喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食べるを作る

土用の日から干し始めた梅干しが昨日完成。
初めて成功した梅干し。
嬉しくて感激。

P7261834.jpg

庭のきゅうりがわさわさ出来始めまhした
一日一本のペース。
最初は生でがぶり!
最近はぬか床がいい状態なのでせっせとぬか漬け。

P7241823.jpg

P7241829.jpg

1月に仕込んだお味噌のカビをせっせと取って。
今年は雨が多かったもんなぁ。
あともう少しで出来上がり。

梅干し、ぬか床、お味噌。
日本の伝統食づくりは面白いです。

日本の伝統食と言えばマクロビオティック。
昨日はマクロビオティックの教室の日。
なぜマクロビオティック?
妊娠、出産を機に食には気を使ってきたけれど、
マクロビオティックを本格的に勉強してみようと思ったのはやはり家族が病気になってから。
人の細胞は食べるもので出来ていて、病気になるのも細胞だけど治っていくのも細胞。
マクロビオティックは食べ物と身体の関係をいろいろ解き明かしてくれます。
完全なマクロビオティックな生活は難しいけど、家族のために自分のために生かせていけたらと思っています。

8月に初めて囍茶の点心教室をします、ご興味ある方は・・・と月便りに書いたところありがたくも数人の方から連絡をいただき、一日だけ小さな小さな教室をすることになりました。
料理を本格的にやっていない私が教えるのもなぁと思っていたのですが、そんな素人の私だからこそ伝えられることもあるはず。
これまで囍茶の点心は家族や教室の生徒さんに安心して食べていただける点心をと考えてきました。
この教室を機会に大切な人のためにおうちでも気軽に作ってもらえたらいいなと思っています。
マクロビオティックもちょっぴり意識しながら・・・。





スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) 23:21:22|
  2. 食について
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子の会 ワークショップ

先週囍茶の親子の会でワークショップを行いました。
テーマは「からだにやさしい夏のお手入れ対策」。
こどものためのアロマを使ったベビーパウダー、虫除けスプレー、虫さされのみつろうクリームづくりをしました。

教えてもらったのは私が通っているマクロビオティックの教室の先輩。
同じ助産所「わ」で出産された1歳の赤ちゃんがいるお母さん先生です。
少し前におちびちゃんのあせもが気になってどうしようかと悩んでいた時にパウダーを手作りされたという話を聞いたのがきっかけ。
せっかくなので親子の会の方にも声かけて一緒に作ったら楽しいかなと思い企画したのが今回のワークショップです。
これまでの親子の会に来ていただいた方やつながりのある方に声をかけたところ、とてもたくさんの方が興味を持たれていたようでお母さん9人、子ども10人(!)のにぎやかなワークショップとなりました。

ひとつひとつはとても簡単に出来るのですが、一人ですべて揃えていちから作るとなるとやっぱりちょっと大変。
こうやって一緒に出来て良かったなぁと思いました。
元気いっぱいの子どもたちは暑さでお外にも行けなくてちょっと退屈だったかな?
でも一人のお母さんが図書館で大きな絵本を借りて来てくださったのでとっても助かりました。(ありがとうございます!!!)

P7271837.jpg
みつろうクリーム、虫除けスプレー、ベビーパウダー。

P7211821.jpg

おやつは桃とぶどうの葛よせ。大人には東方美人とジャスミンローズの水出し茶も。

ここのところ毎日暑いのでベビーパウダーは大活躍してます。
お庭に桃の木を植えているので、桃の葉のローションも作ってみようかな。







  1. 2010/07/27(火) 09:08:17|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

童仙房でお茶つくり

大和茶に引き続き、京都の童仙房でも烏龍茶(青茶)づくりを行いました。

童仙房は8月末に囍茶も出店する「山の上マーケット」が行われる場所。
京都と奈良の県境、南山城村の山の中にあります。
宇治が近いとあって山城村ではお茶作りが盛ん。童仙房でも何軒かの茶農家さんがあります。

今回お茶作りをさせてもらったのは在来種のお茶。
在来種というのはもともとその自然に育って来たお茶のこと。
日本の緑茶づくりは育てやすく煎茶に適したやぶきたという品種に植え替えることで発展してきました。
均一性を求められる煎茶にとってやぶきたに少しでも在来種が混ざるとお茶の価値はぐんと落ちてしまうため、在来種はどんどん姿を消していきました。

でも在来種には生まれ育った大地の血が流れています。
だんなが例えたのはやぶきたは都会からやってきた優等生、在来種はその土地で生まれ育った野生児。
在来には在来の香りやおいしさがあるのです。

これまで大和茶で青茶づくりをやってきて、やぶきたという日本の蒸し緑茶向けに生み出された品種で青茶を作ることには限界があるなぁといつも感じていました。
お茶作りの楽しさを体験しましょう!というワークショップとは別に、自分が求めている青茶を作りたいという気持ちがずっとあって、今回在来種で作らせてもらうのをとても楽しみにしていました。

一週間前の梅雨模様とは違ってお茶作りには最高のいいお天気。
期待で胸がわくわくで前日はなかなか眠れなかったぐらい!
一緒にお茶作りに参加いただいたのは童仙房の茶農家さん始め、今回アレンジしてくださった陶芸家の清水さんご夫婦、木工家具作家さんのご夫婦、子どもと一緒のお母さんたちなどなど。


P7181764.jpg

P7181773.jpg

P7181786.jpg

P7181801.jpg

P7181810.jpg

P7181816.jpg

さて、今回どんなお茶が出来たかというと・・・何とも香りの上品ないいお茶が出来ました!
お茶を発酵させている時の香りは甘い果実の香り。
お茶を淹れている時の香りは優しい花の香り。
あぁ、お茶作りってやっぱりいいなぁ。
いつか自分の茶畑を、という思いがさらに強くなりました。

一緒に作っていただいたみなさん、本当にお疲れさまでした。
そしてお茶を分けていただいた茶農家さん、ありがとうございました。
また来年もぜひお願いいたします。

このお茶は「山の上マーケット」で氷出しにいたします。
去年大好評だった「いろいろお豆のほうじ茶氷ぜんざい」もあります。
ほうじ茶も同じ在来種で作られたほうじ茶です。
今回も清水善行さんの器でいれさせてもらいます。
童仙房で生まれ育ったお茶をぜひ楽しみにいらしてくださいね!

山の上マーケット2010
8月29日(日) 11時~17時
京都府相楽郡南山城村童仙房 旧野殿童仙房小学校にて
☆詳細はお問い合わせください
  1. 2010/07/24(土) 23:01:24|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小屋のちいさなお茶会 7月

小屋のちいさなお茶会、7月は「冷たいお茶、ひんやり」。
よやく梅雨明けを迎え、冷たいお茶にふさわしい夏日となりました。


P7171711.jpg
おもてなしの氷出し。

P7171717.jpg
日常の水出しは3種。気分に合わせて、食べ物に合わせて。

P7181760.jpg
今回のお菓子は「野菜のベニエ」。かぼちゃ&シードとドライトマト&バジルの2種。
ぱかっと割ると黄と赤の鮮やかな夏らしい組み合わせ。

P7171713.jpg
おうちでお茶会BOXは水出し用中国茶の茶葉3種と囍茶特製パイナップルケーキ。

IMG_1013.jpg
お茶会が終わって突然降り出した豪雨。
真夏の始まりをつげる雨が上がったあとに生まれたダブルレインボー。
この日の帰り、偶然出くわした打ち上げ花火。
思いがけない、夏の贈り物。

今回のお茶会にもいろいろな場所から参加いただきました。
奈良女子大を今年卒業され、愛媛から来ていただいた方。
一緒に誘ってくれたお友達は和歌山の方。
3年前に作った北京ブックが縁で自宅の教室にも来ていただいている神戸の方。
ミアズブレッドさんのパンが好きで初めて参加いただいた同じく神戸の方。
そして地元奈良から来ていただいた方。
本当にありがたいことと感謝しています。
このお茶のひとときが来てくださった方の心に残りますように。

8月の小屋のちいさなお茶会はお休み。
家族の夏休みもかねて去年も参加した高知の牧野植物園のエコカフェに出店します。

次回は9月18日(土)14時より。
9月22日の中秋の名月にちなんだお茶をいただきます。
詳細はまた後日ご案内します。






  1. 2010/07/22(木) 23:53:21|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大和茶で烏龍茶(青茶)づくり 2010

P7111529.jpg

P7111534.jpg

P7111536.jpg

P7111543.jpg

P7111552.jpg

P7111569.jpg

P7111575.jpg

P7111589.jpg

P7111604.jpg

P7111648.jpg

大和茶でつくる烏龍茶(青茶)。今回で8回目を迎えました。
今年は梅雨が長くて当日の朝まで予報とにらめっこでやきもきしたお天気も、なんとか奇跡的にもってくれて。
おちびちゃんのてるてるぼうずのおかげかな。
お日様が出ない分発酵が弱くなってしまったけど、雨の香味のする優しい味わいのお茶が出来上がりました。
どんな条件でもみんなで力を合わせて作ったお茶は美味しいと感じます。
何より大切にお茶の葉を育ててくれている茶農家さんのおかげ。
無農薬でお茶を作り続けるのは大変なことだけど、その努力はお茶の味にちゃんと出ています。
今年もいいお茶づくりが出来ました。
参加いただいた皆さん、おいしいおにぎりを届けてくれた飛鳥さん、そして大事なお茶を分けていただいた竹内さん。
ありがとうございました。
そろそろ皆さんのところにお茶が届く頃かしら。
好きお茶時間となりますように。
  1. 2010/07/16(金) 23:22:23|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

小屋のちいさなお茶会 7月

「小屋のちいさなお茶会」7月のお知らせです。

テーマは「冷たいお茶、ひんやり」。
これからの季節にぴったりの冷たいお茶いろいろをいただきます。
贅沢に時間をかけてじっくりといれる氷出しのお茶。ちょっとしたおもてなしのコツなどもお伝えします。
水出しのお茶は前日から用意しておいた数種を飲み比べ。
ミアズブレッドさんのお菓子との組み合わせも楽しみましょう。
最後はお持ち帰りの水出しを自分でも作ってもらいます。
また前の週に予定している「大和茶での烏龍茶(青茶)づくり」で作った出来立てのお茶も登場するかもしれませんよ。
なんとももりだくさんな7月のお茶会。
皆様の参加をお待ちしています!

P8259413.jpg 氷出し


  時  7月17日(土)14時より 1時間~1時間半
  場  MIA’S BREADさんの庭の小屋
  茶  中国茶種々 
  菓子 MIA’S 特製 夏野菜のベニエ 
  料金 お一人さま 1,500円

☆定員8名様。予約制となります。


「おうちでお茶会BOX」も販売します。
 
 季節のお茶と囍茶の小さな点心のセットです。
 お茶の淹れ方のしおり付き。
 おうちでもお茶会を楽しんでみませんか?

 7月の「おうちでお茶会BOX」    
  茶  水出し用中国茶 
  点心 囍茶特製パイナップルケーキ(2個)
  1BOX 1,000円
  お渡し 7月17日(土)お茶会終了後
     MIA’S BREADさんの小屋にて

 ☆3日前までの予約制となります(限定数)

パイナップル




「小屋のちいさなお茶会」「おうちでお茶会BOX」
 どちらもご予約はこちらまで↓
メール mail@ichi-go-ichi-e.com 







  1. 2010/07/01(木) 21:32:45|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。