喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パウル・クレー展

今朝新聞の整理をしていたら、大阪の梅田大丸でやっている「パウル・クレー展」が明日までということに気付いて、慌てて昼から行ってきました。

パウル・クレーは大好きな画家。でもこうやってまとめて作品を見るのは初めてでした。

クレーが生まれたスイスのベルンにクレーの作品を集めた「パウル・クレー・センター」が去年の6月に誕生した記念の展覧会ということ。想像以上に充実した内容でした。

クレーは色使いがすごく好きで、昔色彩の学校に通っていた時も好きな絵を模写してきなさいという課題でクレーの絵を選んだくらい。でも今回色ももちろんだけど質感がすごく美しいなぁとあらためて思いました。

書いている台になってるものが紙だけじゃなくて、麻布だったり、荒布だったり、なにかの広告の裏みたいなのだったり。筆のタッチもすごく細かったり、すごく太かったり。絵の具がぼこぼこしてたり、透けて下の色や台が浮き上がってたり。

なんだろう。絵、じゃない。
布を見ているような。器を見ているような。

これはやっぱり本で見ているだけじゃ分からない。実物をこの眼で見て感じれて本当によかったと思います。出来ることならさわりたいくらい。

ベルンのセンターも行ってみたいなぁ。
ヨーロッパはもうひとつ行きたいところがあって、南フランスにあるアンリ・マティスが作った教会。いつか一緒にまわりたい。

P3201446.jpg


スポンサーサイト
  1. 2006/03/20(月) 21:51:20|
  2. うれしいこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/56-07840df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。