喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高知への旅 1 夕暮れエコカフェ出店

高知への出張そして夏休みから帰ってきました。
去年に引き続き、牧野植物園の夕暮れエコカフェに出店。
仁淀川で川遊びやテーブル珊瑚の広がる海でお魚と遊んだり。
たくさんのおいしいもんや素敵な人との出逢い。
大好きな高知で過ごした三日間。
今回は「出張編」です。

牧野植物園の夕暮れエコカフェ。
今年は8月の第2土日、第3土日と4日間開催されました。
囍茶は第3土曜のみの一日だけの出店でした。
一年ぶりの植物園は入り口に新しくなった大きな温室が完成していた他は去年と変わることなく、牧野富太郎が愛したたくさんの植物たちで生き生きとしていました。
エコカフェが並ぶ回廊は丸く空を切り取るような屋根に囲まれて、その中心には小さなビオトープがあります。
おちびさんに「ここ、覚えてる?」と聞くと「覚えてる!久しぶり!」。
そして早速ビオトープに探検。小さな植物の世界もおちびさんにとってはわくわくするものでいっぱいです。

さて今年も用意したのは囍茶の夏の定番、水出しの中国茶。
特に牧野植物園では植物にちなんだものを選んでいます。
まずは去年も大人気だったジャスミンローズ。
ジャスミンの花の香りをつけた緑茶にハマナス(ローズ)の花をブレンドした囍茶のオリジナルのお茶。
そして東方美人。ウンカという虫の作用で生まれる花のような香りに甘い蜜のようなお茶。
もうひとつは国友農園さんの高知山茶。仁淀川の上流の山の中で育つお茶は山の気の香りにあふれたお茶。
その3つのお茶を前日から半日かけてじっくりと香りと味を引き出しました。
エコカフェとあって基本はマイカップ、マイ食器なのですが、持って来ていない人のために今年も用意したのはリユースカップ。カップは使用後はきっちりと洗浄して返却するシステムになっています。

緑に囲まれた植物園で、夏の夕暮れに植物から生まれたお茶をいれる。
ただそのことだけで幸せで嬉しくて、私の中に喜びのパワーが溢れてきます。
囍茶さんのいれるお茶は美味しいね、と言っていただくたびに私はこのパワーのことを思うのです。
お茶のおいしさというのは技術的なことばかりでなく、きっとこういうパワーが
たとえば。
水出しのお茶はお茶自体は出来上がっているので、ただ注ぐだけ、なのですが、この注ぐということひとつとってもどれだけ丁寧に大切に注ぐかで全然味が変わってくると思うのです。

今回もたくさんの方がカップを返却される時に美味しかったと感想をくださいました。
これって本当に嬉しいことなのです。
そういっていただいてこちらこそありがとうございます、といつも言葉にします。
一杯のお茶を通じてありがとうがお互いに生まれるなんて、最高です。

P8212038.jpg

P8212050.jpg

P8212055.jpg

P8212049.jpg

P8212058.jpg

P8212060.jpg

P8212065.jpg

P8212072.jpg

P8212081.jpg


印象に残ったありがとうをいくつか。

まずはお茶を喜んでいただいた声。
ジャスミンローズを飲んで「頭の後ろがピンク色になる」と言って知り合いの方にたくさん勧めていただいた土佐キムチさん。ピンク色の魔法はどんどん広がっていきました。
同じ出展者で四万十川流域で自然農をされている桐島畑さんたちはなんども足を運んでいただき、いろんなお茶の話をさせていただきました。
日頃から国友農園さんの山茶を愛飲されている男性の方。水出しは初めてだったけどおいしかったのでぜひ次は自分でもやってみたいと。

うち以外は地元の出展者さんばかりで囍茶のことを知らないお客様ばかりのなかで「奈良のくるみの木の秋篠の森で出店されてましたよね」と声をかけていただいたり「奈良からなんですか。」と調べて来ていただいたりすると無性に嬉しかったり。

2年目だからこその喜びもありました。
一人の男性の方がジャスミンローズの文字を見て、去年ここで飲んだことを思い出しましたと声をかけてくださいました。今年はたまたまこの日に来たけれど、また会えてラッキーだったと。
ブルーベリー農家の出展者のザイオンバレーファームさんは今年もお茶の葉を買いに来ましたと立ち寄ってくださいましたし、同じく去年も一緒に出店されていたはなればなれ珈琲さんもすぐにお茶を飲みに来てくださいました。

そして帰ってきたら一通のメールが届いていました。
お茶を飲んでとてもいいひとときを過ごせたと。

すべてのお茶を飲んでくださった方に。
ありがとうございました。
そして今年も出店の声をかけてくださった牧野植物園さんに。
心よりお礼申し上げます。

おちびさんはお母ちゃんから離れて最初はぐずっていたけれど、遊び始めたらとても楽しく過ごしていました。
木ぎれで小さな椅子と机を作ったり、いろんな植物の絵本を読んだり。
もう終わりよと言っても、もっともっと、と。
お母ちゃんの仕事につきあってくれてありがとね。

来年もまたここに来たいなぁ。





スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 23:51:49|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/471-cd60c554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。