喜喜茶の店主のひとりごと

お茶や着物のまわりのあれこれ。 日々の暮しや旅先で見つけた、あんなもの、こんなもの。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

重陽の節句

先週の土曜日9月9日は五節句のひとつ「重陽の節句」でした。

節句とは古くから陽の数字(奇数のこと)の重なる日をお祝いしたもので、1月1日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日と年に5回あります。
1月は正月、3月は桃の節句、5月は子供の日、7月は七夕‥と日本でもおなじみですが、9月9日ってあまり知られていません。

でも本来は陽の数字のいちばん大きな数字「9」が重なるので「重陽」として一番めでたいとされていたようです。

この日中国では菊の花をお酒やお茶に浮かべてお祝いをします。まだ菊の花が咲くには早いころですが、それは桃の節句と同じ。もともとは旧暦のお祝いだったのです。(今年の旧暦の9月9日は10月30日にあたります。)

偶然にこの日中国茶の教室でした。
白茶の講座だったので、白牡丹に菊花をブレンドしていただきました。
P9094753.jpg


いつも教室が終わってみなさんが帰られたあと、無事終わったとほっとしながらゆっくりとその日の点心とデザートの残りとお茶をいただきます。

点心は韓国料理のチャプチェの春餅の皮巻き。
P9094735.jpg


デザートは梨と白きくらげのシロップ煮。秋にいただく中国の薬膳デザートです。
P9094752.jpg


お茶はシンプルに菊花茶をいれました。
P9094743.jpg

P9094747.jpg


今月の教室の点心とデザートはこの組み合わせで行く予定です。
お楽しみに~

☆☆お知らせ☆☆
喜喜茶の中国茶教室、随時開講しています。
日程など詳しいことはメールでお問い合わせくださいね。

アドレス mail@ichi-go-ichi-e.com




スポンサーサイト
  1. 2006/09/11(月) 21:54:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント

HPがあることは知ってたんだけど、忙しさにかまけて訪問してなかった。なかなか、落ち着いたブログだね。さすが、お茶のお師匠さん。暇な時に寄ります。
  1. 2006/09/12(火) 16:53:04 |
  2. URL |
  3. ゆうしゃケン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kicha.blog16.fc2.com/tb.php/98-c716c803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。