喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おうち改装5

2008051422281510
200805142228158
200805142228156
200805142228154
200805142228152
20080514222815
20080514222813
いよいよ今日は壁の漆喰塗り。心配していた雨も朝であがり、ひと安心。8時過ぎに左官屋さん、設計士の一見さん、出口工務店さんが続々と到着。
旦那も出口さんのタオルを頭に巻いて気合いは十分!
まずは小さいところで練習をということでまずは壁にした元扉の廊下側の面から。ホイップ状に練った漆喰を左官屋さんは軽々と塗らはるけど、実際やってみると難しい!あれれと塗り直そうとしたらどんどんおかしくなってしまって、どうしようもないことに。必要なのは軽い手の動きと思い切り。こてこてやり直してたらあかんあかん!
左官屋さんの仕上げの美しさにうっとりとしてしまう。「わしはこれしかできん」と笑って話す左官屋さんは格好いい。
練習の次はいよいよ天井に。一番難しいけど漆喰が垂れてくるので一番先にしなければいけない。私はおちびさんをおんぶしているので下で応援。一見さん、出口工務店さんが頑張ってくれてあっという間に塗り終わり。旦那は顔に身体に漆喰だらけ。
壁は私も参戦。おちびさんはおんぶでご機嫌さん。昼までに一回目の塗りを終了。
昼からは気温も上がり、乾燥してきて塗りの動きもさらに早くしなければすぐに固まってしまう。左官屋さんの動きもどんどん早くなる。
最後の壁を旦那と塗って、そこにおちびさんの手形をぺたり。小さな小さな手のあと。
夕暮れに向かう柔らかな光があたると陰影が美しい。このスイス漆喰は特にきれいという。明日の朝の光がまた楽しみ楽しみ。
おうち改装にあたってたくさんの人に力をいただきました。大工さん、左官屋さん、工務店さん、、一見さん、そしてじいちゃん、ばあちゃん。
皆さんなしではとてもとてもここまで出来ませんでした。心からの感謝をこめて、ありがとうございました。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/14(水) 22:28:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/277-8f16369d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。