5時には閉まってしまう県庁屋上。360度の大パノラマ。
燈花会の期間中は夜も上がることが出来ます。
夜景もいいですが、夕暮れが最高にきれいです。
空中大和茶カフェはこのさらに上のスペースで行われています。
RIMG0088.jpg

しつらえはくるみの木のオーナー石村由起子さん。
奈良のものを使ったしつらえも見所です。
RIMG0096.jpg

極上の一杯。
RIMG0095.jpg

燈花会は来週14日の金曜日まで。
奈良のかたも、奈良以外のかたもぜひ。
  1. 2009/08/07(金) 08:18:45|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フランス菓子の時間

以前囍茶の教室にも来ていただいていたAtelier Sonoki お菓子教室のsonoちゃんの夏のデザートの会「Dessert ete デザート エテ」。
夏のフランス菓子を堪能してきました。

20090802040050

20090802040047

20090802040044

20090802040052


スフレ作りのプチレッスンではおみやげに持っていった今年の東方美人を急遽いれることに。プチレッスンならぬ、プチ出張茶館。
こんなふうにあちらこちらでお茶をいれるのもいいなぁ。
  1. 2009/08/02(日) 04:00:56|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。