喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本のお盆と蓮茶

今日はおじいちゃんのお盆のお参りに行ってきました。

おじいちゃんのお墓がある大和高田の専立寺では毎年、お経を唱えられ灯籠に火を灯します。そして地域に方たちが協力して夜店を出されるのです。KICX2788.jpg


この1年で亡くなられた方のご祈祷を行った後で、住職さんのお話があるのですが、これがすごくいいお話でした。うまく伝えられませんが、こうやって自分の親しい人の死を迎えることで、自分もいつかは死ぬ身であるということに気づくということ。そして生きるということをとても大切しようと思うことが大切だということ。インドの旅の話もおもしろかった。
私は特にこれという宗教を信仰しているわけではないけれど、大好きだったおじいちゃんをはじめ、自分のご先祖さまに手を合わせる時、なにかとても神聖な気持ちになります。一言で言うと、「感謝」かもしれません。自分が今ここにいる、ということに。
普段なにげなく過ごしていたら忘れてしまいがちなこと、こんな時ふと心に染みます。

夜店はとても日本のお盆らしいものでした。金魚すくいの券があったので、10何年ぶりに挑戦~
ぶいぶい言わしてた時(小学校の時?)は70匹ぐらいすくったこともあったので、自信満々でいたら、もうやり方をすっかり忘れていて5匹しかすくえませんでした‥。でもうちの旦那は0匹!まだましやった~なんて。KICX2784.jpg

返ってくる途中に残念ながら死んじゃったのもいたけど、今4匹うちに新しい仲間として過ごしています。

お盆と言えば、蓮。お寺から帰ってから朝に届いたベトナムの蓮茶を飲んでみました。ベトナムの緑茶に蓮のおしべを混ぜ込んで香りをつけたお茶。今までおみやげで良く売られている人工的に着香された蓮茶は飲んだことがあるのですが、伝統的な方法で手間ひまかけて作られた蓮茶は初めて。
まるで上質なミントティーのように爽やかで香りたかいおいしいお茶でした。夏にぴったり。今度の喜喜茶でも出せたらいいな。
KICX2791.jpg

KICX2793.jpg

蓮の蓋碗と茶海、茶杯で蓮の雰囲気いっぱいでいただきました
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2005/08/14(日) 21:35:38|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/9-ad8259e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。