喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中国カステラと「単騎、千里を走る」

今日は先週に出張茶館をさせていただいた奈良倶楽部さんのイベントに「喜喜茶特製 中国緑茶入りマーラーカオ(中国蒸しカステラ)」を配達してきました。
出張茶館の時には「ジャスミンティー」を入れていたのですが、今回は緑茶にしました。

たっぷりの卵を使って蒸し上げたカステラ。もっちりとしているのが特徴です。上にのっているのが中国緑茶「西湖龍井」。生地の中にも茶葉を刻んだのがたっぷり入っています。
KICX0191.jpg


こうやって食べる前にもう一度蒸してあつあつを食べるとさらにおいしいです。
KICX0199.jpg


配達と一緒にお届けした説明書き
KICX0200.jpg


配達のあと茶道のおけいこまでの時間に、以前日記でも紹介させてもらった映画「単騎、千里を走る」を観に行ってきました。

舞台の雲南省の映像がとてもきれいだったのと、全員地元の素人の方という役者さんたちのかもしだす人間の暖かさが美しい映画でした。
映画の中に入り込むというよりも、自分の心の中に映画がすっと入り込んでくるような、そんな映画でした。それはきっと監督や役者さんがみなとても暖かい気持ちで作られたからなんでしょうか。
国境を越える人々の心をスクリーンも超えてこちらの心に届けることができる映画って、やっぱりすごい。

ただ残念だったのは映画館の中が結構年齢層の高い(高倉健ファン?)方ばかりだったこと。これは奈良だけなのかもしれないけど‥。こういう映画をもっと日本の若い世代の人に見てもらいたいなぁ。


スポンサーサイト
  1. 2006/02/04(土) 23:52:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/45-2cf68b49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。