喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

着物教室 & 中国茶教室 のお知らせ

今日は「喜喜茶の店主の着物教室」でした。

中国茶を好きになってから、日本のお茶のことも知りたいと思うようになり始めた茶道。
もともと布好きだった私は着物の美しさにも目覚め、去年念願の「着付けの師範」のお免状をいただきました。

着物は難しいと思われがちですが、ちょっとこつが分かればすぐに着れるようになります。
もっと気軽に着物に親しむきっかけを!そんな思いで始まった着物教室です。

いつもの中国茶教室の部屋が着物教室に早変わり。
PB015283.jpg


着物を来たらみんなでお抹茶をいただきます。ん?これはねこたん。
PB015294.jpg


「喜喜茶の着物教室」はお抹茶付きで1回2時間¥1500です。
来年のお正月は着物で過ごしてみませんか?

☆☆お知らせ☆☆
8日(水)に中国茶教室の新クラスがスタートします!ただいま2名の方が参加希望されています。
時間は11時から約2時間半。
初級クラスとして6種類の中国茶(緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶)のうち1種類からまず始めます。
季節の簡単なお料理とデザート、おみやげのお茶付きで¥2,500です。
参加ご希望の方は6日(月)までにご連絡くださいね。
→mail@ichi-go-ichi-e.com

また現在土曜クラスも新たにスタート予定しています。こちらも合わせてご希望の方はご連絡下さい。

☆☆☆アポロさんの「食の饗宴」で中国茶教室の参加希望されていたお客様へ。(連絡先をお伺いしていませんでした‥。)ご連絡をお待ちしています!もしこちらの日程でご都合が悪いようでしたら、おっしゃってくださいね。




スポンサーサイト
  1. 2006/11/01(水) 19:41:44|
  2. 着物や布や
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:5

コメント

いいですねえ、着物にお抹茶。

結婚したら、着物着て抹茶点てて、てのが夢でお道具と着物を持ってきたのですが・・。あのなんともいえない緊張感がたまらなく好きです。先日、遊中川本店で抹茶を点てていただいて頂いて改めて思いました。
  1. 2006/11/02(木) 17:56:43 |
  2. URL |
  3. 龍造寺 靖子 #-
  4. [ 編集]

いいですよねぇ

私もあの緊張感好きです。なんかきりりと引き締まるような感覚。武道に通じるような気がします。
中国茶のゆるさとはまた違って、日本のお茶も素晴らしい。
いつか一緒にお抹茶も飲みましょうね。
  1. 2006/11/02(木) 19:58:06 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2006/11/03(金) 11:42:30 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

とんでもない時間に目が覚めて、お邪魔します。
表紙ページにちらちらと我が姿!
それにリンクページも発見。
早起きは三文の得、です。
  1. 2006/11/05(日) 05:53:19 |
  2. URL |
  3. tsugu #-
  4. [ 編集]

私も起きてましたよ!

私も起きてましたよ!
イベントとか教室とかある日はすごく早くに置きます。そして静かな中でひとり準備をするのが好きなんです。
朝日がのぼってくるのを見ると得した気分になります。
普段は「夕日が見える家に住みたい!」ってずっと言ってるんですが、この時ばかりは「朝日が見える家で良かった。」って思ったり‥。
やっぱり早起きは三文の得、ですね!
  1. 2006/11/06(月) 19:17:11 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/115-1de0a238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄茶の1日

金萱ねい茶(きんせんねいちゃ)┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓┃コンデンスミルクのような「あま~い香り」が┃はっきりとわかる不思議で美味しい”キンセンチャ”┃通常販売はコチラ。┃甘い香りの烏龍茶?!フレーバーコーヒーならぬ、フレーバー
  1. 2007/07/26(木) 02:00:15 |
  2. 中国茶がすごくよかった

黄茶がすごくよかった

唐の時代からある献上茶の産地として有名な湖南省岳陽の黄茶、北港毛尖。若葉で作られ、濃緑色で白毛があり、香り高く、深い味わいがあります。一芯二葉の新鮮な茶葉を摘み、火入れをしながら揉み、まだ茶葉が暖かいうちに籠にいれ布をかけて「悶黄」を行い、黄茶特有の香り
  1. 2007/08/12(日) 10:40:43 |
  2. 中国茶がすごくよかった

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。