喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そりと鹿男

昨日の話。
大雪の次の日。かまくらでおちびさんと写真を撮ったあと(旦那のブログに写真公開!)教室の前の公園でそり遊び。

私、実はマイそりを持っている。
なんせ前働いてたアウトドアメーカーでそり同好会(自称?)を作ってたくらいの大のそり好き。
奈良の南にある和佐又山のスキー場(これがリフトのないいい感じののんびりスキー場)にただただそり滑りに行ったり、滋賀の比良山のスノーシュー(雪の上をさくさく歩けるかんじきみたいなもの)ハイキングにそりをかついで行って途中よさげな斜面でひたすらそりで滑り降りたり。

そりは体を寝かせたほうがスピードが出る。
顔の近くを白い雪が流れていく。
忘れかけてたわくわくする感じが思い起こされて、もうはしゃぎまくり。

P2101819.gif


これはおちびさんも一緒にやっとかなと、ひざの上に乗っけてスピードをゆっくりにしてちょっとだけ滑ってみる。

P2101826.gif


でもあんまり分かってなかったみたい。
もうちょっと大きくなった頃にまた一緒に滑ろうね。

昼からは南果さんの楽市へ。
喜喜茶も何回か出店したことのある楽市。
回を重ねるごとに大きくなってきていて、南果さんのパワーに感心してしまう。

向かっている途中、奈良公園のあたりがいつもより若い人たちでいっぱいやなぁ、「鹿男あおによし」効果で奈良ブームがやってきたんかなぁと思って車で走っていたら、飛火野(とびひの)に何やらこんもりひとだかり。
ん?!とよくよく見てみると、撮影してる!鹿男あをによし!!
見たいよ~と叫んだけど、楽市が終わっちゃう。
帰りに寄ってみようと思ってたら、もう撮影は終わっていた。
残念・・・。
しゃべる鹿、会いたかったな。

「鹿男あをによし」かなり面白く出来上がってて、毎回旦那と「あ~ここ、あれやね!」とか言いながら見るのが楽しみ。
奈良ブーム、ほんまに来るかな。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/11(月) 23:20:58|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/244-8627e12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。