喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏に向けて

今日で5月も終わり。
いよいよ梅雨の季節がやってきます。

緑の色も若々しい萌葱色からしっかりとした青みを帯びた緑色へと変化していく頃。
中国茶も緑茶から青茶へ。小さく柔らかな芽で作られた幼い雰囲気の漂うお茶から、生き生きと成長をし続ける思春期のようなお茶へと移っていきます。

来週の5日の月曜日は「くるみの木」の秋篠の森のざっか「月草」さんのおけいこ日。今回は広東省の青茶の単叢茶(一本の木で作られるお茶)です。初めて飲んだとき、あまりの香りの華やかさにびっくりしたものです。香料ではなく自然なお茶の葉でこんな華やかな香りが出るということが、今でもすごく不思議です。

単叢茶にはいろんな香りの種類がありますが、6月にふさわしく「黄枝香」=くちなしの香りの単叢茶を。
点心には広東省のお茶にふさわしく喜喜茶の定番「チャーシューまんじゅう」と「カスタードまんじゅう」を用意します。

「月草」さんのお庭の緑を眺めながら、とっておきのお茶の時間となりますように。

まだ申し込みを受け付けてます。
興味のある方はぜひご連絡くださいね。


うちのベランダの蓮も立葉が出てきました。
7月にはいろんな国の蓮を使ったお茶や料理を集めて「蓮茶会」を開きたいなと思っています。お楽しみに‥

P5312843.jpg

スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 23:43:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/73-9587ee4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。