喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

丁寧に、丁寧に‥

今日はハーブレッスンの日。
テーマは「ごま」でした。

ごまは中国でも「医食同源」にはかかせないスパイス。ごましるこ、ごま団子などのデザートやごま焼き餅などの点心、芝麻醤はごまのペースト状の調味料、料理にもふんだんにごまを使います。

P4172075.jpg

右から白ごま、黒ごま、白すりごま、黒すりごま。
こんな小さな種なのに、栄養価いっぱいで油も作れてしまうなんて、ごまはほんとに優秀!

先生のレシピはいつもとてもよく研究を重ねられていて、学ぶことが多いです。
丁寧にやることを忘れないようにしようといつも思うのです。

P4172079.jpg

奈良公園のすぐ近くにあるおそば屋さんの蔵が教室。いつもお庭はきれいに手入れされていて。手水鉢に浮かぶ椿一輪。

午後から桜茶会の片付けをしていた時の出来事。
籠にいれたままの茶杯をもとの位置に戻そうと思ったら、ぼーっとしていて籠をひっくり返してしまい、たくさんの茶杯をだめにしてしまって‥。悔しいやら、悲しいやら。
「なんでもっと丁寧にやらなかったんだろう。」と後悔しながら割れた破片を集めていたら、後ろの机でねこが大好きな地球儀形の一輪さしを抱えてキックをあびせているのが眼に入り、「やめて~!!」と叫んだけれど、地球にはねこの足のつめで3本の大きな傷が‥。
ふんだりけったりの災難にいらいらとしてしまって、ねこを大声でしかってしまった。

ねこには罪はない。わかっているけど。

ねこに大きな声を上げた自分が嫌でこの気持ちのやりばがどこにもなくて、体を動かすことで気持ちを落ち着けて。

その後しかられたことも何も分かっていないように、すりすりとごはんをねだりにくるねこを見て、ごめんねと泣きたいような気分でした。

地球の傷は風が吹いているようにも見えて、これはこれでいいかなと思い直して。南の島にやってくる季節風。

いずれ遠い未来にねこがいなくなったとき、私はきっとこの傷をなつかしく思い出すんだろうな。ねこが残した、ねこがくれた、風のあと。


スポンサーサイト
  1. 2006/04/17(月) 23:55:58|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/64-8cdf3f50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。