喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桜の日

先週の日曜日、�茶の親子の会でお花見とワークショップ、そして親子の支援活動を行いました。
晴れ渡った青空の下、桜は満開。
気持ちのいい一日となりました。

�茶の教室前の公園の桜。満開なり。

P4103436.jpg

ワークショップは教室の生徒さんseringoちゃんの「はんこ遊び」。
子どもたちが好きなはんこを好きなように押して自分だけのかばんを作りました。

P4103414.jpg

P4103411.jpg

P4103424.jpg

P4103448.jpg

�茶の「桜のお茶会ボックス」
桜づくしの菓子
 和菓子 博子さんのちいさな桜餅
 洋菓子 ゆうじゅさんの桜のクッキー
 中華菓子 �茶の桜の豆乳マーラーカオ
桜の花湯

P4103432.jpg


せっかく集まるこの日。
みんなで何か被災地への支援活動をしたいと企画したのが「絵本を送る」プロジェクト。
会の一人のお母さんから教えてもらった「みんな、おなじ空の下で」の活動に賛同して絵本を集めることにしました。
持って来てもらったのは「子どもたちが大切にしてきた本」から「子どもと一緒に」選んだ本たち。
新しい本ではなくて子どもたちが楽しい!と感じて何度も何度も読んでもらって笑顔になった、そんな本です。
当日参加出来なくて送ってきて下さった絵本と一緒に入っていたお手紙たちには、このようなことが書かれていました。
「最初は理解できないようだった子が、話していくうちにこれで笑顔になってもらえたらいいなぁと選んでました」
私も選ぶ時、おちびさんに地震のこと、被災地の今のことなどを話しました。
親子の会の子どもたちは2歳から5歳くらい。
小さくても理解しようとする気持ちを子どもたちはちゃんと持っているのですね。
この日集まった絵本は全部で43冊。
段ボール箱は子どもたちではんこを押して可愛く楽しくしました。
今日きちんと分類して集積地である山梨に無事発送いたしました。
被災地の子どもたちの笑顔が少しでも増えることを心から願っています。

P4103416.jpg

P4103459.jpg








スポンサーサイト
  1. 2011/04/15(金) 01:03:46|
  2. 子育て
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/515-e90345c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。