喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

岩茶と喜喜茶ベビー

旦那が先日京都の岩茶房さんで買ってきてくれた岩茶「鉄羅漢」と「鳳凰水仙」をいれてみる。

岩茶は私の中では冬に飲みたいお茶。
あつあつのお湯を茶葉にざっと注いだときに立ち上がってくる香りが冬の乾燥した空気に溶け込んでいく。
ひとくち、もうひとくちと流し込んでいくごとに体のすみずみまで広がり、ぽかぽかと暖かくなっていく。

P2161920.gif


私がお茶をいれているとおちびさんは大興奮。
私の顔を目を大きく見開いてじっとみて、手の動きに合わせてきゃっきゃとはしゃいでいる。
お茶が好きなんかなぁ。さすが私の子や。

お茶請けにゴディバのチョコレート。
ちょっといたずらして真ん中にお茶のお守りの豚さんをおいてみた。
これは北京のお茶屋さんにいただいたもので、茶盤においてお茶を入れるたびにお湯をかけると商売がうまくいくというお守り。お湯をかけると鼻やほっぺたの穴からぶくぶくと泡を出す。

P2171961.gif


実はこの豚さん、おちびさんそっくり。
笑けるぐらい、そっくり。


スポンサーサイト
  1. 2008/02/17(日) 23:51:05|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2008/02/18(月) 21:34:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/246-dca9f079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。