喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

福岡の旅1

22日~25日、旦那の実家の福岡に帰省してきました。目的は旦那のいとこの結婚式なんですが、ちょっと旅行も兼ねて行ってきました。

木曜の夜8時に大阪からフェリーに乗って12時間、朝8時に新門司港に到着です。

中間市の実家に寄って中国茶をいれて飲んで、お昼をいただいてからぶらぶらと出かけることにしました。

今回とってもお会いしたかったのが、陶芸家の石原稔久くん。以前大阪梅田の大丸で行われた「風水土のしつらい展」で初めて見かけて、私がひとめぼれした器の作家さんです。
(喜喜茶のホームページの表紙の写真の中にも石原くんの急須に大山蓮華をさした写真を使っています。)てびねりで作ってはるんやけど、釉薬の使い方がおもしろくって、表面のざらりとして暖かい色がなんとも言えず好きなんです。
大丸でお話してたら、工房が旦那の実家からわりと近いということが分かって、ぜひ寄らなと思って行ったのでした。

工房は山の中にあって周りもそんなに民家が密集していないので、薪が使えます。最近は煙の問題とかで薪で焼けるところが減っていってる中で、貴重な工房です。
KICX3277.jpg

正面がお住まいと工房で、左にギャラリー、奥に窯があります。
KICX3280.jpg

ちょうど季節はお彼岸。彼岸花が真っ赤に咲き誇っていました。
KICX3283.jpga>


石原くんと奥さまにも中国茶を飲んでいただきました。お茶は台湾の林さんの「青心烏龍」。「おいしいなぁ。中国茶、なめてたわ。」って関心しながら飲んでくれました。石原くんは忙しいのに、お手製のリンゴケーキを用意してくれてました。おいしかった

石原くんは佐賀県で毎年行われている陶芸などの作家たちのイベントの企画をやっています。来年もしまたあるなら、喜喜茶でるかもしれません。「喜喜茶」in 佐賀。おもしろそう!最近どんどん喜喜茶の輪が広がって、嬉しいかぎりです。

ゆっくりお茶をおしゃべりを楽しんだあと、日本茶にぴったりの急須と建水にぴったりの器を買って買えることにしました。すごく楽しかったです。石原くん、奥さま、ありがとう。

これが持ち帰った急須。「イシハラくん2号」と名付けました。
KICX3389.jpg

こっちは建水。内側に光るような釉薬がかかっています。
KICX3404.jpg




「今日はお店のご主人がこつこつと集めてこられた古い器なんかを、蔵出しされてるから行ってみるといいよ。」と、石原くんがオススメと教えてくれたギャラリーに行ってみることにしました。場所は博多の中心部。驚いたんですが、博多には結構いい感じのギャラリーや古道具屋があちこちにあるんです。

ギャラリー「あまねや工芸店」
KICX3284.jpg


戦前の建物を改築されたいい感じの建物でした。
1Fは常設展示で日本全国の器やぬりものなどの工芸や民芸が並んでいます。2Fは企画展になっていました。
このご主人の器のなかで、昔の薬を煎じていたやきものの薬缶(やかん)がありました。今はアルミやステンレスのやかんが主流ですが、4、50年前までは日本全国でやきもののやかんが作られていたそうです。やはり軽さや手入れや取扱いの手軽さから、今はもうこのようなやきもののやかんは消えてしまったのです。どっしりとしたたたずまいはとても美しく、現役を過ぎたやかんは今もまだしっかりとした存在感を放っていました。

中国茶をいれる時に香りを一番に楽しむお茶はあつあつのお湯を使います。喜喜茶でも出張茶館を行うときは必ず各席に沸かしたてのお湯を置くようにしています。中国や台湾で良く売られているのは陶やセラミックで出来たやかんとアルコールランプ付きの台のセットです。ステンレスなどのやかんと比べて水がとてもまろやかのなるのです。
「このやかんでお茶を飲んだらおいしそうだな。」
そんなことを考えて、このやかんをお持ち帰りすることにしました。店のご主人も「そのような使い方をしていただくと、本当に嬉しい。」と喜んでくださいました。

これが「薬缶」。後ろにいるのは実家の「ねこ」。
KICX3399.jpg


「あまねや工芸店」の隣には「ささや」さんというギャラリーが並んでいました。
KICX3285.jpg


こちらは若い店主がご自分で選んで来た古道具たちが並んでいました。古道具なのですがどれもとても状態がとてもきれいでした。ちょっとモダンなものが揃っています。

旅行を終えておうちに帰ってきてから、「扉をあけて。小さなギャラリー」という本の中にこのお店が載っていたことを発見しました。もともとは骨董市の露店から始められて、5年越しにようやく念願のお店を去年持たれたと書いてありました。喜喜茶みたい。もうちょっとゆっくりお話してみたかったです。

ひとつのお店でいつもあまりにもゆっくり過ごす私たちは、実は時計を持っていません。はっと気づいたら「ぎゃ!こんな時間!」ということがよくあります。そしてこの日もそうなってしまいました。実家では両親と弟夫婦が私たちの帰りを待っています。博多から中間までは1時間ちょっと。「ごめんなさい~!」と車をぴゅんと飛ばして帰りました。

スポンサーサイト
  1. 2005/09/23(金) 23:49:46|
  2. お気に入りのお店
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/23-dfee0e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アルコールランプアルコールランプは、燃料用アルコール(メタノールやメタノールとエタノールの混合アルコール)を燃料としたランプ (照明器具)|ランプ。学校の化学実験の際に、フラスコ等を加熱するのに用いられる。手軽に点火・消火できるため、広く使われる。家庭におい
  1. 2007/10/03(水) 15:11:14 |
  2. こだわりの道具選び

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。