喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ただいま~

台湾から帰ってきました!

台湾は今年は梅雨の雨がとても多く、お茶の生産量も二割ぐらい減ってしまっているとか。私たちの滞在している間も豪雨が降り続き、中南部では列車の脱線や土砂崩れ、洪水などが相次いでいました。

それでもなんとかお茶を作って。
日光萎凋が出来なかったので、香りは去年のまではいかないのですが、その分甘口のお茶が出来ました。

週末にはちょっと足を伸ばして、台中、台南と旅をしてきました。それぞれの街でいろいろおいしいもんに出会いました。喜喜茶の新メニューにも取り入れていきたいと思います。

台湾の旅はまたホームページか小さなミニブックにして紹介していきたいと思います。

P6103145.jpg

台中の茶藝館にて

さて今日は青梅を買って来たので、これから凍頂茶梅を作ります。

P6143320.jpg

24日のくるみの木さんの蚤の市で販売します。お楽しみに~
スポンサーサイト
  1. 2006/06/14(水) 19:44:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

おかえりなさいませ!

毎日 日記をチェックしては、更新されてる~*
と、台湾情報を楽しんでいました。

おかえりなさい。とても 良い時間を過ごされて
こられたのでしょうね。

梅酒も 蚤の市で 楽しみにしています。おいしそ~~。

最近 いろいろ仕事の忙しさなどで なかなか自分の時間
が持てなかったり・・・ 
先が見えなかったり と不安になったりしますが、
絵美子さんとお話したり、お茶をいただいたりと、
自分の生き方は 自分次第! だからガンバロー!
と イキイキしている絵美子さん教えられます。

また、喜喜茶での お話楽しみにしていますね。
  1. 2006/06/15(木) 09:02:33 |
  2. URL |
  3. sunny-day #-
  4. [ 編集]

ただいま~

いつもコメントありがとう!
あ~書いてくれてる!って毎回とても嬉しいのですよ。

台湾便りもうちょっと現地から送りたかったのだけど、携帯の電源が切れちゃって‥。とほほ。
でも海外でも使えるvodafoneの3Gはこういうときとっても便利だなぁと思います。

さてさて茶梅なんですが、お酒じゃなくて凍頂烏龍茶に漬けるのです。梅の酸味とお茶の苦みがよくあってとてもおいしいのですよ。台湾でよく売られている茶梅はもっと甘くて固いのが多いのだけど、喜喜茶で作るのは果肉ほろほろの柔らかい優しい味の茶梅です。ぜひ食べてみてくださいね!

あとはパイナップルケーキも再び登場です。パイナップルの餡から作ります。これも香料などは使わずにパイナップルの自然なおいしさがつまってます。

そうそう、ひでさんのウクレレライブも申し込まれたんですってね!私たちも終わってから行きます。一緒に楽しみましょうね~。

ではまたおけいこで~


  1. 2006/06/15(木) 09:51:11 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

茶梅

こんにちは。坪林でご一緒したmimosatoです。
こちらにもコメントしちゃいます!

私は台湾で「茶梅」を食べられなかったのですけど
ホントはすご~く食べてみたかったものの一つです。

思わず青梅を買ってしまったのですが
作り方がわからないし、味も実は知らないんだった~!!
イマジネーションを働かせて、
想像のみで「茶梅」を作ってみたのですけど。
本物の茶梅ってこんなのでいいのかなぁ?
これはこれでおいしいんですけど・・・

喜喜茶さんの茶梅が食べてみたいよ~!
茶梅の作り方、ご伝授くださいませ
  1. 2006/06/19(月) 21:28:15 |
  2. URL |
  3. mimosato #-
  4. [ 編集]

こんにちは!

mimosatoさん、こんにちは!

茶梅食べられなかったのですね~。残念!
実はうちの茶梅も完全なオリジナルなんです。自分が好きな味で作ってます。烏龍茶と砂糖だけで作っています。

本場の茶梅は梅干しのように水分がなくて、結構甘いです。一度干した梅と砂糖を重ねて瓶に詰めてるんじゃないかなぁ。だから青梅よりこれから出てくる梅干し用の南高梅のほうが合うかも。
私も記憶を頼りに今年は本場風の茶梅も挑戦してみようと思っています!
  1. 2006/06/20(火) 18:30:48 |
  2. URL |
  3. 喜喜茶の店主 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/77-36bccc5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。