喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

童仙房でお茶つくり

大和茶に引き続き、京都の童仙房でも烏龍茶(青茶)づくりを行いました。

童仙房は8月末に囍茶も出店する「山の上マーケット」が行われる場所。
京都と奈良の県境、南山城村の山の中にあります。
宇治が近いとあって山城村ではお茶作りが盛ん。童仙房でも何軒かの茶農家さんがあります。

今回お茶作りをさせてもらったのは在来種のお茶。
在来種というのはもともとその自然に育って来たお茶のこと。
日本の緑茶づくりは育てやすく煎茶に適したやぶきたという品種に植え替えることで発展してきました。
均一性を求められる煎茶にとってやぶきたに少しでも在来種が混ざるとお茶の価値はぐんと落ちてしまうため、在来種はどんどん姿を消していきました。

でも在来種には生まれ育った大地の血が流れています。
だんなが例えたのはやぶきたは都会からやってきた優等生、在来種はその土地で生まれ育った野生児。
在来には在来の香りやおいしさがあるのです。

これまで大和茶で青茶づくりをやってきて、やぶきたという日本の蒸し緑茶向けに生み出された品種で青茶を作ることには限界があるなぁといつも感じていました。
お茶作りの楽しさを体験しましょう!というワークショップとは別に、自分が求めている青茶を作りたいという気持ちがずっとあって、今回在来種で作らせてもらうのをとても楽しみにしていました。

一週間前の梅雨模様とは違ってお茶作りには最高のいいお天気。
期待で胸がわくわくで前日はなかなか眠れなかったぐらい!
一緒にお茶作りに参加いただいたのは童仙房の茶農家さん始め、今回アレンジしてくださった陶芸家の清水さんご夫婦、木工家具作家さんのご夫婦、子どもと一緒のお母さんたちなどなど。


P7181764.jpg

P7181773.jpg

P7181786.jpg

P7181801.jpg

P7181810.jpg

P7181816.jpg

さて、今回どんなお茶が出来たかというと・・・何とも香りの上品ないいお茶が出来ました!
お茶を発酵させている時の香りは甘い果実の香り。
お茶を淹れている時の香りは優しい花の香り。
あぁ、お茶作りってやっぱりいいなぁ。
いつか自分の茶畑を、という思いがさらに強くなりました。

一緒に作っていただいたみなさん、本当にお疲れさまでした。
そしてお茶を分けていただいた茶農家さん、ありがとうございました。
また来年もぜひお願いいたします。

このお茶は「山の上マーケット」で氷出しにいたします。
去年大好評だった「いろいろお豆のほうじ茶氷ぜんざい」もあります。
ほうじ茶も同じ在来種で作られたほうじ茶です。
今回も清水善行さんの器でいれさせてもらいます。
童仙房で生まれ育ったお茶をぜひ楽しみにいらしてくださいね!

山の上マーケット2010
8月29日(日) 11時~17時
京都府相楽郡南山城村童仙房 旧野殿童仙房小学校にて
☆詳細はお問い合わせください
スポンサーサイト
  1. 2010/07/24(土) 23:01:24|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

おいしそう~

飲んでみたいですぅ~v-238
山の上マーケット2010に行くと飲めるんですね。
わぁ、飲みたいな。
楽しみ、楽しみ~
  1. 2010/07/25(日) 21:34:09 |
  2. URL |
  3. 茶遊サロン #-
  4. [ 編集]

ぜひとも

山の上でお会いしましょう~。
とっても気持ちのいい場所ですよ。
大きな木のしたの小学校の机と椅子のちいさな茶館でお待ちしています。
  1. 2010/07/26(月) 22:23:33 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/467-826b3e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。