喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月の虹のちいさな祭り 「いつかの茶館」

昨日は月ヶ瀬で行われた「月の虹のちいさな祭り」でした。
囍茶はゆうじゅさんと「いつかの茶館」、一日茶館をしました。

寒い一日と天気予報では聞いていたけど、茶畑と梅の木(さすが月ヶ瀬!)に囲まれたお外はぽかぽかいい天気。
のんびりとのんびりとお茶を淹れました。

PB032517.jpg

IMG_3713.jpg
(ちあきちゃん、写真ありがとう!)


ゆうじゅさんのお菓子は「コーヒーロール」と「かぼちゃケーキ」。
ゆうじゅさんのロールケーキは大好きなのですが、中でもこのコーヒーロールが最高。
かぼちゃのケーキもかぼちゃがたっぷり入ってしっとり。
こんなすてきなお菓子に合わせたお茶はふたつ。
「ムーンロック」と「東方美人」。
ムーンロックは月ヶ瀬で無農薬でお茶を作られている岩田さんの紅茶。(「ムーンロック」でととなりの人が注文するのを聞いて「ウィスキー、ロックで!」みたいに注文方法やと思ってたトオルちゃん、おかしい~)
東方美人は囍茶の定番、ケーキにばっちり合うお茶です。

お茶を淹れながらですが、今回の月の虹のちいさな祭りのことをスタッフの方にお聞きすることが出来ました。
レインボーキャンプはタイで毎年2月頃に行われていて、タイの家庭的に恵まれないこどもたちが世界中から集まったこどもたちと一緒に数日間キャンプをして過ごします。そこではそれぞれがやりたい!と思ったことをみんなで考え、協力して実現していくことができます。
まだ小さいのにいろんなことをあきらめて生きてこなければいけなかった子どもたち。
でもここではかなえることができるんだ、という希望を見つけることができます。
将来この子たちが大きくなったとき、自分で生活をして生きていく大人になったとき、この経験がきっと支えになってくれるんだと。
このレインボーキャンプを経験したタイの子たちは将来どんな形でこの時に味わった気持ちを思い出すのでしょう。

以前中国の人と仕事をしてきた私は最近の日中関係の軋轢を見て悲しい気分になったことを思い出していました。
反日運動をしているのは小さい頃に学校などで反日感情を植え付けられた世代の子だとか・・・。

将来の平和な世界は子どもたちにかかっている、のかもしれません。

世界の七つの海にかかる虹の橋のような子に育ってほしいという思いでつけた「ななみ」という名前。
その名のとおり偏見のない自由なこころで世界を見てほしい。

子育てが始まってから目の前の成長で精一杯でした。
お母ちゃんもそろそろまた世界が見たくなりました。

いつかの茶館、ござにごろんと寝転がったりしてのんびりお茶とお菓子を家族や友人と楽しまれる様子が印象的でした。
飲む人のことを思って淹れたお茶は人の心を幸せにしてくれます。
私なりにお茶で平和な世界、広げていけたらいいなと感じた一日でした。

PB032520.jpg

奇跡!おちびさんが初めてお友達とおててをつなぎました。
てとてをつないで行ったり来たり。
平和ってこういうことかなぁ。



スポンサーサイト
  1. 2010/11/03(水) 22:18:33|
  2. 喜喜茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/495-c2a859e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。