喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喜喜茶 in 秋篠の森

先週末、くるみの木の秋篠の森で喜喜茶の「夏の終わりの中国茶会」をさせていただきました。(ご来店いただきましたみなさま、ありがとうございました!)

8月の終わりということで暑いかなと心配していたのですが、秋篠の森は緑に囲まれているからかひんやりとして、爽やかな風が吹いていました。

オーナーさんにご協力いただいて、雑貨のお店「月草」さんの前に茶館をセッティングさせてもらったのですが、これがまるでどこかアジアの街角のカフェのように素敵な素敵な空間になったのです。「こんなお店があったらいいな。」って私が望んでいた、その通りのお店が出来て、もう飛び上がりたいくらい嬉しかったです。

入り口です。
KICX3016.jpg


大きな木の木陰に素敵な茶館が出来ました。
KICX3018.jpg


香港や中国で見つけた雑貨も少し並べました。KICX2967.jpg


メニューです。香港で学んだ点心とデザートと、夏にふさわしいお茶をいろいろそろえました。
KICX3028.jpg


何煎でもゆっくり飲んでいただくことができるよう、それぞれのお席に煮水器(アルコールランプで急須に湯を湧かしておきます。)をご用意しました。
KICX2968.jpg


土曜と日曜の夕方4時からは簡単な中国茶教室を行いました。
KICX3053.jpg


お友達や家族と、あるいはお一人でゆっくりとお茶を楽しんでもらっている様子を見ていて、私はすごく幸せな気持ちになりました。お茶を中心としてたくさんの人に、心からくつろいでいただけるような空間をこれからも機会あるごとに作っていきたいと思っています。

これからもどうぞ喜喜茶をよろしくお願いしますね。
それから、このような機会をいただきましたくるみの木のオーナーさんを始め、いろいろ助けていただいたスタッフの方に感謝!ありがとうございました。

また詳しい写真はホームページにアップしていきますね。



スポンサーサイト
  1. 2005/08/31(水) 21:32:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

コメント

藤永さん、こんばんは。
先日は本当にありがとうございました。たまっていた夏の疲れが秋篠の森を吹く風に飛ばされていきました。そして何よりも喜喜茶さんのお茶の力で娘や友人のとっておきの笑顔を見ることができ、嬉しかったです。

いただいて帰った菓子型を使ってういろうを作ってみました。ういろうであのかたちをしていると、かわいいですね! 味はよかったのですが、少し型離れが悪かったので、完全版のレシピを公開できるようにもう一工夫してみますね。(トラックバックさせていただきました。)ういろうのような餅菓子に合うお茶もご紹介いただければ幸いです。
  1. 2005/08/31(水) 22:02:19 |
  2. URL |
  3. ナオミ #9BPdTliE
  4. [ 編集]

ういろう

ナオミさん、こんにちは☆

ういろう作ってみはったんですね!素敵!早速トライしていただいてうれしいです~。形もころんとしてかわいいですね!
食べてみたい~。
中国茶はなんとなく焙煎のしっかりしたお茶があいそうな気がします。岩茶とか水仙とか、鳳凰単そうとか。

また食日記のほうにもコメントさせていただきますね♪
  1. 2005/09/01(木) 15:33:52 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/13-89e63d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

栗入り黒糖ういろう

 喜喜茶さんのお茶会の折、店主の藤永さんが香港で買い付けてこられたという素焼きの菓子型を求めました。  豆皿として使うつもりで購入しましたが、ういろう型だとお聞きしていましたので、まずはういろうを作ってみることにました。あいにく手元に中国風の食材がなかった
  1. 2005/08/31(水) 21:53:33 |
  2. 食卓の風景

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。