喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏の夕空

洗濯物を取りこもうとベランダに出てふと空を見上げると、流れ雲が夕日に薄く染まっていました。昼間にうるさいくらいに鳴いていたみんみん蝉に代わって、「カナカナカナ‥」とひぐらしが鳴いていました。


消えゆくような雲をじっと見ながら、夏の終わりに海に遊びに行って日が暮れる前に帰ろうかと服に着替えたあとに、楽しかった夏を懐かしむかのように見上げた夕空を思い出して一瞬、くんと胸がしめつけられました。

じっと見ていたら小さな白い飛行機が西の空に向かって飛んでいきました。

どこから来て、どこへ行くのだろう?あの小さな窓から下に広がるこの町並みを見ている人がいるかしら?

そういえば昔私の友達が沖縄から伊丹に向かう飛行機から、大阪の天神祭の花火を見たと言ってたな。

今日は彼女の誕生日。
お誕生日、おめでとう。

KICX2463.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/27(水) 19:49:00|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

この日はたしか私の誕生日・・・!
ありがとう。

あの日の花火は、空の特等席の
真上からみたのだけれど
たしかにまんまるでした。

PLの花火の特等席?は
中央線の新石切のホームの端。
ずっとずっと遠くに
ちいさなまんまるが
線香花火のようにチラチラと。
家族連れや仕事帰りのお父さんが
ペタリとしゃがんで
ほのぼのです。

今度はどんな花火に会えるかな~
  1. 2005/08/04(木) 21:33:14 |
  2. URL |
  3. yuriさん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/6-cfd11fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。