喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

わたしと中国

たった今NHKスペシャルでやってた「高倉健が出会った中国の人々」を見終えました。
今もまだ感動で胸があふれそうです。

内容は来年一月公開の張芸謀(チャン・イーモウ)監督(「赤いコーリャン」や「初恋の来た道」を撮った監督)の映画に主演した高倉健と中国の人々との交流を描いたもの。

監督は高倉健以外は現地の普通の人々を役者に使うことで、映画に演技では表現出来ない感情を表現しようとします。

「この映画を作ることで、本当の日中関係を築きたい。」

日本に対して批判的なイメージしか持っていなかった役者も、高倉健と日々をともに過ごし、映画を作り上げて行くことで「これからはお互いの長所を大切にし、自分の短所を反省するようにしよう。」と考えるようになります。

このドキュメンタリーを見ながら、わたしは改めて自分が喜喜茶を始めようと思い立った動機に思いをはせていました。

前に働いていた会社で海外生産の担当をし、検品のために中国や台湾を頻繁に訪れるようになり、その国で働く人々とともに仕事をしてきました。言葉も生活習慣も思想も違う人々と仕事をすることは大変な一方で、いいものが出来た時の喜びはひとしおでした。本音でぶつかって、喧嘩もしました。私的な悩みを打ち明け、ともに涙したこともありました。
会社を辞めた今でも、かけがえのない友人として交流は続いています。

中国茶に出会ったのはそんな交流の中でした。彼らとともに飲んだお茶が忘れられませんでした。中国茶には一緒に飲む人との心をつなぐ不思議な魅力があるような気がしました。

会社を辞めた時、私なりに今までお世話になった国の人たちに恩返しをしたいと考えました。「勉強した中国茶の知識を使って、中国茶の良さをもっと知ってもらえたらいいんじゃないか?」そう考えたのが始まりでした。

喜喜茶はまだまだだと思っています。もっと伝えたいことはあるのです。張芸謀監督の映画のように。今日のドキュメンタリーのように。

これから少しずつですが、自分らしく伝えていけたらと思っています。

今日はちょっとまじめな話。でも大事な話。

「高倉健が出会った中国の人々」は21日にNHKハイビジョンで再放送があります。実家にお願いしてDVDに保存する予定です。観たい方は声かけてください。

1月公開の映画も今から楽しみです。






スポンサーサイト
  1. 2005/11/19(土) 22:50:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

こんばんは! 
 わたしもNHKの同じ番組を見ていました。村をあげて客人をもてなす…ずら~と並べならたテーブル、圧倒されましたね! 
 「初恋のきた道」はわたしの一番好きな映画のひとつなんです。(DVDも買ってしまいました! ) どのシーンも印象的で…割れてしまった染付の鉢をおばあちゃんが無理をして金継ぎをお願いするところ、そしてラストシーン、泣いて泣いて泣きました。
 イーモウ監督は今ではオペラの演出まで手がけられていますが、文革で大変だったこと、NHKのドキュメンタリーを見るまで知りませんでした。わたしたちが文化をもらった偉大な国、中国のこと、喜喜茶さんに出会ってからもっと知りたいと思うようになったのですよ! ニュースレターの執筆、お忙しい中大変かと存じますが、今後も楽しみにしています!(ありがとうございました!)
  1. 2005/11/23(水) 01:31:23 |
  2. URL |
  3. Naomi #9BPdTliE
  4. [ 編集]

いい映画ですよね~

「初恋のきた道」いい映画ですよね~。あれを見ると水餃子が食べたくなるなる私です。
先日はお茶とまんじゅうのお買い上げありがとうございました。また遊びにいらして下さいね。旦那様とかりんちゃんにもよろしくお伝え下さい。
  1. 2005/12/02(金) 18:24:44 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/32-b6087108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。