喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山の上マーケット 2010 ありがとうございました

今日は8月最後の日。夏休みが終わろうとしています。

先日の日曜日、京都南山城村の童仙房での山の上マーケットが終わりました。
来ていただいたみなさま、ありがとうございました。

忘れ物大王の私ですが、今回はこれまでで最強の忘れ物。
山の上に着いて、さぁ荷物を広げましょうと思ったら・・・ない!かき氷機が!
慌てて届けてもらうことになったのでした。

そんなこともあって氷ぜんざいのスタートは遅くなってしまったのですが、販売開始したと思ったらあっという間に完売。楽しみにしていただいてたのに食べてもらえなかった方、本当にすみませんでした。
とても手間がかかるため、あまり数がご用意できないのです。
でも来年はもう少し増やせるように工夫したいと思います。

氷ぜんざいですが5種の豆は1種類ずつ炊き、それぞれの豆の味が生きるように調整しながらてん菜糖で甘みをつけています。
ほうじ茶はきちんと香りが残るように氷にします。
今年はさつま芋は先週高知に行った時に途中の徳島で手に入れた鳴門金時の新もの、白玉は国産有機もち米100%の白玉を使いました。
器は童仙房の陶芸家、清水善行さんの器を中心に古い漆を使っています。

山の上の小学校の木陰の茶館にふさわしい涼を感じるお茶スイーツ。
1年で一度、この時だけの限定スイーツ。
また来年もこの場所でお届け出来ますように。

今年の氷出しのお茶は7月に童仙房の在来種で作らせてもらった烏龍茶を清水さんの大きな鉢で淹れさせていただきました。
清水さんに筆で書いてもらった和紙は烏龍茶づくりで最後にお茶を鍋で乾燥させるときに使ったもの。
よく見ると真ん中がお茶でうっすら茶色に染まっています。
それと木にはお茶を揉むのに使ってとてもきれいに放射線状のお茶色に染まった白いてぬぐいをかけました。
気づいてもらえたかしら?


P8292194.jpg

P8292190.jpg

P8292189.jpg

P8292188.jpg

P8292213.jpg

P8292209.jpg


終わったら飛鳥さんから嬉しいメール。
山の上は囍茶さんにぴったりです、と。

そしてこはるちゃんが描いてくれた、「お茶を淹れている囍茶さん」。
すごい嬉しかった!!!こはるちゃん、ありがとう。

2010083012430000.jpg

来年になったらうちのおちびさんも描いてくれるようになってるんかな。
今年は最後のほうお客さんの茶杯に氷出しのお茶をれんげですくっていれたりしていたおちびさん。
看板娘となる日も近い!?

山の上マーケットの実行委員の方々、準備に運営、片付けなどなど本当におつかれさまでした。
今年も参加させてもらって本当に良かった。
童仙房にお住まいの方々も素敵な場所をありがとうございました。
そして今回ヘルプしてもらったゆりちゃん、ありがとう。
来年は布もぜひ一緒にね。

たくさんの人で賑わった山の上の廃校になった小学校は、今日はもういつもと同じ静かな時間を過ごしているのかな。
明日から9月。
よい8月最後の日となりますように。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/30(月) 16:31:52|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

山の上マーケット 2010 本日です!

お知らせが今になってしまいましたが、本日京都山城村の童仙房での山の上マーケットに出店します。

囍茶は昨年に引き続き童仙房在来種のほうじ茶を使ったいろんなお豆いっぱいの氷ぜんざい、そしてお茶は7月に童仙房在来種で作らせてもらった烏龍茶の氷出しを淹れます。
ほうじ茶の氷ぜんざいは去年よりさらに贅沢になっていますよ!
限定50食ですのでお早めに。
在来種烏龍茶の氷出しは大きな氷柱を使ってじっくりとできるお茶を飲んでいただきます。
どちらも去年と同じく童仙房の清水善行さんの器を使います。

今年の山の上マーケットはお店の数も増えてさらに賑やかになりそうです。
8月最後の日曜日。
ぜひご家族で山の上にいらしてくださいね。

P8282179.jpg

  1. 2010/08/29(日) 02:06:27|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高知の旅 2 夏休み編

牧野植物園での出店を終え、2日目3日目は夏休み。

2日目。
高知恒例の日曜市でお昼ご飯の田舎寿司を買って仁淀川へ。
世界で一番石が拾われるというほど石の種類が豊富なこの川でちょうど行われていたのが「水切り大会」。
おちびさんはかっぱの審判に大興奮。

ちなみに何とも面白そうなこの大会を企画されている方の一人が、植物園でのエコカフェでも淹れた高知山茶の国友農園さん。
仁淀川の上流の山の中で国友さんのお茶は育っています。
石の種類の多さは水の味も豊かになり、それがお茶の香味にも影響するよう。
今回は出店以外はおちびさん優先なので茶園を訪れる事は出来なかったけど、いつかぜひ私も訪れたいです。

水切り大会と同時に行われていたのは「ハートの石コンテスト」。
おちびさんと一緒にせっせと石拾い。

P8222110.jpg

P8222103.jpg

P8222119.jpg

P8222113.jpg

P8222121.jpg

P8222123.jpg

川でたっぷり遊んだあとは高知の中心に戻って、アトリエM2さんで福田里香さんのかき氷をいただく。
福田さんのかき氷の本はもともと持っていたのだけど、まさかここで出会えるとは!

P8222125.jpg

3日目。
海へ。
テーブル珊瑚が広がるという浜へ。
岸から5mも泳ぐとそこは珊瑚パラダイス。
青や黄色のしましまの魚たち。ずっとずっと一緒に泳いでいたいと思うほど。
おちびさんも上から覗いて青いお魚さんとお話。
いつか一緒に泳げるようになる日が楽しみ。
おみやげは小さな小さな貝。

P8232136.jpg

P8232141.jpg

旅の最後は電車。
本当はアンパンマン号に乗ろうかと思っていたけど、ちょっと遠いのでごめんなはり線に。
海のすぐそばを走る電車。
ひたすら続く海岸線を見ながら走る電車。

P8232162.jpg

P8232164.jpg

旅の終わりが近づくと、いつもちょっぴり感じる寂しさ。
日が少し傾きかけた海を横目に車で走り抜け、街の中に突然現れたドキンちゃん。
せつない気持ちをちょっと笑顔にしてくれてありがとう。
牧野さんにやなせさん。
こんな素敵な方たちを生み出した高知。やっぱり素敵。

またね、高知。
また来るね。

P8232171.jpg









  1. 2010/08/27(金) 21:42:55|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

高知への旅 1 夕暮れエコカフェ出店

高知への出張そして夏休みから帰ってきました。
去年に引き続き、牧野植物園の夕暮れエコカフェに出店。
仁淀川で川遊びやテーブル珊瑚の広がる海でお魚と遊んだり。
たくさんのおいしいもんや素敵な人との出逢い。
大好きな高知で過ごした三日間。
今回は「出張編」です。

牧野植物園の夕暮れエコカフェ。
今年は8月の第2土日、第3土日と4日間開催されました。
囍茶は第3土曜のみの一日だけの出店でした。
一年ぶりの植物園は入り口に新しくなった大きな温室が完成していた他は去年と変わることなく、牧野富太郎が愛したたくさんの植物たちで生き生きとしていました。
エコカフェが並ぶ回廊は丸く空を切り取るような屋根に囲まれて、その中心には小さなビオトープがあります。
おちびさんに「ここ、覚えてる?」と聞くと「覚えてる!久しぶり!」。
そして早速ビオトープに探検。小さな植物の世界もおちびさんにとってはわくわくするものでいっぱいです。

さて今年も用意したのは囍茶の夏の定番、水出しの中国茶。
特に牧野植物園では植物にちなんだものを選んでいます。
まずは去年も大人気だったジャスミンローズ。
ジャスミンの花の香りをつけた緑茶にハマナス(ローズ)の花をブレンドした囍茶のオリジナルのお茶。
そして東方美人。ウンカという虫の作用で生まれる花のような香りに甘い蜜のようなお茶。
もうひとつは国友農園さんの高知山茶。仁淀川の上流の山の中で育つお茶は山の気の香りにあふれたお茶。
その3つのお茶を前日から半日かけてじっくりと香りと味を引き出しました。
エコカフェとあって基本はマイカップ、マイ食器なのですが、持って来ていない人のために今年も用意したのはリユースカップ。カップは使用後はきっちりと洗浄して返却するシステムになっています。

緑に囲まれた植物園で、夏の夕暮れに植物から生まれたお茶をいれる。
ただそのことだけで幸せで嬉しくて、私の中に喜びのパワーが溢れてきます。
囍茶さんのいれるお茶は美味しいね、と言っていただくたびに私はこのパワーのことを思うのです。
お茶のおいしさというのは技術的なことばかりでなく、きっとこういうパワーが
たとえば。
水出しのお茶はお茶自体は出来上がっているので、ただ注ぐだけ、なのですが、この注ぐということひとつとってもどれだけ丁寧に大切に注ぐかで全然味が変わってくると思うのです。

今回もたくさんの方がカップを返却される時に美味しかったと感想をくださいました。
これって本当に嬉しいことなのです。
そういっていただいてこちらこそありがとうございます、といつも言葉にします。
一杯のお茶を通じてありがとうがお互いに生まれるなんて、最高です。

P8212038.jpg

P8212050.jpg

P8212055.jpg

P8212049.jpg

P8212058.jpg

P8212060.jpg

P8212065.jpg

P8212072.jpg

P8212081.jpg


印象に残ったありがとうをいくつか。

まずはお茶を喜んでいただいた声。
ジャスミンローズを飲んで「頭の後ろがピンク色になる」と言って知り合いの方にたくさん勧めていただいた土佐キムチさん。ピンク色の魔法はどんどん広がっていきました。
同じ出展者で四万十川流域で自然農をされている桐島畑さんたちはなんども足を運んでいただき、いろんなお茶の話をさせていただきました。
日頃から国友農園さんの山茶を愛飲されている男性の方。水出しは初めてだったけどおいしかったのでぜひ次は自分でもやってみたいと。

うち以外は地元の出展者さんばかりで囍茶のことを知らないお客様ばかりのなかで「奈良のくるみの木の秋篠の森で出店されてましたよね」と声をかけていただいたり「奈良からなんですか。」と調べて来ていただいたりすると無性に嬉しかったり。

2年目だからこその喜びもありました。
一人の男性の方がジャスミンローズの文字を見て、去年ここで飲んだことを思い出しましたと声をかけてくださいました。今年はたまたまこの日に来たけれど、また会えてラッキーだったと。
ブルーベリー農家の出展者のザイオンバレーファームさんは今年もお茶の葉を買いに来ましたと立ち寄ってくださいましたし、同じく去年も一緒に出店されていたはなればなれ珈琲さんもすぐにお茶を飲みに来てくださいました。

そして帰ってきたら一通のメールが届いていました。
お茶を飲んでとてもいいひとときを過ごせたと。

すべてのお茶を飲んでくださった方に。
ありがとうございました。
そして今年も出店の声をかけてくださった牧野植物園さんに。
心よりお礼申し上げます。

おちびさんはお母ちゃんから離れて最初はぐずっていたけれど、遊び始めたらとても楽しく過ごしていました。
木ぎれで小さな椅子と机を作ったり、いろんな植物の絵本を読んだり。
もう終わりよと言っても、もっともっと、と。
お母ちゃんの仕事につきあってくれてありがとね。

来年もまたここに来たいなぁ。





  1. 2010/08/24(火) 23:51:49|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏の点心教室

先日囍茶の夏の点心教室を行いました。
点心の教室は前からずっと考えていたことだったのですが、なかなか開催出来ずようやく実現することが出来ました。
点心というと飲茶の点心を思い浮かべられるかもしれませんが、囍茶では自宅でのお茶教室で毎月月替わりでお出ししている季節の料理とデザートのことを点心と呼んでいます。
囍茶の点心は中国や台湾などの旅先で出会った美味しい味や定番の料理を囍茶なりにアレンジした料理です。
化学調味料や市販のスープなどは使わず、一部マクロビオティックの考えも取り入れたレシピとなっています。
私は学校などできちんと料理を学んだプロの料理人ではありませんが、だからこそおうちで簡単に挑戦していただける身体に優しい点心をみんなで一緒に楽しく作れたらいいなと思います。

今回は夏の点心ということで7月の教室の定番、手打ち麺で作る野菜のジャージャン麺と冬瓜のスープに普段のおうちご飯やデザートをプラスして組み立てました。
今回の主役は手打ち麺。パスタマシーンと手切りと2種類で作っていただきました。


夏の点心教室メニュー

手打ち麺2種(野菜のジャージャン麺、トマトと卵炒め餡)
冬瓜と干しえびの葛スープ
マクロビマンゴープリン
季節のお茶(ジャスミンローズ)


P8011880.jpg

P8071907.jpg


いろいろとハプニングなどもありましたが(?!)本当に楽しい3時間でした。
初めてのことに私も緊張気味だったのですが、お茶教室と違って一緒にで作って食べるというのはとても、とても楽しかったです。
囍茶の自宅の台所は4人も入れば一杯になってしまう築39年の家の小さな小さな台所で、今回は一日だけの設定でしたのであっと言う間に締め切りとなってしまいました。
締め切った後も何人かの方から問い合わせをいただきましたので、また日程を調整して追加の日を設定できたらと思っています。
今後もゆっくりのペースですが秋、冬と季節ごとに企画していく予定です。

最後になりましたが、参加いただきました方がた本当にありがとうございました。

P8111927.jpg
囍茶の自宅の台所。








  1. 2010/08/12(木) 15:48:20|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。