喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

元気をいただく

今日の元気。

ミアズブレッドさんのパンの朝ごはん。
青空の下に干す洗濯物。
庭の茶の木に咲いた花。
朝の公園への散歩道。
飛鳥さんの明るい笑顔。
ばあばの元気そうな様子。
ここちゃんの歩く姿。
外に広がるゴスペルの声。
靖子さんの鮮やかなシャツの色。
おちびさんの表情。
おいしくできた厚揚げとわかめの炒め物。
ほかほかおひつご飯。
おちびさんを寝かしつけたあとの一杯の紅茶。

たくさんの元気をありがとう!
また明日もいろんな元気に会えますように!
スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 00:41:18|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

奈良の本

明日10月20日発売のエルマガジン社から出る「奈良の本」に、山の上マーケットに出張した時の様子をちらっと紹介していただいています。
あの店も、この店もたくさん出てますよ。
見かけられたら探してみてくださいね!
  1. 2009/10/19(月) 08:01:20|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は午後からミアズブレッドさんへお茶をいれに行きました。
いつも出張の時は母やだんなにおちびさんを見てもらうけれど、それができないのでお休みしようかと思っていたのですが、連れて来てもいいよと言っていただき結局連れていくことにしました。

でもそれは想像していたよりもとても、とても大変でした。
結果としてまわりの人にたくさんご迷惑をかけてしまいました。
お茶を飲んでいただいたお客さま、おいしいお菓子をつくってくれたまっちんさん、様子を見にきてくれておちびさんの相手をしてくれた仲間、ミアズブレッドのみなさん、そして母を求めるおちびさん・・・。
本当にごめんなさい。

あせる気持ちでいっぱいのお茶はどんな味がしたのでしょう?
非日常のお茶時間を味わってもらうためにせっかく来られたのに・・・。
いつもならお客さまの目の前で器をあたためてお茶の話などしながら一杯ずつお入れするのですが、結局途中から別の部屋でいれてお茶を運んでいくスタイルになってしまいました。
それでは囍茶のお茶の良さが十分伝わらない・・・と分かっていながらも。

私の中途半端な気持ちがこういう結果になってしまったのですね。
やっぱり囍茶のお茶は幸せな気持ちになるお茶でありたい。
こどもが生まれてからもそれをお届けできたのは家族の支えがあったからこそ。
改めて気づかされました。

心配して来てくれた飛鳥さんやえっちゃん。
お二人がいなければもっと大変なことになっていたでしょう。
感謝の気持ちでいっぱいになるとともに、こどもを預けながらプロとしての意識を持ってお仕事をされている飛鳥さんも、子育てに専念してお二人のお子さんを育てておられるえっちゃんも、自分でやるべきことを選択してそれをきちんとこなされていることに女性として、母としてのしたたかさをしみじみ感じていました。

今まで私は本当に恵まれていたんです。
でもこれからはそれに甘えてばかりもいられません。
この先一人の自立した女性として、母として、私はどうやっていきたいの?
子育ては?囍茶は?
その答えは自分の中にあるのですね。
今はそれを見つめ直すいい機会と思って、ゆっくり納得のいく答えを出したいと思います。

いろんな方から励ましのコメントやメッセージをいただき、本当に嬉しく思っています。
母の体調は今ずいぶんと良くなっています。
何より嬉しいことです。やはり元気がいちばん!です。

囍茶のお休みの間もほうじ茶などのお茶をお分けしています。
私の自宅まで取りにきていただく、もしくは発送となります。
気軽にお問い合わせくださいね!








  1. 2009/10/16(金) 22:36:51|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

今週は母の体調がよく、ほっとしています。
やはりごはんが食べれるってありがたい・・・。

今月は母の体調のこともあってお茶の教室はお休み。
今まで母におちびさんをみてもらいながらだったので、母の存在のありがたさをあらためて感じています。

母が完全回復するまでお休みするのか、回復したとしてもこれまでのように頼っていいのだろうか・・・。
おちびさんをどこか他で見てもらうのか、ある程度大きくなるまで待つのか・・・。
囍茶をどうしたいのだろうか・・・。
毎日、毎日自分がどうすべきなのか考えています。

とりあえず今大切なのはできるだけ母のサポートをして、おちびさんの成長を見守ること。
それぞれの様子をみながらできることをやっていこうと思っています。

月便りがなかなか書けませんが、忘れているわけではないのでもう少し待っていてくださいね。

明日のミアズブレッドさんへの出張は予定通り行きます。
今回はまっちんさんの和菓子に合わせてお茶をいれます。
ミアズブレッドさんにはこどもスペースもあるので、おちびさんも一緒に連れて子連れ出張です。お
時間は午後1時から。
まっちんさんはこのために販売とは別のスペシャル和菓子を用意してくれるようで、そんな秋の和菓子に合うように昨日の夜に台湾のオーガニック烏龍茶を自家焙煎しました。
焙じたての香り高い烏龍茶を味わいにいらしてくださいね。


囍茶の親子の会に参加していただいた方たちと親子ピクニック。
飛鳥さんのご実家の丹波の栗と枝豆、おいしかったなぁ。
ピクニック1

RIMG0173.jpg

RIMG0183.jpg

ピクニック2


  1. 2009/10/15(木) 08:13:16|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

おやこ文化祭にて

いろんなものが目覚めようとしている朝。
まだおちびさんは夢の中。
久しぶりにブログを書いています。
このひと月、自分のまわりでいろんな変化があって、それについていくのでいっぱいいっぱいになってとても文を書く気持ちになんてなれない・・・そんな毎日でした。

昨日は「おやこ文化祭」の出店。
これもほとんどお知らせ出来ないまま迎えてしまいました。
十分な準備も出来なくて予定していたお茶と点心の販売はお休み。
だんなの「親と子のお茶ワークショップ」だけ行いました。
お茶と点心を楽しみにしていただいた方には本当にご迷惑をおかけしました。
そして企画準備をせっせとされていたフタコブラクダさんにも・・・。

おちびさんも2歳を迎え成長とともに子育ても難しいところが出て来たり、母が体調を崩したりで、囍茶もそれに合わせていろんな形で対応していくことが必要だなと今感じています。
今までやってきたことが今までのように出来なくなることはひとつの壁ではあるけれど、それを無理に乗り越えようとせずになだらかな違う道を探してみようと思っています。

少しスローペースになるかもしれませんが、どうぞこれからも囍茶とゆっくりおつきあいくださいね。

  1. 2009/10/11(日) 07:19:28|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。