喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三輪の市!

昨日は桜井の平等寺で開かれた三輪の市に「喜喜茶」を出店してきました。

去年豆パンやの「アポロ」さんで一緒にイベントさせていただいたお菓子の「ゆうじゅ」さんに誘っていただいての初めての参加でした。

朝の7時に家を出て、朝の澄んだ空気の中を新緑の大和の山を見ながら車を走らせ、大神神社の日本一大きな石の鳥居をくぐってたどりついたのは、小さいけれどとても感じのいいお寺でした。

P5032359.jpg

お寺の入り口。

P5032360.jpg

石畳の両側にお店が並びます。

P5032361.jpg

開店準備中。喜喜茶のイベントはいつも荷物がいっぱい。

P5032363.jpg

最初のお客様?猫がやってきてくれました。

P5032366.jpg

屋台の定番は天然酵母の「香港チャーシューまんじゅう」「香港カスタードまんじゅう」「蓮の実餡まんじゅう」。それと「台湾笹の葉ちまき」「中国緑茶マーラーカオ」「ジャスミンティーマーラーカオ」です。

P5032373.jpg

となりのブースのゆうじゅさんの後ろには聖徳太子の銅像。すごく奈良っぽい。

P5032377.jpg

朝は大きな木が木陰を作ってくれていたのですが、昼を過ぎるとお日様がさんさんと照って夏日のようになってきたのでテントを建てました。(設営に手伝っていただいたお客さま、ありがとうございました!)

P5032368.jpg

すぐ近くで友達もガラスと「さおり織り」の小物の店を出店。機を持って来てお客さまに体験してもらっている様子が楽しそうでした。

茶館ではゆうじゅさんのお茶のロールケーキと中国緑茶の新茶のセットと沖縄あまがしと花開くジャスミンの香りの細工茶のセットを出しました。
新茶はお湯を注ぐと鮮やかな萌葱色にみるみる変わって、見た目にも春を感じさせてくれます。ゆうじゅさんのロールケーキの色ともぴったり。(写真を撮ってなかったのが本当に悔やまれます‥。)
沖縄あまがしは沖縄で旧端午に食べられるお菓子。緑豆と押麦のぷちぷちの歯ごたえが楽しい冷たい豆しるこです。4月に訪れた西表島の黒砂糖でほんのり甘みをつけました。沖縄で飲まれるさんぴん茶(ジャスミンティー)にちなんでジャスミンの細工茶を合わせました。

くらくらとくるような日差しの中でしたが、今回もたくさんの人に来ていただいて本当にありがとうございました。常連のお客さまがいつも足を運んでくださることにも、そしてここでまた新しいお客さまとの出会いがあったことにも感謝しています。
手づくり市で始まった喜喜茶。お茶を通して出会いが広がること、お茶を通して人を幸せな気持ちに出来ること、その原点に立ち返った一日でした。

今月の28日にはまた奈良の高畑の南果さんの「たかばたけ楽市」に出店します。
今度はちょっと趣向を変えてちがった喜喜茶にしようと考え中です。

ぜひまたお茶を飲みにきてくださいね。

スポンサーサイト
  1. 2006/05/04(木) 22:50:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/67-f5429f99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。