喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月草さんのおけいこと宇陀の市

先週12日(水)はくるみの木さんの秋篠の森 ざっか「月草」さんでのおけいこでした。

出来たばかりの「硝子の小屋」を使わせてもらって。
緑あふれる森をうつす硝子のなかに座って、お茶をいただきました。
P7123858.jpg


P7123860.jpg


今月は蓮を使ったお茶。
白茶の代表「白毫銀針」に蓮の花の香りをつけたお茶を楽しみました。

点心は蓮づくしで。
蓮の葉包み中華おこわと蓮の実あんまんじゅう。

3月から始まった「月草」さんでの教室。来月はいよいよ最後の月です。
暑い季節にふさわしく氷出しのお茶を楽しみます。

16日(日)は奈良の宇陀市の龍穴神社で行われた「宇陀太鼓まつり」の市に出店してきました。

室生寺の少し南に龍穴神社はあります。龍神伝説が残る雨乞いの神社だそうです。
不安だった天気も龍神さんはまだお休みのようで、雨は降らず。でも激しい風が木々の間から吹き下ろしてきて、テントを飛ばさんばかりの勢いでした。
P7163949.jpg

神社の入り口。樹齢何十年もありそうな杉の木の向こうに龍神さんがひそんでいるのでしょうか。
P7163942.jpg

神社の向かいの駐車場に設置された「宇陀の市」。今年が初めての試みだそうです。
ほとんどのお店が地元の人でした。
P7163944.jpg

喜喜茶のお店。用意したのは中国茶の冷茶3種とチャーシューまんじゅうとマンゴープリン。
P7163959.jpg

用意したポップはすぐに風に飛ばされてしまうので張ることができなくて、机に平置き。
お客様には分かりにくかっただろうなぁ。
P7163940.jpg

本番前の太鼓の練習。森にこだまして太鼓の音がずんずんと体に響く感じはしびれる程かっこ良かった!遠いしなぁと思ってあまりイベントの告知をしてなかったのですが、こんなに太鼓が格好いいのならもっと宣伝すれば良かった‥と思いました。
P7163952.jpg

昼の12時に室生寺から獅子舞と太鼓の楽団が神社まで練り歩いてきて、いよいよ太鼓まつりスタートです。
P7163971.jpg

獅子舞楽団は市のほうにもやってきました。喜喜茶の店の前で獅子がおどけてみせてくれました。
P7163974.jpg


1時頃からそれぞれの太鼓のチームの演奏があり、最後には全チームでの合同演奏。
迫力ある太鼓の音が盛り上がってくると、龍神さんが目を覚ましたのかばらばらと大きな雨が振り出し、終わる頃にはざざ降りとなりました。

まだまだ知られていない「宇陀太鼓まつり」。
もっともっとたくさんの人に知っていただきたい。

来年はぜひ和太鼓の心響く音に触れに、奈良への旅はいかがですか?
スポンサーサイト
  1. 2006/07/18(火) 12:34:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/87-695d16ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。